OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/95465/

漢方に恋をして

樫出恒代

樫出恒代

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。漢方カウンセリングルームKaon代表。Kaon漢方アカデミー代表。新潟薬科大学薬学部卒業後、一人ひとりのこころとからだにていねいに向き合う漢方カウンセリングを提唱。連載の味わいあるイラストは、本人によるもの。
美容家吉川千明氏との共著に「内側からキレイを引き出す 美肌漢方塾」(小学館)

OurAgeインタビュー「信じていなかった漢方の力に救われて、この道を究め続ける薬剤師」はこちら

記事一覧を見る

樫出さん つらら

写真は新潟の実家です。

 

今年もゆるゆると

漢方カウンセリング
漢方アカデミーなど
漢方ライフスタートして
おります。

 

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーターの

樫出恒代です。

 

 

先日の新年会でのこと。
「嫌いな食べ物はないけど
漢方薬の味だけは好きじゃない」
と、おっしゃる50代の男性の方。

 

隣の女性も

「私も、漢方は飲めないんですよ」と。

 

漢方はブームといわれ、

お医者さんでも漢方薬を処方されることが多く、ドラッグストアでも氣軽に買えるようになった漢方薬

 

それでもまだまだ、

味がきらい、苦手、という方も多く

 

すぐには、効かないよね、というイメージで敬遠する方も多い

 

漢方は3Kだ!

 

くさい

効かない
高価

 

というイメージまだまだあるかも。

 

実は私もそうでしたから

 

こんな葉っぱや根っこが

効くわけないじゃん、
じっくりと長〜く飲むのは面倒、
まずいからのめない

 

漢方との初対面は

最悪、大嫌い、でした。

 

だから、外資系の製薬会社や

調剤の仕事をしていました。
わかりやすい西洋医学の薬、
それが今時の医療と。

 

でも、恋する、ところまでいかなかった。

 

ところがある時、病気がきっかけで…

ある時、自分自身の月経痛がひどく

子宮内膜症と診断され、ホルモン剤を
投薬された、けれど
完全には治らない

 

限界を感じたときに

もう一度
漢方に出会う

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

〈桂枝・茯苓・桃仁・芍薬・牡丹皮〉

樫出さん 薬草

これで治った !

顎のところにたくさんあったニキビも治った
生理前の胸の張りも軽くなった
まずいと感じなかった
だから続けられた

 

やるじゃん!漢方!

 

漢方ってもしかしら

すごいかも

 

もっと知りたい

もっと、もっと、と。

 

 

漢方って

身体だけでなく、こころだけでなく
わたしをまるごとみてくれる

 

けっして、わたしを否定しない

 

バランスを大事にしてくれる

 

優しくて、そして強い

 

そんな漢方に
恋をした ❤️❤️

 

いまだに
片思いかもしれません

 

だからこそ、
もっともっと漢方を
知りたい

 

最近
つくづく思うのは、、、

冷えと頭痛を治すために

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょう)
という漢方薬をお出ししたら、
落ち込みやすい性格まで治ってきたと
言ってくださった方がいました

樫出さん 漢方薬

 

漢方って
本当に不思議

 

深〜い海の底をのぞくように
まだまだ
興味はつきません

 

漢方は苦くて、難しいものではなく、
あくまで、魅力的なもの。
もっとたくさんの方に
その魅力が伝わるといいな、という
想いで
今年もわくわく
漢方と生きていきます。

 

 

注:漢方薬については

漢方専門の医師や漢方薬剤師

漢方アドバイザーなどにご相談・

カウンセリングの上お飲みください。

 

 

漢方カウンセリングルームKaon

Facebook

https://www.facebook.com/kampokaon

 

HP

http://kampokaon.com/

今すぐチェック!

ドモホルンリンクルに踏み切れない、みんなのもやもやポイントって?

ドモホルンリンクルに踏み切れない、みんなのもやもやポイントって?

PR
ドモホルンリンクルの愛用者に聞きたい。実際のところ、使ってみてどうなの?

ドモホルンリンクルの愛用者に聞きたい。実際のところ、使ってみてどうなの?

PR
<前の記事

<前の記事
第45回/「えっなに?」二度聞きが増えたら腰痛に注意!…

次の記事>

次の記事>
第47回/寝るときもんもん? 起きるともんもん…

この連載の最新記事

いつのまにか「うつ」。舌を見て今の自分に氣づいてね

第112回/いつのまにか「うつ」。舌を見て今の自分に氣づいてね

イライラ、もやもや、春バテは首から上に。漢方養生

第111回/イライラ、もやもや、春バテは首から上に。漢方養生

不安をコントロールするちから、ツボと漢方

第110回/不安をコントロールするちから、ツボと漢方

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル