OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

http://ourage.jp/column/karada_genki/more/247113/

糸くずや蚊のような浮遊物が見える「飛蚊症」の原因は?/目の病気④

何もないところに虫のような黒いものが見える症状「飛蚊症」ついて、眼科医の板谷正紀先生にお話を伺いました。

 

お話を伺ったのは

板谷正紀さん 眼科医、医学博士

板谷正紀さん
Masanori Hangai

眼科医、医学博士。医療法人クラルス理事長、板谷アイクリニック銀座院長。硝子体手術と緑内障手術のエキスパート。

 

飛蚊症
浮遊物が見える症状で、多くの場合は心配無用

実際には何もないはずなのに、目の前に虫の影や糸くずのようなものが見える症状を「飛蚊症」といいます。

 

「眼球の中には、ゼリー状の物質で満たされた硝子体があります。これが加齢などで萎縮して網膜から離れると、ゼリー状部分の濁りとなり、まるで虫が飛んでいるように見えるのです。これが後部硝子体剝離です。

 

後部硝子体剝離が起きても、ほとんどの場合は問題ないのですが、一部のケースでは、網膜に裂け目や孔(あな)があくことがあります。孔だけならレーザーで治療できますが、網膜剝離が起きてしまうと緊急手術が必要です。飛蚊症の症状が急に悪化したら、すぐ眼科で眼底検査を受けてください」

飛蚊症イメージイラスト

 

 

硝子体の濁りが原因の飛蚊症

硝子体の濁りが原因

硝子体と網膜の接着部が剝がれるなどで、眼球内のゼリー状の部分に濁りが発生。これが、虫が飛んでいるように見える原因です。

 

硝子体(しょうしたい)

眼球内を満たす透明なゼリー状の物質で、眼球の形を保ち、入ってくる光を通す役割が。

 

網膜(もうまく)

眼底に広がる薄い膜で、光や色を感じ取る神経細胞が集まっています。

 

硝子体、網膜のほか、代表的な目の病気に関係する部位の説明は、あなたの症状はどれ? 40歳を過ぎたら注意すべき目の病気は?/ 目の病気①をご参照ください。

 

 

イラスト/いいあい<イメージ> コタケマイ<解剖図> 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第3回/目の現代病「VDT症候群」とは?/目の病気③…

次の記事>

次の記事>
第5回/大人の目に起こりがち「黄斑前(上)膜」とは?/目の病気⑤…

この連載の最新記事

話題の「目のスーパードック」とは? 50代読者が検査を受けてみたら

第9回/話題の「目のスーパードック」とは? 50代読者が検査を受けてみたら

放置すると失明の危険がある「緑内障」ってどんな病気?/目の病気⑧

第8回/放置すると失明の危険がある「緑内障」ってどんな病気?/目の病気⑧

「霧がかかったよう」「まぶしい」症状は白内障かも。原因と対策は?/目の病気⑦

第7回/「霧がかかったよう」「まぶしい」症状は白内障かも。原因と対策は?/目の病気⑦

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル