OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/221229/

林真理子先生のルンルンパワーをまるごといただきに山梨へ!! 【前編 久々の旅に興奮】 毎日が開運な編集者の日常⑰

かーや

かーや

占いと温泉ならおまかせ。「温泉マイスター」取得。『水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦』シリーズを担当し、水晶先生に「水晶温泉玉子」と命名される。
体調に合わせて、効く泉質とPH、プラス吉方位の温泉へ。都内の銭湯にも詳しい。趣味はダンス&空中ヨガ。

記事一覧を見る

かーやです。自粛期間から粛々と取り組んでいました、「水晶玉子のオリエンタル占星術 幸運を呼ぶ365日メッセージつき 開運暦2021』がやっと発売になり、ほっとする間もなく、

OurAgeの「ご機嫌な口もと」連載も大好評な歯科医師、石井さとこ先生の『マスクしたまま30秒!! マスク老け撃退顔トレ』の11月20日発売に向けて、ガシガシと入稿などしていましたら、

すっかり爽やかな秋~。そして、はっと気づいたら、世の中はGO TOキャンペーン一色になっていた・・・!!

そう!  そうよ、私もどこかへ行かなくちゃ!! とはいえ、急に思い立ったので日帰りで。

 

「運気がダウンしているときは、強運の人と一緒にいよう」というのはゲッターズ飯田さんが、以前、この開運暦の対談で言っていたこと。

「疲れている時には、元気な人のパワーをいただこう」、これは今の私の気持ち。

 

私が知る限り、

強運&元気なパワーのある人と言えば!?

作家・林真理子先生しかいない!!

 

著書はすでに二百数十冊、直木賞選考委員をつとめ、今年春からは日本文藝協会の理事長。

先日は、菊池寛受賞!! そして「週刊文春」のエッセイの連載回数がついにギネス世界記録に認定!!

そのほか、以前レポートした「エンジン01」での文化活動や、3・11震災孤児文化・スポーツ支援活動・・・etc.

そして美やファッション、食へのこだわりも半端ない!!

全方位に活動を続ける林先生のパワーは本当に凄い・・・。

 

ということで、行ってきました!! 山梨県甲府市へ。山梨県立文学館「まるごと林真理子展」へ!!

まるごとですよ、まるごと!!

とってもありがたい感じが名前からしますし、直筆イラストとセリフがちりばめられてチラシもめちゃ可愛い♡

 

思い立ったら、吉日。天気もいいし、コレに行こうっ。

ということで日曜朝の新宿駅9:30発のあずさに乗って。

混んでいるのかとおもいきや、車両に私以外は1人という、ソーシャルディスタンスぶり。密ではなく安心。

曇っていたのに、山梨に入ったあたりから晴れ。気持ちも爽やかな一人電車旅。

甲府に近づくと、ブドウ畑が。桃の木も・・・・。

あ、ちなみになぜ山梨で林真理子展かというと、林先生の故郷だからです。

ラグビーが強い出身校である日川高校の話や、編集者と年に一回行く桃の花見バスツアーや、山梨のワインの話は、ananや週刊文春のエッセイなどでよく出てきますよね。

現在では山梨ワイン副知事でもあるのです。(ワイン副知事ってカワイイかんじ)

 

この土地から生まれた作品も多く・・・。

その名も『葡萄が目にしみる』や『葡萄物語』、本屋さんを営んでいたお母様をモデルに書いた『本を読む女』など・・・。

林先生はこの景色の中で育ったのかあ。桃の花が満開な春には盆地ごとピンクに染まる桃源郷に。

作家の作品と故郷との関係ってあるな。海育ちの人と山育ち、盆地の人、街の人はそれぞれ違う視点で生きているものなあ・・・

などと、車窓からの風景を見ながら、ぼんやりと考えてみる。

 

 

笛吹川を越え、自然いっぱいの風景を楽しんでいると、甲府駅に到着。

改札を出てすぐの通路で販売されているマスカットや、土産店の信玄餅を横目にしつつ、

いざ、山梨文学館へ!!

路線バスで向かいます。

乗り場に向かう途中、ふと視線を感じて、見上げたら・・・!!

じゃーーーん!! 武田信玄公であらせられました。

「本日は、わたくし、山梨出身、林真理子先生の展示を見に参りました。どうぞよろしくお願いいたします」 とご挨拶。

旅先では土地を守っている方にしっかりご挨拶しておかないと。

 

さて、バスで10分ほど、着きました!! 山梨県立文学館!! 入口にはどどーーーーーん!!

巨大なパノラマ看板が!!  全体を入れたいのに私のiphoneではとりきれない・・・。

ワクワクも巨大になってきましたぞ。

そして、門を入りますと・・・ 広大なこの文学館や美術館もある敷地に・・・

なんと、ウェルカム林真理子ボードが!!   おそるべし、いきなり、私の気持ちを見透かされたような、このコピー!!

「日本でいちばんすごいパワー吸い込みます ハイ」

 

さらに進むと、文学館だけでなく、美術館もある広大な県民の森的な場所のあちこちに

林真理子ボードが!!!

こんなキュートなのや、

チアーア~ップ!! なのや、

こんな時代ものも。

あっちこっちに点在してボードがあったので、キャッキャ言って、ボードに駆け寄っては自撮りしていたら、

 

なかなか文学館にたどり着けなかった・・・。(一人で行くと自撮りになるのでしかたないのですが、ちょっとヤバめな人に思われたりしていたかも・・・)

もうこれを発見して写真撮影するだけでも大満足!! な可愛いボードたち。

林先生は小説やエッセイだけではなく、さらさらっと描くイラストも凄い。

きっとこのあたりの秘密も中にあるはず!?

 

さて、入口に到着。さっそく中に入ってみましょうっ!!

 

・・・というわけで、次号に続く・・・・(急遽、連載となりました)

今すぐチェック!

【薬用歯みがきプレゼント】歯のエネメル質を大切にすべき理由とは?

【薬用歯みがきプレゼント】歯のエネメル質を大切にすべき理由とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第175回/50代、コロナ禍の2020春夏をウエストゴムパンツ4本で乗り切った。…

次の記事>

次の記事>
第177回/林真理子先生のルンルンパワーをまるごといただきに山梨へ!! 【後編 原点がココに!!】 毎日が開運な編集者の日常⑱…

この連載の最新記事

King Gnuのライブに行けたっ!

第191回/King Gnuのライブに行けたっ!

美と健康のために歌おう。カラオケアプリが楽しいぞ。

第190回/美と健康のために歌おう。カラオケアプリが楽しいぞ。

マスク生活で凝り固まった「咬筋」をぐりぐり!ヤーマン「フェイス・リフト・ジム」で悶絶&爽快体験

第189回/マスク生活で凝り固まった「咬筋」をぐりぐり!ヤーマン「フェイス・リフト・ジム」で悶絶&爽快体験

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル