横森理香の更年期チャレンジ『コーネンキなんてこわくない』京都リベンジ一人旅①迷わずにそぞろ歩きたい!

プロフィール写真

横森理香

作家・エッセイスト。1963年生まれ。多摩美術大学卒。 現代女性をリアルに描いた小説と、女性を応援するエッセイに定評があり、『40代 大人女子のためのお年頃読本』がベストセラーとなる。代表作『ぼぎちんバブル純愛物語』は文化庁の主宰する日本文学輸出プロジェクトに選出され、アメリカ、イギリス、ドイツ、アラブ諸国で翻訳出版されている。

OurAgeの更年期チャレンジ連載をまとめたエッセイ『コーネンキなんてこわくない』好評発売中! 最新刊は『大人女子力検定』。

また、「ベリーダンス健康法」の講師としても活躍。主催するコミュニティサロン「シークレットロータス」でレッスンを行う。日本大人女子協会代表。

横森理香公式ホームページwww.yokomori-rika.com.

更年期の不調から脱するため、様々なチャレンジをしてきた作家・横森理香。

閉経前後の体験を描いた『コーネンキなんてこわくない』(集英社刊)は、

“コーネンキ”を明るく乗り越えられるパワーが湧いてくる一冊だ。

さて、引き続き、チャレンジのひとつとして、昨年初めて京都一人旅を体験。

だが、無類の方向音痴である横森さん、一人旅というより迷い旅だった。

そのリベンジを果たすべく再び京都へ!!

 

今度こそじっくり京都を味わいたい♥

 

 

 

神戸に隠居した叔父の見舞いに行ったので、はたまた、京都に寄ってしまった。前回、エサレンマッサージに行くため、京都大学の近くに泊まり、なんかあんま、観光っぽくなかったなぁという思いも残っていた。

 

編集者Kには、

 

「迷うだけの旅も面白いけど、大人女子としてどうよ?!」と叱られw

 

「京都は何度行っても新しい発見があるところだから、リベンジで行って来ては? 今度は迷わないでよ」

 

と、京都市役所近くのホテルをいくつか紹介された。さらにタイマーを使った自撮りの仕方、地図の読み方まで指導され・・・。

 

「ここからは歩いてスマートコーヒーにも行けるし、錦市場もすぐだから」

 

「ラジャー!」

 

二年前、錦市場に行ったときは夜だったから、ほとんどの店は閉まっていた。その後、テレビで見ると、あれも食べてない、あそこも行ってないと、胸がきゅんきゅんする。

 

「京都らしいところで、京都らしいもの食べたいなぁ」

 

京都熱がまた、ふつふつと湧いて来た。

 

京都らしい食べ物といえば、小学生の頃、初めて京都に連れてってもらったとき食べた、引き出し弁当。ネットで検索するも出てこない。京都在住の友人ヤタニーチェにラインで相談すると、

 

「私も探したんですが、今はないみたいなんですよね。引き出し弁当じゃないんですが、これなんかどうですか?」

 

と、「手織り寿司」なるものを出すお店のリンクを送ってくれた。

 

「いま話題のお店で、予約がなかなか取れないんですよ」

 

「イイネ!」

 

町屋を改装した京都らしいお店で、ちっちゃくて可愛い「手織り寿司」を、もう二十年来の付き合いになる大人女子といただく♥ いいじゃないか!

 

 

ホテルにチェックイン、さて一人で何しよう!?

 

しかしヤタニーチェは六時まで仕事だったから、ホテルにチェックインしてから、午後を一人でどう過ごすかだった。私は自分に、

 

「京都でなにやりたい?」

 

とたずねた。なんだかこの頃いろいろで忙しく、髪の毛も伸び放題、お買い物もしていないことに気づいた。京都に向かう電車の中で、

 

「京都 町屋 ヘアサロン」で検索すると、

 

「うっそー、あるんだぁ」

 

町屋を改装した美容院が出て来た。

 

しかし、無類の方向音痴である私が、ここまでたどり着ける自信はなかった。ググっても、見方が分からないから、最寄駅からホテルまでたどり着くのに、十分以上ぐるぐるしてしまった。「駅から徒歩二分」ってなに?

 

夕飯をいただく店にも、一人ではたどり着けないと思うから、ヤチニーチェが夕方ホテルに来てくれることになっている。

 

仕方がないので、サロンに電話をかけ、行き方を教わることにした。観光客であることを告げると、

 

「電車ですと、乗り換えが面倒で、かつ、駅から離れていますので、タクシーで向かわれた方が無難かと。タクシーだと十分ぐらいですから」

 

ホテルは御池麩屋町というところにあり、大通りに出ればすぐタクシーはつかまる。タクシーに乗り込むと、えっらい年寄りの運転手さんだった。

 

「京都は一通ばかりだから、ぐるーっとまわらにゃいかんよ」

 

と言いながら、ぐるぐる回る。すぐに、見覚えのあるアーケイドが見えた。

 

「あ、あれ錦市場ですよね? 二年前、夜行ったらもうなんにも食べられなくて」

 

「そうやね、市場やから、昼行かんと」

 

うーん、テレビで見た鱧の串刺しとか食べながら、立ち飲みで一杯やりたいものだ。

 

 

町屋風ヘアサロンで肩もみ

 

いまどき、カーナビもついてない古いタクシーだったが、おじいさんドライバーは頑張って目的地まで行ってくれた。この私が、グーグルマップを見せながら協力した。

 

「東京のデパートにも入ってる有名な和菓子屋さん、仙太郎のお向かいです」

 

「あー、あそこやね」

 

なんだか、達成感があったw

 

サロンは去年オープンしたばかりのhaku。町屋を改装したお洒落な店だった。一階がギャラリーになっていて、二階が美容院。なので、ぱっと見、美容院には見えない。

 

うえ~、一人で歩いて行ったら、ぜったい見逃してる💦

町屋をお洒落にリノべした空間。1階のギャラリー、2階がサロン。●haku 京都市下京区中之町566 ☎075-585-5959

サロンは満員で、外国人のヘアカットをしていたスタイリストが、私の担当だと挨拶した。

 

「こんにちは! 本日担当させていただくショータです」

 

ショータって、ファーストネームかい?

 

 

・・・・なんと大胆に初めての美容院へ!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第29回
横森理香の更年期チャレンジ『コーネンキなんてこわくない』京都リベンジ一人旅①迷わずにそぞろ歩きたい!


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top