HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/hot-flash/281276/

更年期、自律神経が乱れるわけと「ホットフラッシュ」のケア

吉川千明

吉川千明

1959年生まれ

美容家、オーガニックスペシャリスト

自然や植物の力に着目し、オーガニックコスメをはじめ、スパ、漢方、食にいたるまで、ナチュラルで美しいライフスタイルを提案

オーガニックビューティの第一人者として知られる

 

OurAgeインタビュー「美容の世界をあらゆる角度から学び、最高の知識で女性を救いたい」はこちら

記事一覧を見る

こんにちは吉川千明です。お元気ですか?
今日は、ホットフラッシュの原因とセルフケアについて書きたいと思います。

 

ホットフラッシュは女性ホルモンの急降下による自律神経の乱れによって起こります。
突然、顔が火をふいたように火照ったり、床にぼたぼたと大粒の汗が落ちたり‥‥
人前で突然起こり、しかも自分で止めることができない、

更年期の代表的な不調一つです。

 

吉川連載ホットフラッシュ写真1.対馬先生と吉川さんJPG
写真は、産婦人科医の対馬ルリ子先生と。金曜日の特別外来の診療室で。

 

 

 

そもそもですが、ホットフラッシュはなぜ起こる?
自律神経の乱れによって起こります。

暑くなったら血管を弛緩し、汗を出して体温を下げる。

寒くなったらその逆で、血管を収縮し、汗の出を抑えて体温を保ちます。

私達が意識しなくても、上手に体温の調整をしてくれているのが自律神経です。

交感神経と副交感神経がスイッチしながら

サーモスタットのように働くのですが、更年期のこの時期、

自律神経というサーモスタットが壊れることでホットフラッシュが起こります。

 


ホットフラッシュだけでなく、

こんなことも自律神経のせいでした

ホットフラッシュは表に見える、わかりやすい自律神経失調状態と言えますが、

自律神経は、発汗と体温調整だけでなく、私達の血管、血圧、

心拍、胃腸の動き、免疫にも関係しています。

血流が悪くなれば肩が凝りますし、腰も頭も痛くなります。

心臓がドキドキしますし、便秘をしたり下痢をしたり、

暑くなるだけでなく、冷えが酷くなったり、手足のむくみも気になります。

これらも自律神経の乱れが関係しています。

それと忘れてはいけない、不眠も自律神経が関わっていたのです。

 

 

自律神経の乱れの原因は?

女性ホルモンの乱れによる脳のパニックを一緒に受けることで起こります。
女性ホルモンのコントロールタワーも自律神経のコントロールタワーも

脳の中にあります。それも同じ場所。

間脳の視床下部というところにあります。

卵巣機能の低下に伴い女性ホルモンの分泌が低下すると、

相対するように脳からの催促、刺激はどんどん上がります。

狂ったように上がります。その影響を自律神経ももろに受けることになります。
自律神経の揺れはしばらく続きます。

しかし、ご安心を。いつか自然におさまります。
女性ホルモンの分泌が減るほどに、

激化していた脳からの指令もいつか落ちついてきます。
脳の卵巣への執拗な催促もいつかは終わります。

催促もしなくなると言ったらよいのでしょうか。

それに私たち自身も、不調の対応に体が慣れてきます。

自律神経の乱れもホットフラッシュもいつかは終わりますのでご安心を。

 

それでもこの嵐、

真っ向から受ける必要はありません

治療や養生で少しでもこの時期を楽にお過ごしください。
ダイレクトにアプローチするなら「ホルモン補充療法」や「低用量ピル」。
元々はホルモンの激減が原因ですから、女性ホルモンを補充することは、

ダイレクトで効果的なよい方法と言えます。

閉経前でしたら低用量ピルが使えます。
血流をよくし、リラックスさせるなど、症状を和らげるのに

漢方もとても良いと思います。両方を一緒に使ってもいいですし。

これは、産婦人科のかかりつけのドクターと相談なさって進めてください。

安定剤を使うこともあります。

更年期を全方位で治療してくださると思います。

自律神経と聞いて思い出すイソフラボンのサプリメント、

エクオールはすっかり有名になりました。

亜麻種子から摂ったアマリグナンなども良いと思います。

ビタミンEや米糠に含まれるガンマオリザノールは、

自律神経と言ったらすぐに思い出す成分です。


ホットフラッシュを楽にする養生法

質の高い睡眠を。晴れていたら必ずお日様を浴びましょう。

朝日だったらなおベスト!

疲労やストレスを溜めない。こまめに休みましょう。

意識して運動しましょう。

「運動で体が温まったら汗がでる。」を体に覚えさせましょう。

体が暑くても冷たいものを取り過ぎない。

腸内環境を常に意識して。腸は第二の脳です。

深い呼吸で、心拍を落ち着かせる訓練を。

 


さあ、ここからは、ホットフラッシュにいいアイテムを

お勧めしていきたいと思います。

吉川連載ホットフラッシュ写真アルジタルのすみれのクリーム
写真は、イタリアのオーガニック、アルジタルのすみれのクリームです。
スミレ、カモミール、カレンドラ、西洋ノコギリソウが使われています。

リズムを整えてくれるので、焦燥感や喪失感をもちがちなこの時期に

持っていて欲しい万能クリームです。

胸元にたっぷり塗ってお使いください。

気分を明るく落ち着かせてくれるメリッサの香りも使われています。

 

リバイタライジング ヴァイオレットクリーム(アルジタル

 

 


ホットフラッシュには、リラックスすること、気分を緩めることが大事です。
私が最近注目しているのは、クラリセージという植物の香りです。

リラックスさせる働きに優れ、きりきりした気分を緩めてくれます。

ディフューザーで拡散してお使いください。

吉川連載ホットフラッシュ写真3クラリセージの精油ファラファとニールズヤード
左 クラリセージの精油(ファファラ

右 クラリセージの精油(ニールズヤードレメディーズ

 

 


最後に、外出先でのホットフラッシュ後のお直しに最適な2品を出しました。
吉川連載ホットフラッシュ写真4吉川氏愛用外出先コスメ

オールインワンのフロルのクリームと、ジェーンアイルデールのBBです。

私がいつも使っているものです。
フロルは、これ1本で化粧水から下地までを兼ねています。

保湿力は抜群で汗後の肌に最適です。

このBBも元々汗に強く、下地も粉もいらない便利ものです。

顔を濡れたハンカチで軽く押さえたら、クリーム、BBとお使いください。

 

左 オールパーパスモイスチャーライジングクリーム(フロル

右 グロータイム フルカバレッジ ミネラルBBクリーム(ジェーンアイルデール

 

 

更年期、色々なことが起こりますが、

とにかく、気楽に!適当に!休み休み参りましょう。
今回もありがとうございました。

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第85回/更年期の目元「これだけはしない!3つのこと」…

次の記事>

次の記事>
第87回/50代は子宮体がんの「頻発年齢」―更年期に罹りやすい「がん」があるとは!…

この連載の最新記事

彼と彼女の更年期。一緒にできる「7つの習慣」

第88回/彼と彼女の更年期。一緒にできる「7つの習慣」

50代は子宮体がんの「頻発年齢」―更年期に罹りやすい「がん」があるとは!

第87回/50代は子宮体がんの「頻発年齢」―更年期に罹りやすい「がん」があるとは!

更年期、自律神経が乱れるわけと「ホットフラッシュ」のケア

第86回/更年期、自律神経が乱れるわけと「ホットフラッシュ」のケア

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル