五味・五色・五法の「漢方ごはん」で多忙な年末もGO!

プロフィール写真

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。
漢方カウンセリングルームKaon代表。Kaon漢方アカデミー代表。
新潟薬科大学薬学部卒業後、一人ひとりのこころとからだにていねいに向き合う漢方カウンセリングを提唱。
美容家吉川千明氏との共著に「内側からキレイを引き出す 美肌漢方塾」(小学館)

そろそろ

忘年会、クリスマスパーティー

食べる・飲む機会が増えますね。

 

 

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーターの

樫出恒代です

 

元氣な人は

年齢に関係なく

 

よく食べ

よく飲み

よくしゃべり

よく歩く

 

そんな感じがします。

そして、いつも笑っている( ◠‿◠ )

パワーあふれ

愛にあふれ、

いつまでもそんな風でありたいものです

 

 

年末年始も

よく食べ、よく飲み、たくさんおしゃべりして、今年をしあわせに締めくくりましょう

 

そこで!

何より食は大事。漢方では、

「薬食同源」という言葉があるように

食で健康を守ろう、という考え方があります。

 

たとえば

寒い時は身体を温めるものを食べる

イライラしやすい時は

氣持ちを安定させる効果のあるものを食べるなど

 

また、病氣になりにくい身体づくりや

不調が起きた時に悪化させず

すぐに回復する身体つくりのために

毎日の食を大事にする

 

しかし、忙しい毎日、

しっかりした料理などは作れない。。。

そうです、そうです、

だからこそ、漢方の食事の知恵。

 

五色と五味、そして五法を

意識してみてください

 

 

五色とは、

緑・赤・黄・白・黒

 

 

 

漢方の「五行説(ごぎょうせつ)」の

考え方に対応する五色。

 

 

緑・・・デトックスに

〈ピーマン・ニラ・ほうれん草・小松菜・春菊・ブロッコリー・そら豆など〉

 

赤・・・元氣に

〈にんじん・まぐろ・かつお・なつめ・クコの実・トマト・牛肉など〉

 

黄・・・氣分を安定

〈かぼちゃ・とうもろこし・栗・ぎんなん・柿・みかん・菊の花・はちみつ・米など〉

 

白・・・粘膜・お肌に

〈大根・かぶ・里芋・れんこん・長いも・ネギ・梨・りんご・白身魚など〉

 

黒・・・血をきれいに、むくみに

〈黒ごま・黒豆・黒酢・黒砂糖・昆布・わかめ・きくらげ・しいたけ・のり・ひじき・ごぼう・玄米など〉

 

これら五色は五臓と対応し

緑ー肝臓、赤ー心臓、黄ー胃腸

白ー肺、黒ー腎臓

 

それぞれの内臓の働きを助ける、と言われています

 

この五色を1回のお食事でとるようにすると、

目にも満足、栄養価もバランスよく

食べ過ぎないというメリットが。

 

※五味の、心やからだにもたらす効果は、次ページへ

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第86回
五味・五色・五法の「漢方ごはん」で多忙な年末もGO!


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top