OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/136035/

「かかりつけ婦人科医」が必要な理由 ⑤医師の紹介で見つけることがおすすめ

閉経世代のOur Ageスタッフ&素敵女医にアンケート
「かかりつけ婦人科医」が必要な理由

 

体が変化していく時期に、頼りになるかかりつけ婦人科医。
皆さんがどんな医師とどのようなかかわり方をしているのか、詳しく聞きました。

 

 

 

編集関係者、医師に聞きました。
「私の かかりつけ婦人科医」

 

 

飛嶋佐斗子さん

50歳。フィラークリニック 恵比寿院院長。

美容外科

 

 

かかりつけ医は、

医師の紹介で 見つけることをおすすめします

 

●あなたのかかりつけ婦人科は?

某大学病院の女性腫瘍センター・婦人科の医師にお世話になっています。

 

●いつ頃からかかっていますか?

4年くらい前から、1年に2回程度の頻度でかかっています。子宮内膜増殖症だったときは1カ月に2回でした。ほかのクリニックの医師から紹介していただきました。

現在は、子宮内膜増殖症、および婦人科系の腫瘍の検診、更年期障害について相談しています。

 

●かかりつけ医に求めることは?

診断の内容をはっきり伝えてくれること。適切な診断と治療が受けられること。そして女性の身になって話を聞いてくれること、などでしょうか。

 

●定期的な検診を受けていますか?

受けていません。

 

●今後、見つけたい科の医師は?

消化器内科の医師ですね。最近お腹の痛みがあるのですが、以前、とあるクリニックで胃と大腸の内視鏡検査を受けたら、とても乱暴でつらい思いをしました。今は丁寧で上手な医師を探しているところです。

 

●その他、思うことは?

新規でかかるクリニックへは、できれば知り合いの医師の紹介で行くことをおすすめしま す。

 

 

Point!

女性の身になって話を聞いてくれる

 

 

 

次ページへ続きます!→

水野久子さん

54 歳。旭川皮フ形成外科クリニ ック院長。

皮膚科・形成外科

 

 

異変を見逃さずに

経過観察してもらえます

 

●あなたのかかりつけ婦人科医は?

「東京慈恵会医科大学附属病院ウィメンズクリニック(婦人科)」の岡本愛光先生。

 

●いつ頃からかかっていますか?

6年くらい前から、3~4カ月に一度。北里大学北里研究所病院の婦人科から紹介されました。腫瘍関係に強い先生です。

 

●かかりつけ医に求めることは?

子宮がん罹患後のフォローアップなので、きちんと異変を見逃さずに経過観察してくれること。もしものとき、次の手を打てるだけの医学的な経験値。子宮がんだけでなく、手術 後の合併症(リンパ浮腫や医原性の更年期障害)について、細かくアドバイスをくれると安心します。

 

●定期的な検診を受けていますか?

子宮がんの既往があるため、年に一度、PET-CT検査。

 

●今後、見つけたい科の医師は?

歯科。咀嚼機能が低下すると認知症につながりやすいので、そろそろ。

 

 

Point!

もしものときに、次の手を打てる経験値

 

 

岡本愛光さん

東京慈恵会医科大学附属病院
ウィメンズクリニック(婦人科)
東京都港区西新橋3-19-18
☎03-3433-1111(代表)

 

 

 

次回は、保険診療で診てくれることがポイントだという方の、かかりつけ婦人科医をご紹介します。

 

 

取材・原文/上田恵子

 

<前の記事

<前の記事
第17回/「かかりつけ婦人科医」が必要な理由 ④専門のドクターだと安心…

次の記事>

次の記事>
第19回/「かかりつけ婦人科医」が必要な理由 ⑥保険診療で診てくれる施設を探して…

この連載の最新記事

今日からできる、基本の膣トレ

第29回/今日からできる、基本の膣トレ

『ちつのトリセツ』著者直伝、基本の腟ケア②オイルパックと会陰マッサージ

第28回/『ちつのトリセツ』著者直伝、基本の腟ケア②オイルパックと会陰マッサージ

今日からできる、基本の腟ケア①オイルケア入浴

第27回/今日からできる、基本の腟ケア①オイルケア入浴

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル