OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/211242/

更年期になるとなぜ便秘がひどくなるの?/誤解もいっぱい!? 便秘Q&A①

正岡建洋さん

正岡建洋さん

慶應義塾大学医学部 内科学(消化器)専任講師。慶應義塾大学病院 消化器内科にて便秘外来を担当。専門は、消化器内科、食道、胃、十二指腸、機能性消化管障害など。日本消化器病学会専門医。過敏性腸症候群診療ガイドライン作成委員

そもそも便秘についての認識が間違っていると、思わぬトラブルを招く場合も!

ここでは、誤解していることも多い便秘のホントについてQ&Aでご紹介します。

 

 

Q 更年期になるとなぜ便秘がひどくなるの?

A 筋肉の衰え、ストレスなど、複合的な要因が考えられます。

「女性ホルモンのエストロゲンは腸の運動を抑制するので、エストロゲンが減る更年期には便秘が解消しそうですが、実際は男性も女性も加齢とともに便秘の人が増えてきます。原因としては、大腸の中にある筋肉の衰えが疑われています。加えて、女性は更年期に伴う体の変化がストレスになり、大腸を動かしている自律神経を乱します。これらが複合して、更年期の便秘の原因になっていると考えられます」

 

 

Q 便秘薬を常用すると腸が黒くなるってホント?

A 刺激性下剤を常用すると、腸が真っ黒になる「大腸メラノーシス」に。

「本当です。センナなど刺激性の下剤を長期間服用すると、腸の粘膜に色素沈着が起こり、腸が真っ黒になります。これを『大腸メラノーシス』といいます。病気ではありませんが、大腸の神経機能が鈍って次第に下剤が効かなくなることもあるので、刺激性の下剤はどうしてもつらいときだけにし、使用は短期間にとどめて」

 

 

Q 宿便って ホントにあるの?

A 医学的には定義されていませんが、下剤を飲んでも便が残る場合が。

「医学的には”宿便”という言葉はありません。ただ、大腸内視鏡検査などをする際に、下剤を服用しても腸に便が残ってしまう人はいます。便がたまりすぎていて下剤でも出きらなかったり、直腸にコロコロの便が残っていたりするのです。これはある意味、宿便といえるかもしれませんが、多くの人がイメージするように、便が腸にこびりついているわけではありません」

 

 

 

次回は、今回に続き「トイレでいきみすぎるとよくない?」「ストレスがあると便秘になる?」などの便秘Q&Aをご紹介します。

 

イラスト/ハヤシコウ 取材・原文/和田美穂

 

<前の記事

<前の記事
第2回/増加中の「便秘外来」ってどんなことをするの?/ガンコな便秘解消法②…

次の記事>

次の記事>
第4回/糖質制限で便秘になりやすいってホント?/誤解もいっぱい!? 便秘Q&A②…

この連載の最新記事

あなたはねじれ腸? 落下腸?チェック付き/便秘を解消するマッサージ①

第8回/あなたはねじれ腸? 落下腸?チェック付き/便秘を解消するマッサージ①

テニス、ゴルフ、フラダンスが便秘にいい理由は?/便秘を解消する生活習慣③

第7回/テニス、ゴルフ、フラダンスが便秘にいい理由は?/便秘を解消する生活習慣③

水溶性食物繊維や発酵食品はしっかり摂るべきだけど、摂りすぎにも問題がある!?/便秘を解消する生活習慣②

第6回/水溶性食物繊維や発酵食品はしっかり摂るべきだけど、摂りすぎにも問題がある!?/便秘を解消する生活習慣②

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル