OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/219005/

骨が弱ると老けて見えるってホント?/どれだけ知ってる? 骨の常識(中編)

知っているようで、誤解していることも多い骨のこと。正しく知って、正しく対処! 骨の健康を守るために、今から知っておきたい「新常識」をチェック!

 

今回の話を伺った先生


中村光伸さん
Koushin Nakamura

光伸メディカルクリニック院長。整形外科医、医学博士。近年、注目の若返りホルモン「オステオカルシン」の研究を進め、骨の強化と全身の機能回復を両立する「骨たたき体操」を考案。近著に『医者が考案した骨粗しょう症を防ぐ1分間骨たたき』(アスコム)がある

 

自分でも気づかない骨折がある?

→答えはです

知らないうちに折れている…そんな骨折は背骨でよく起こります。「背骨は椎骨という小さな骨が積み重なってできていて、骨粗しょう症になると、その要となる椎体の内部がスカスカに変質してもろくなります。すると体の重みやちょっとした衝撃で簡単に押しつぶされます。これが『いつの間にか骨折』です」

 

骨が弱ると老けて見える?

→答えはです

顔のシワやたるみも、骨の老化が原因かも!? 「顔の土台となる頭蓋骨が老化すると、骨が縮みます。特に目のくぼみが広がり、下あごの骨が痩せる傾向が。すると骨にのっている皮膚や筋肉が余ってしまい、目や口のまわりにシワやたるみができるのです。骨密度が高い人ほど、皮膚にハリや弾力があるというデータもあります」

 

 

早寝早起きは骨には関係ない?

→答えは×です

朝起きて、夜寝る規則正しい生活。実は骨の健康にとても大切です。「骨の主成分カルシウムの吸収を助けるビタミンDは、食事からもとれますが、太陽光を浴びることで体内で合成されます。朝起きて昼しっかり活動することは、骨の健康維持のサポートに。また、睡眠時間が短い人は骨折率が高いという報告もあります」

 

ベジタリアン食は骨にいい食事法?

→答えは×です

野菜を積極的に食べることは、健康のためには大切です。「しかし、肉や魚、卵や乳製品などを一切食べないのは、骨を丈夫にするという観点からはおすすめできません。やはり、必須アミノ酸が含まれている動物性タンパク質は必要です。食事は、骨をつくるのに役立つ栄養素を含めて、バランスよくとることが肝心です」

 

 

イラスト/Jessie Hartland(CWC TOKYO) 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第3回/骨粗しょう症は遺伝するの?/どれだけ知ってる? 骨の常識(前編)…

次の記事>

次の記事>
第5回/【チェックリスト付き】あなたは骨粗しょう症になりやすい?/どれだけ知ってる? 骨の常識(後編)…

この連載の最新記事

骨を丈夫に保つスープ2選!「具だくさん豆乳スープ」「豚汁風スープ」

第9回/骨を丈夫に保つスープ2選!「具だくさん豆乳スープ」「豚汁風スープ」

「丈夫な骨作り」骨を作る、硬くする、弾力を保つ、それぞれの栄養素とは?

第8回/「丈夫な骨作り」骨を作る、硬くする、弾力を保つ、それぞれの栄養素とは?

骨を刺激で丈夫にする「骨コツコツ体操」足踏み&手と腕/「死ぬまで歩ける骨」づくり②

第7回/骨を刺激で丈夫にする「骨コツコツ体操」足踏み&手と腕/「死ぬまで歩ける骨」づくり②

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル