HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/289913/

大人の食物アレルギー、治療の基本は原因を特定して避けること/大人の食物アレルギー(後)

最近増えている、大人になって発症する食物アレルギー。医療ジャーナリスト増田美加さんが、その治療について、アレルギー専門医の福冨友馬先生に伺いました。

 

治療の基本は、原因を特定して避けること

食物アレルギーかどうかは、血液検査IgE抗体や皮膚テストで調べます。

 

「検査で食物アレルギーとわかったら、治療は、原因食物を避けること。抗ヒスタミン剤などを使うこともありますが、薬よりも食物除去が基本。

 

ただし、原因食物を絞り込めないことが少なくないのが、食物アレルギー治療の難しいところです。

 

食物アレルギーを疑って受診を考えている人は、症状が出たときに、調味料を含めたすべての食材、何時に何を食べ、どんな症状が出たか、その日の体調、起床・就寝時間、入浴時間、使用薬剤などを詳細に書いておいてください」

堀川理万子さん アップデート講座イラスト4

専門医が全国で約20人しかいないということも問題です

また、子どもの食物アレルギーの専門家は一定数いますが、大人の食物アレルギーの専門家は全国で約20人しかいないという現状があります。もしも、大人の食物アレルギー症状に困ったら、下の項目にある日本アレルギー学会のサイトにアクセスしてみてください。

 

大人の食物アレルギーに困っている人は…

大人の食物アレルギーの専門医は少ないですが、症状に困っている人は、厚生労働省・日本アレルギー学会のサイト「アレルギーポータル」で全国の医療機関やアレルギーの正しい情報を得られます。

 

ホームページはコチラから。

 

お話を伺ったのは

増田美加さん 医療ジャーナリスト

増田美加さん
Mika Masuda

1962年生まれ。女性医療ジャーナリスト。35年にわたり女性の医療、ヘルスケアを取材。自身が乳がんに罹患してからは、がん啓発活動を積極的に行う。著書に『もう我慢しない! おしもの悩み 40代からの女の選択』ほか多数

 

福冨友馬さん 国立病院機構 相模原病院 臨床研究センター アレルゲン研究室長

国立病院機構 相模原病院 臨床研究センター
アレルゲン研究室長

福冨友馬さん
Yuma Fukutomi

広島大学医学部卒業。医学博士。2006年より国立病院機構 相模原病院アレルギー科勤務。’14年より順天堂大学連携大学院客員准教授併任。日本アレルギー学会(代議員)アレルギー指導医。専門は成人食物アレルギー、アナフィラキシーの臨床、成人アレルギー疾患の疫学研究など

 

『大人の食物アレルギー』
(集英社新書)

貴重な大人のアレルギー専門医として16年診療し続けている福冨先生。その豊富な知見から得た情報は、これまでの食物アレルギーのイメージを大きく変えるものです

 

 

大人の食物アレルギー(前編)は、下のリンクから読むことができます。

 

 

イラスト/堀川理万子

 

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第21回/なぜ大人になって発症?「成人食物アレルギー」が急増しています/大人の食物アレルギー(前)…

この連載の最新記事

大人の食物アレルギー、治療の基本は原因を特定して避けること/大人の食物アレルギー(後)

第22回/大人の食物アレルギー、治療の基本は原因を特定して避けること/大人の食物アレルギー(後)

なぜ大人になって発症?「成人食物アレルギー」が急増しています/大人の食物アレルギー(前)

第21回/なぜ大人になって発症?「成人食物アレルギー」が急増しています/大人の食物アレルギー(前)

更年期世代、落ち込みスパイラルから抜け出す方法は?/心の不調(後編)

第20回/更年期世代、落ち込みスパイラルから抜け出す方法は?/心の不調(後編)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル