HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/305468/

乳がん検診は何歳から必要? 毎年受けるべき?/乳がん検診の疑問

先進国の中で唯一、乳がんの死亡率が下がらない日本。その要因は検診受診率が40%と低いことにあります。乳がん検診について、自身も乳がんを体験した女性医療ジャーナリスト・増田美加さんが解説します。

 

Q. 乳がん検診って毎年受けるべきですか? 何歳から受けはじめるのがいいの?

A. 「40歳から2年に1回」が基本。40歳未満では不利益が大きくなる

乳がん検診は、20代〜30代で受けると不利益のほうが大きくなります。「がん検診は『〇歳から〇年に1回の頻度でどの検査を受けたらいいか』の科学的根拠があり、乳がんの場合は『40歳から2年に1回のマンモグラフィ検査』です。これが、検診を受ける利益があり、不利益が最も小さくなる内容です。

 

40歳未満や短い受診間隔で受けると、不利益が大きくなります。正しい検査法を正しい年齢と受診間隔で行って、初めて利益が得られます」

 

がん検診の不利益って何?

がん検診には、利益だけでなく不利益もあります。不利益には、
①がんの見逃しがある
②命にかかわらないがんまで見つけて(過剰診断)不必要な検査や治療を行う場合がある
③検査に伴うX線検査による放射線被曝
④精密検査をする可能性があり結果が出るまで精神的・時間的・経済的負担を伴う
などです。

 

乳がん検診は毎年受ける必要はありません/イラスト

 

Q. 乳がん検診は、どこで受けられるの?

A. 自治体、企業、自費の医療機関などで受けられます

がん検診には「対策型検診」(市区町村の自治体検診)と「任意型検診」(人間ドックなど)があります。また、企業の健保組合が社員やその家族に対して行う「職域検診」もあります。対策型は、がん死亡率の減少が目的のため、有効性の確立した検診だけが推奨されます。

 

一方、任意型は医療機関が独自に提供、受ける人が任意(自己判断)で受診します。多くの検査があり、がん検診として有効性の確立していない検査が含まれる場合も。

 

Q. 乳がん以外乳房の病気も、がん検診で見つかるの?

A. 乳腺症や乳腺線維腺腫などが見つかることもあります

対策型検診では、検診結果は「異常なし」「要精密検査」などで返ってきて、良性の疾患があっても結果で通知されないことも。任意型検診で受けた場合は、マンモグラフィや超音波検査で乳がん以外の病気が見つかることも少なくありません。しこりの80~90%は良性の病気で、多いのは乳腺症、乳腺線維腺腫など。

 

 

【教えていただいた方】

戸崎光宏
戸崎光宏さん
相良病院放射線科部長
公式サイトを見る

1993年東京慈恵会医科大学卒業。ドイツ・イエナ大学留学、亀田総合病院乳腺科部長、相良病院附属ブレストセンター放射線科部長を経て、現職。2018年より昭和大学医学部放射線医学講座客員教授を兼務。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク(BCIN)理事長

 

増田美加さん
Mika Masuda
1962年生まれ。女性医療ジャーナリスト。35年にわたり女性の医療、ヘルスケアを専門に取材。自身が乳がんに罹患してからは、がん啓発活動を積極的に行っている。著書に『もう我慢しない!おしもの悩み 40代からの女の選択』(オークラ出版)など

 

 

イラスト/カツヤマケイコ 構成・原文/増田美加

 

 

この特集も読まれています!

子宮
フェムケア
水晶玉子
痩せる
ツボ・指圧
筋活

今すぐチェック!

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

PR
<前の記事

<前の記事
第3回/乳がん検診って、どんな検査をするの?/乳がん検診の疑問に応えます…

次の記事>

次の記事>
第5回/乳がん検診の費用はどのぐらい?保険はきくの?/乳がん検診の疑問…

この連載の最新記事

日本人に多いというデンスブレスト(高濃度乳房)の問題点は?/乳がん検診の疑問

第7回/日本人に多いというデンスブレスト(高濃度乳房)の問題点は?/乳がん検診の疑問

乳がん検診で要精密検査になったら、次はどんな検査を受けるの?/乳がん検診の疑問

第6回/乳がん検診で要精密検査になったら、次はどんな検査を受けるの?/乳がん検診の疑問

乳がん検診の費用はどのぐらい?保険はきくの?/乳がん検診の疑問

第5回/乳がん検診の費用はどのぐらい?保険はきくの?/乳がん検診の疑問

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル