OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/229291/

舌と口まわりの筋トレ、口まわりの衰えを防止する/オペラ歌手の「肺活メソッド」2

年齢を重ねるにつれて、噛む力や飲み込む力が衰えていきます。意識的に舌を使い、大きく口をあけてアンチエイジングしましょう。

 

教えてくださるのは

田村麻子さん
Asako Tamura

ソプラノ歌手。国立音楽大学声楽科卒業、東京藝術大学大学院修士課程修了。マネス音楽院(ニューヨーク)首席卒業。国内外のコンクールにて上位入賞。日韓共催FIFAワールドカップの決勝戦前夜祭「3大テノール・コンサート」に共演。2015年には米大リーグ戦にて外国人歌手として初めてアメリカ国歌斉唱の栄誉を得る。メトロポリタン歌劇場管弦楽団、BBC交響楽団など、国内外で多くのオーケストラと共演、また世界各地の歌劇場で主演を務める。田村麻子さんのホームページはコチラ

 

※田村麻子さんの提案するさまざまな「肺活」は、OurAgeでも動画で公開中。OurAgeの連載はこちら

 

 

Step 2 舌と口まわりの筋トレ

 

年齢を重ねると、嚙む力や飲み込む力が弱まり、誤嚥(ごえん)性肺炎になるお年寄りが少なくありません。つまり、のどや舌の機能は“生きる力”とも直結しているのです。

 

日本語はあまり口や舌を動かさなくても発音できるため、加齢とともに、口まわりの筋肉が衰えやすいという弱点があります。だからこそ、意識的に舌を使うことが大切です。

 

舌を自在に使えたり、口を大きくあけられることは、アンチエイジングの大事な訓練に。

 

 

 

 

舌回しで舌の動きをアップ

 

舌を口の中で回転させ、頭の後ろが痛くなったら反対に

 

舌をグルグルと、口の中で回して鍛えます。口を閉じたまま、舌を上の前歯の左前に出して、右回りに舌先を右の頰に入れ、下の前歯の前を経由して、左の頰に舌先を触れさせて一周させます。

 

口を閉じて、舌を右回りに回していき、頭の後ろが痛くなったら、今度は反対回りに回します。また痛くなったら、反対回りに。30秒続けます

 

 

口を大きくあけてあごの柔軟性を高める

 

オペラ歌手のように大きく口をあけるのが若さの秘訣

 

口を大きくあけられるのは若さの証拠。年をとると、だんだん大きくあけられなくなります。口を大きくあけ、筋肉の柔軟性をキープしましょう。あごを下げるだけでなく、あごの奥を「コ」の字にあけるようなイメージで。

 

“あごの奥をコの字にする”イメージで口をあけ、あごまわりの筋肉を柔軟に

 

Point あご関節をコの字に!

 

ここが「コの字」に

下あごは、あご関節を軸として、骨を動かす咬筋や側頭筋、舌骨筋群などの筋肉によって開閉します。あごの奥をコの字にあけて、筋肉の柔軟さを保つのがコツ。痛みがある人は無理にあけないように

 

NG

上のイラストのように、単に下あごを下げるだけでは効果なし。

 

 

舌出しで舌まわりの筋力強化

 

舌を鍛える、あっかんべーの舌出し体操

 

舌はほぼ筋肉でできていて、自分の意識で動かせる随意筋。つまり鍛えることができるのです。舌を自在に動かせるように、思いきり突き出す運動で訓練しましょう。まず、あごの奥をコの字にして大きくあけ、さらに笑ったときのように頰骨を上げた状態で行うのがコツ。

 

あごの奥をコの字にあけ、笑っているときのように頬骨を上げます。指で頰骨を上げても可。舌を思いきり下に突き出し8秒キープ

 

次に口と頰骨の状態をそのままで、舌を真っすぐ前に突き出します。舌を持って前から引っ張られるようなイメージで、8秒キープ

 

大きく口をあけた状態で真っすぐ上を向き、上に向かって舌を突き出します。このまま8秒キープします

 

 

イラスト/かくたりかこ 取材・原文/黒部エリ

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第2回/肺活のために、顔と体の「声のツボ」をほぐす!/オペラ歌手の「肺活メソッド」1…

次の記事>

次の記事>
第4回/年齢とともに呼吸が浅くなる。肺活量を増やすエクササイズ/オペラ歌手の「肺活メソッド」3…

この連載の最新記事

のどや唇の筋肉を動かす基礎レッスン/オペラ歌手の「肺活メソッド」4

第5回/のどや唇の筋肉を動かす基礎レッスン/オペラ歌手の「肺活メソッド」4

年齢とともに呼吸が浅くなる。肺活量を増やすエクササイズ/オペラ歌手の「肺活メソッド」3

第4回/年齢とともに呼吸が浅くなる。肺活量を増やすエクササイズ/オペラ歌手の「肺活メソッド」3

舌と口まわりの筋トレ、口まわりの衰えを防止する/オペラ歌手の「肺活メソッド」2

第3回/舌と口まわりの筋トレ、口まわりの衰えを防止する/オペラ歌手の「肺活メソッド」2

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル