「よく明け方に足がつる」は、夏のつかれとお腹ぷよぷよ

プロフィール写真

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。
漢方カウンセリングルームKaon代表。Kaon漢方アカデミー代表。
新潟薬科大学薬学部卒業後、一人ひとりのこころとからだにていねいに向き合う漢方カウンセリングを提唱。
美容家吉川千明氏との共著に「内側からキレイを引き出す 美肌漢方塾」(小学館)

8月に入ったら、
氣温も下がり
なんだか、涼しい夏になりました

 

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーターの
樫出恒代です

 

秋の氣配さえ感じられる
このごろですね

 

みなさんは
どんな夏を、お過ごしですか?

 

 

漢方カウンセリングで

 

「あぁ、そういえばー
最近、よく明け方に足がつるんです」

 

という方、
実はこの時期に増えるんです。

 

漢方的には
夏の疲れがたまっている
だるさがとれない

 

特に〈*夏の冷え*〉がたまっている時
夏から秋への季節の変わり目に

 

出やすい症状。

 

朝方にふっと
足を伸ばした時に
「痛いー、足がつったー」
この痛みで
目覚めてしまい
睡眠も遮断されてしまう

 

また、こんな痛みがおこるのではないか、
と不安になる

 

つらいんです
痛いんです

 

「足がつる」の「つる」という現象は、筋肉が自分の意図しないところで萎縮する現象。

 

筋肉に張りがなくなっているということ。

 

原因はさまざまあるのですが、、、

 

○加齢によるもの〈筋肉が減ってくる・硬くなる動きが鈍くなる〉

 

○水分不足または、水分がたまりすぎ〈水分とミネラルの不足で水と血のめぐりが悪くなり、全身に届かなくなる〉

 

○筋肉疲労〈運動のしすぎにより筋肉の疲れ〉

 

○病氣によるもの〈脳梗塞・心筋梗塞・糖尿病など血流障害が起きやすい場合〉

 

そして、
*特に明け方の足のつりの原因は*

 

○*_冷え_**_〈冷えによる血流障害・筋肉萎縮しやすくなる〉_*

 

夏から秋に移り変わる時期は
朝晩、すとんと
氣温が下がります。
特にいちばん氣温の下がる時間が
明け方の4〜5時頃。
この時間に「足のつり」が起こりやすいのです。

 

 

 

次のページでは、足のつりを防ぐいろいろな対策をご紹介。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第60回
「よく明け方に足がつる」は、夏のつかれとお腹ぷよぷよ

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top