OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

お花見は、最高気温より最低気温

樫出恒代(かしで・ひさよ)

樫出恒代(かしで・ひさよ)

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。
漢方カウンセリングルームKaon代表。Kaon漢方アカデミー代表。
新潟薬科大学薬学部卒業後、一人ひとりのこころとからだにていねいに向き合う漢方カウンセリングを提唱。
美容家吉川千明氏との共著に「内側からキレイを引き出す 美肌漢方塾」(小学館)

記事一覧を見る

「日本にうまれて本当にありがたく
感じるんです」

 

30年来の慢性頭痛だった方。
漢方で克服して、
定年後の今、水彩画で日本各地の風景を描いているNさんの言葉。
しみじみと涙ながらに話してくれた。
頭痛がなくなり、自由に動ける
よろこび。

 

月に1回の新潟での漢方カウンセリングで。

 

確かに四季がある日本が私も好きです。
特に新潟出身の私にとって
深い雪景色から
すこんと抜けたような
青空の春は本当に待ち遠しいもの。

 

春、といえばやはり桜ですね。

 

幹から咲く桜の花。
どうしても咲きたい、
早く春を届けたい、そんな桜の氣もちが
伝わるよう。

 

樫出さん 桜

 

力強さを感じます。

 

桜を見て楽しむお花見は
日本の春の風物詩。

 

そこで、お花見に行く時、
氣をつけてほしいこと。

 

天気予報で
最高気温を見てあたたか〜いと思って
薄着をして行く方が多い。
でも、
最高気温より最低気温を見てください。
かなり低い日もあります。
まだまだ地面は暖かくなっていません。
最高気温と最低気温の差が5度以上ある日は注意です。また、前日の最高気温と
今日の最高気温も5度以上の差があれば、自律神経のバランスが崩れやすく、

冷えやすくなります。

 

油断すると、風邪をひき、
鼻炎も悪化し、疲れも取れません。
また、むくみやすくなります。
冷えは万病のもと、なんです。
この春先の冷えは長引きやすい。

 

特に、寒がりの暑がり。のぼせやすい、
冷えやすい。
暖房も冷房も好きな方。要するに
寒暖差に弱い方、は特に氣をつけてください。

 

冬のコートはまだ片付けないで、
夜のお花見には着ていってくださいな。

 

そして、この時期
少しでも体を動かす努力と
お風呂でしっかり温まること、で
対策を。

 

自分を守るのは自分です。

 

冷え対策は
更年期障害の予防の第一歩。
そして季節を楽しむことは
こころの栄養。

 

ぜひ、お花見いきましょう!
暖かくしてね。

 

 

 

漢方カウンセリングルームKaon
http://kampokaon.com/

 

<前の記事

<前の記事
第5回/春のイライラ Part2 さぁ、ここを触ってストレスチェック…

次の記事>

次の記事>
第7回/氣候不安定な今年の春 更年期は前向きに?…

この連載の最新記事

 〈一度すわると立てない症候群〉   漢方でなんとかしよう

第99回/ 〈一度すわると立てない症候群〉   漢方でなんとかしよう

足がほてって眠れない~漢方的対策

第98回/足がほてって眠れない~漢方的対策

漢方的~氣をめぐらせる方法

第97回/漢方的~氣をめぐらせる方法

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル