HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/305737/

乳がん検診の費用はどのぐらい?保険はきくの?/乳がん検診の疑問

「乳がん検診」は、40歳から2年に1回受けるのがよいとされています。ではその費用はどのぐらい?

Q. 乳がん検診の費用はいくらくらいかかる? 保険はきくの?

A. 検診は健康な人が受けるため健康保険は適用されません

自治体の検診(対策型検診)で受ければ、自治体によって異なりますが、無料~¥3,000程度で受けられます。人間ドックや病院などの医療機関で行う乳がん検診は、任意型検診なので自費になります。

 

費用は医療機関によって異なりますが、マンモグラフィで¥5,000~6,000、超音波で¥4,000~5,000程度でしょう。マンモと超音波をセットにした乳がん検診を¥10,000前後で行っている施設もあります。

自治体検診(対策型検診)

【対象と場所】
市区町村住民の40歳以上が対象。自治体が指定する施設、検診車などで行われる

【費 用】
国の税金からの投入もあり、市区町村が費用の一部を補助するため無料~¥3,000程度

【検診内容】
救命効果や費用対効果が認められた検診のみ行う

 

自費の検診(任意型検診)

【対象と場所】
対象者は特定されない。医療機関、検診機関が任意に提供する医療サービス

【費 用】
自費。マンモグラフィ¥5,000~6,000、超音波¥4,000~5,000程度(施設によって異なる)

【検診内容】
医療機関が独自に提供するため、有効性の確立していない、不利益が上回る検査が含まれている場合もある

 

お話を伺ったのは

戸崎光宏
戸崎光宏さん
相良病院放射線科部長
公式サイトを見る

1993年東京慈恵会医科大学卒業。ドイツ・イエナ大学留学、亀田総合病院乳腺科部長、相良病院附属ブレストセンター放射線科部長を経て、現職。2018年より昭和大学医学部放射線医学講座客員教授を兼務。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク(BCIN)理事長

 

 

イラスト/カツヤマケイコ 構成・原文/増田美加

 

 

この特集も読まれています!

子宮
フェムケア
水晶玉子
痩せる
ツボ・指圧
筋活

今すぐチェック!

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

PR
<前の記事

<前の記事
第4回/乳がん検診は何歳から必要? 毎年受けるべき?/乳がん検診の疑問…

次の記事>

次の記事>
第6回/乳がん検診で要精密検査になったら、次はどんな検査を受けるの?/乳がん検診の疑問…

この連載の最新記事

日本人に多いというデンスブレスト(高濃度乳房)の問題点は?/乳がん検診の疑問

第7回/日本人に多いというデンスブレスト(高濃度乳房)の問題点は?/乳がん検診の疑問

乳がん検診で要精密検査になったら、次はどんな検査を受けるの?/乳がん検診の疑問

第6回/乳がん検診で要精密検査になったら、次はどんな検査を受けるの?/乳がん検診の疑問

乳がん検診の費用はどのぐらい?保険はきくの?/乳がん検診の疑問

第5回/乳がん検診の費用はどのぐらい?保険はきくの?/乳がん検診の疑問

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル