OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/102221/

春はやっぱりデトックス。タイのチェンマイにて。

樫出恒代

樫出恒代

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。漢方カウンセリングルームKaon代表。Kaon漢方アカデミー代表。新潟薬科大学薬学部卒業後、一人ひとりのこころとからだにていねいに向き合う漢方カウンセリングを提唱。連載の味わいあるイラストは、本人によるもの。
美容家吉川千明氏との共著に「内側からキレイを引き出す 美肌漢方塾」(小学館)

OurAgeインタビュー「信じていなかった漢方の力に救われて、この道を究め続ける薬剤師」はこちら

記事一覧を見る

自分の意志だけでは叶わぬことが、
ご縁とタイミングと
いうものに
めぐまれて
前にすすむことがあります

 

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーターの
樫出恒代です。

 

 

タイのチェンマイの郊外
Baan Klang Tong というリトリート
ハーバルデトックスツアーに
参加することができました!

樫出さん Baan Kang Tong

漢方デトックスツアーを
もくろんでいる私としては、
研修&視察もかねて。

 

ここは、日本人のこずえシュクアンサーさんという方がオーナー。

ご自身の子育てで化学薬品は使いたくない、できれば、自然のちからでという思いから、どんどんナチュラルなものを選び、
このリトリートも実現したのだとか。

樫出さんチェンマイ

オーナーのこずえさん(左)と指導者のオン先生

犬が5匹、もちろん
リードなんかつけないで自由に走り回ってます。
鳥や魚やヤモリもいっぱい。
ハスの花が毎日咲く、自然に囲まれた
image3
そんな環境での
デトックスツアー、
断食ツアーです。
身体の中のいらないものを出す!

 

マイナスの医学、とも言われる

漢方の考え方。
溜めること、滞ることをきらう
漢方。

 

漢方学では、春は解毒の季節。

冬の間に溜めていたものを
ようやく出す時がきました!
(冬にデトックスはしないほうがよい、
氣-エネルギーが減ります)

 

身体もこころも解毒して

春のスタートをきりたい、
そんな私にはぴったり。

 

 

 

ハーバルデトックスメニューについては、次のページで。

チェンマイのリトリートでおこなった

ハーバルデトックスメニューをご紹介
特に今回は「肝と腸のデトックス」

 

6時

朝起きたら、
○コールドプレスのココナッツオイルで
オイルプリング(うがい)
**口の中の汚れを吸着**

 

○お顔のマッドパック

(クレイと炭のパック)
**お肌の汚れ、毛穴につまった黒ずみを取る**

 

○薬草湯で足湯と手湯

樫出さん 足湯樫出さん 手湯

**足と手を温めて代謝をあげる
出しやすい身体にする**

 

○コーヒーエネマ

 

○トリートメントを受ける

・チネイザン(氣内臓 )
・カッピング
樫出さん カッピング

・タイ古式マッサージなど日替わりで。
これは、痛いけど氣もちよかったー

 

○運動

ヨガ
タイ式の体操

 

そして、

決められた時間に
ファイバードリンクや
酵素ドリンク
パイナップル・パパイヤなどのジュース
をいただいて
固形物は食べない,

樫出さん ジュース

お腹には水分しかいれない、
ファスティング。

(お腹は思ったよりすかない)
これを5日間行う。
それによって、
お腹から出てくる、出てくる
溜めていたものが。

 

5日間ものファスティングは

初めての私。

 

食べられないということは、

結構きつかったけれど、
終わったあと、
軽くなった
体重
細くなったウエストとともに
なんとも言えない
爽快感を味わうことができました。

 

 

——.ファスティングに関して—————
ご自分ひとりで行なうことは、危険です。
しっかりした指導者のもとで行うことをおすすめします。
漢方の基本的考え方の「氣・血・水」
氣の滞り、血の滞り、水の滞りを取り、
身体の中をめぐりやすくするための第一歩、
固形物を食べないことにより、
胃腸・肝臓・腎臓、内臓の休息をさせ、空っぽにし、

身体に無理がかからない、状態をつくることができます。
今回のデトックスツアーでは、ファスティングしつつ、

酵素ドリンクやファイバードリンクなどを飲み、

お通じをつけて、排泄を促し、解毒しました。
漢方学では、出せる身体作りが
大事なことと考えます。
しかし、解毒・排泄は、エネルギーがいります。

疲れやすい方は向かないかもしれないので、決して無理をしないことも大切です。
——————————————–

 

次は漢方的春のデトックスをご紹介。

引き続き、

心も身体も軽さを維持するために
自宅で、自分でやる
漢方的
春のデトックス

 

1.春は《肝》の季節だから

 

肝は解毒の役割。まずはここをちゃんと

働かせる。そのために温める。
右の肋骨の下あたり。
湯たんぽや蒸しタオルなどで。

 

 

2.ついつい食べ・ながら食べをしない

 

食べていても、すぐにお腹がすく、何か食べたい、という欲求は春に多くなるイライラや怒りのせいかもしれません。

その自分に氣づいてください。
そして、意識してゆったりした時間をもちましょう。
スマホ見ながらの食事に注意。

 

 

3.苦味のあるもの〈ふきのとう・たらの芽・セロリなど〉を摂りましょう

 

苦味の刺激は肝の働きを高めてくれます

 

 

4.しっかり、排便を

 

排便はいちばんのデトックス。便秘は大敵。

お腹を温めて「の」の字にマッサージ。
空腹の時間を(7〜8時間)もつことで、
朝の排便を促します

 

 

オススメの漢方は

 

◯どくだみ

毒を出す、からどくだみと言われるくらい、
昔から、民間薬として使われています。
利尿作用・排便作用

樫出さん どくだみ

◯クマザサエキス
私はもう20年くらい飲んでいます。
クマザサの有効成分、
クロロフィル・リグニン・多糖体が
腸と血液浄化に役立ちます。

 

春は多めに飲んでみてください。

 

 

わくわく、うきうき
出かけたくなる

 

春を満喫するために

 

身体とこころ

軽やかに〜〜。
伸びやかに〜〜。

 

 

注:漢方薬については

漢方専門の医師や漢方薬剤師

漢方アドバイザーなどにご相談・

カウンセリングの上お飲みください。

 

 

漢方カウンセリングルームKaon

Facebook

https://www.facebook.com/kampokaon

 

HP

http://kampokaon.com/

今すぐチェック!

ドモホルンリンクルに踏み切れない、みんなのもやもやポイントって?

ドモホルンリンクルに踏み切れない、みんなのもやもやポイントって?

PR
ドモホルンリンクルの愛用者に聞きたい。実際のところ、使ってみてどうなの?

ドモホルンリンクルの愛用者に聞きたい。実際のところ、使ってみてどうなの?

PR
<前の記事

<前の記事
第49回/更年期の高血圧パート2 あなたはどのタイプ?…

次の記事>

次の記事>
第51回/口が苦いと感じる時 なぜか、思うようにいかない時、肝がすわっていない時…

この連載の最新記事

いつのまにか「うつ」。舌を見て今の自分に氣づいてね

第112回/いつのまにか「うつ」。舌を見て今の自分に氣づいてね

イライラ、もやもや、春バテは首から上に。漢方養生

第111回/イライラ、もやもや、春バテは首から上に。漢方養生

不安をコントロールするちから、ツボと漢方

第110回/不安をコントロールするちから、ツボと漢方

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル