OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/212490/

慢性的便秘のAさんの場合/便秘外来の受診後どう変化した?②

便秘に悩む読者が チャレンジ!
頑固な便秘に長年煩わされてきた読者が、慶應義塾大学病院の便秘外来を受診。問診やレントゲン撮影結果をもとに、正岡建洋先生の指導に従って本気の改善に挑戦! 約1カ月間実施したビフォー&アフターの結果を公開します。

 

 

美容師の仕事柄、便意を我慢しがちで

慢性的な便秘に(Aさん・54歳)

 

 

■悩み■

「20代の頃から排便回数は2~3日に一度が平均的。1週間出なかったり、最近は毎日出ることもあって、すごくムラがあります。出ても量は少なく、残便感はつねにあります。あまりつらいときは、酸化マグネシウム剤を 飲んでしのいでいます」(Aさん)

 

◆診断◆

「Aさんは内視鏡検査で、腸が長くてねじれていると指摘されたとのことですが、腸のねじれは確かに便秘の原因になります。レントゲン画像を見ると、画面左下のS状結腸のあたりに、硬いコロコロとした便があるようです」(正岡先生)

 

 

慶應義塾大学医学部 内科学(消化器)専任講師。慶應義塾大学病院 消化器内科にて便秘外来を担当。専門は、消化器内科、食道、胃、十二指腸、機能性消化管障害など。日本消化器病学会専門医。過敏性腸症候群診療ガイドライン作成委員

 

 

レントゲン結果を発表

画面左下にもわっとした白いものが見えますが、これがコロコロ便。

排便しても、このコロコロが出る程度でした。ガスがあるとそこが黒く見えるのですが、

浅岡さんの場合はあまり見当たらないので、腸にぎっしり便がたまっている可能性も…

 

 

今までにない快便が続いていた浅岡さんですが、再受診の3日前から調子がダウン。

レントゲンでは思ったほどの効果が見られなかったものの、

左下の白くもわっとしたコロコロ便はなくなり、黒いガスが出現。

「これは便秘改善のいい表れです」と正岡先生

 

 

 

食べた物で翌日の便の様子が

変わることを実感

 

「接客中は便意を我慢してしまうことも多く、そのせいか20 代から便秘に。通常、排便は2~3日に一度で、1週間出ないことも。以前に受けた大腸内視鏡検査では、普通の人より腸が長く、ねじれていて、これが便秘の原因だと言われました」(A

さん)

 

今回は、食べた物、薬の量、運動やマッサージなど実践したことや排便の様子を几帳面にノートに記しながら、改善プログラムに挑戦。その結果は?

 

「かつて経験したことがない快便に! 特に水溶性食物繊維をしっかりとると、次の日とても調子がよかったです。子どもと一緒に縄跳びをしたり、運動も楽しみながら実践できました」

 

 

 

【実行したこと】

●薬の服用

●水溶性食物繊維の食材の摂取

●軽い運動(歩く、縄跳びなど)

●腸タイプに合わせたマッサージ

※以前紹介したねじれ腸向けの下腹部トントンマッサージ③

 

「実践ノートを拝見すると、食事、運動ともにすばらしいです。薬も、量を上手に調整しながら使っていました ね。今後は薬を少し減らしてみて、調子が悪いときだけ飲むかたちにもっていきましょう」(正岡先生)

 

処方された「グーフィス」という新薬は胆汁酸の量を増加させ、水分分泌と大腸運動の促進のふたつの作用で自然な排便を促します。「飲みはじめはお腹が痛くなったので、便の様子をみつつ、量や回数を調整しました」と浅岡さん

 

育ち盛りの子どももいるので、日頃から食事の栄養バランスには気をつけていますが、今回は特に水溶性食物繊維のおかずを意識的にプラス。この日は肉じゃが、納豆、ブロッコリーとトマトのサラダ、ワカメの味噌汁、ご飯

 

 

 

イラスト/ハヤシコウ 取材・原文/山村浩子

 

 

<前の記事

<前の記事
第11回/便秘歴40年Kさんの場合/便秘外来の受診後どう変化した?①…

この連載の最新記事

慢性的便秘のAさんの場合/便秘外来の受診後どう変化した?②

第12回/慢性的便秘のAさんの場合/便秘外来の受診後どう変化した?②

便秘歴40年Kさんの場合/便秘外来の受診後どう変化した?①

第11回/便秘歴40年Kさんの場合/便秘外来の受診後どう変化した?①

下腹部トントン&大腸押し上げマッサージの方法は?/便秘を解消するマッサージ③

第10回/下腹部トントン&大腸押し上げマッサージの方法は?/便秘を解消するマッサージ③

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル