OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/237173/

話題だけど一見普通な「羽根木・代田エリア」の美味しい味わい方

オチャリーナ

オチャリーナ

お茶好き、カフェ好きで、お茶のんで仲間とおしゃべりするのが至福。
コリ症、冷え性なので、鍼とかお灸で癒しています。
仕事で出会う専門家やセンパイ女性たちの美と健康の実践に刺激を受けつつ、つい「明日からやろう」とナマケがち(汗) 一番最近の担当は、翻訳の絵本『子どもを守る言葉「同意」って何?』(レイチェル・ブライアン著)

記事一覧を見る

「エトセトラブックス BOOKSHOP」も開店。話題だけど小さな町、「羽根木・新代田」の入り口は、キラリと光る小さなカフェ「RR」

 

前回、フェミニズムの本のお店「エトセトラブックス BOOKSHOP」が、「注目のエリア、羽根木・代田あたりにオープンした」と書きました。

するとその記事を読んでくれた友人から次々と「エトセトラブックス行きたいわ〜!」という声が届いています。その前に美味しいドーナツ屋さんとしてご紹介した、近くの「羽根木の森」エリアにある「dear DONUTS」にも、ぜひ訪ねたいと、多くの反応が来ています。

 

「ぜひぜひ!」と嬉しく思いましたが、ふと、心配になりました。

最寄りの駅は京王井の頭線の新代田。「話題のエリア」と書いたけど、その界隈をよく知ってる私としては、フラッと来てくれた人に「この町の良さがちゃんと伝わるかしら?」と思ってしまうほど、見た目は一見「なんともなく見えそう」な感じなんです、この辺り。

 

なので、お友だちのみなさん含め、こちらにいらっしゃる方に簡単に、このエリアのポイントをお知らせします。

 

 

改札を出たところ。環七なので、けっこうな量の車が走っています。「エトセトラブックス BOOKSHOP」は左手、羽根木の森は右手です

 

 

駅前には環状7号線の大きな通り。むしろ「殺風景」と映るかもしれません。

ただ、実はもうここに、イチオシのお店が写っています。目の前に!

 

線路にかかる陸橋の傍らにあるお店は、一階はスタンドのみ。二階は10席ほどのコンパクトさ

 

駅を出て正面左手のこの小さなお店、「RR-coffee tea beer books-」。

実は、「エトセトラブックス」を目指して、または最近チラチラと聞くこの地名を耳にして、このエリアに来た友だちにはぜひお勧めしたい一軒です。

 

何気ないお店なのに、ドリンクにもフードにもセンスが感じられるのがこの地域ならでは

 

一見小さなコーヒースタンド。でもここは、小さいけど、選び抜いたスペシャリティコーヒーをはじめ、飲み物や食べ物のセンスが良くて、何を頼んでもとても美味しいお店。

 

まずワタシはここのラテが大好き。

隣の駅は下北沢で、大きめの繁華街もありますが、ホントに美味しいラテが飲めるお店って意外と少ないんですよね。でも、新代田駅前にはそんなにお店がたくさんなくても、ちゃんとある。

それがこの辺「らしさ」です。

 

そもそもは、お店の前の歩道を北に向かってほんの50歩くらいの場所で、ライブハウス「FEVER」を先に開いた西村さんご夫妻が、海外ツアーによく出かけるバンドマンから聞いた「いいライブハウスの近くには美味しいコーヒー屋さんがある」という言葉に共感して、同じ新代田の駅前でカフェを開いたのだそうです。東京中の焙煎所をめぐってオリジナルの豆を焙煎してもらうところから始めたというから、美味しいはずですね。

 

 

 

1階はスタンドのみ。2階には10席ほどあって座れます。飲み物のスリーブには、オリジナルのショップTシャツにもなっているラブラドール犬のモチーフがかわいい

 

私はいつもラテなのですが、夏に一緒に立ち寄った家族が頼んだ季節ものの「ミントコーヒー(アイス)」も、味見させてもらったら、それもまた驚きの美味しさ!でした。これも、試作を重ねて作ったのだそう。

 

 

 

さて、お腹を空かせてこの駅にたどり着いた方には、絶賛おすすめなのが「3回はビックリ」する、「ホットサンド」。

こんな小さなホットサンドなのに、毎回「おお!」と感動してしまいます。

 

一見普通のホットサンドですが…。意外な展開がこの中に! どうしてこんなにたくさん挟めてるのか、いつも不思議に思います。写真はRRホットサンド。きのこのホットサンドもあります

 

まず、手に持つとズッシリ重くてビックリ。「おおー」と思って食べると、クリーミーなソースとともにチーズやベーコンがぎっしり詰まっています。

 

うまうま、と食べていると「おや?」と思いがけずスパイシーな香りと味わいがチラッと出てきてまたビックリ。モロッコ料理のタジンのような、意外なエスニックフレイバーのアクセントがまた美味しくて。しかも「チラッと」なので、飽きさせません。

 

そんなことを考えながら食べていると、突然に「ジュワッ」と、熱くて美味しい塊に出会ってまたビックリ! 酸味があって甘くてとろける美味しさは、よくおなじみの赤くて丸い、トマト! 絶妙なトロけ具合の卵とも相まって、「うー、うまい!」しばしひたってしまうほどです。

(食べるたびごとに、出てくる順番やタイミングは違います)

 

クリーミーだったりスパイシーだったりジューシーだったり。驚いているうちにお腹いっぱいに(笑)。

 

 

側面それぞれに、端から見えるものが違っています。ここに見えているのは卵とベーコン、かな? 中身たっぷりなぶん、作るのには少し時間がかかりますのであしからず

 

 

スイーツも自家製。中でも繊細な味のアイスクリームが美味しい♪

 

午後のお茶なら美味しい自家製アイスクリームも見逃せません。季節限定のもの含め6種類くらいありますが、いずれもハーブやフルーツの香りを生かした繊細な味。2種類を選べるのですが、いつも、めっちゃ迷います。この日は写真の2つにしましたが、他にも気に入っているのは定番の「レモンカードマスカルポーネ」や、「ミルクジンジャー」などなど。どれもこれも美味!

 

見た目もラブリーなピンク色のスクープは、季節限定の「いちご杏仁」、下にチラリと見えるのは「カモミール風味のミルクアイスクリーム」。甘さがほどよく、ふんわりとした優しい香りが舌に広がる、幸せな味わい

 

 

窓の向こうは駅。車の音や振動も少しありますが、なんとなく「旅情」っぽく感じたりも

 

 

片隅にはこんな本棚も。「本が好きだから」と、BOOKSHOPの開店も喜んでいた彩さん、ここにも何気なく興味深い本が揃っています。一階には本やグッズを販売するコーナーも。コロナ以前は二階でアート系の展示やイベントが行われていました。現在は姉妹店FEVER /Pootleで写真展などを開催

 

 

並びには姉妹店。奥に進むと、羽根木の森、羽根木公園へと、お散歩も楽しい地域

 

ひとつのお店の話に終始してしまいましたが、このオリジナルな感じ、カジュアルな中にセンスの感じられる雰囲気こそが、一見まとまりのないこの地域の空気を体現しているんじゃないかな、と思った次第。

「RR」の美味しいレシピはご夫婦の妻、彩さん担当とのこと。すぐ近くで夫の仁志さんが営むライブハウス「FEVER」に併設して昨年オープンしたフライドチキン屋さん「POOTLE(プートル)」も、彩さんが開発したオリジナルレシピ。カリサクッとしたスパイシーな衣、ハニーマスタードやパクチーミント、チョコレート、などの選べるソースも美味しくて、これまた人気。

 

IMG_2009.jpeg

カラリ&ジューシーな食感と、ほどよく漂うエスニック風味が病みつきに。ライブハウスのお客さんでなくても誰でも入れて、店内飲食&テイクアウト可能

 

同店では緊急事態宣言になった1月中旬から、20時〜23時をテイクアウト専門で営業していますが、平日は近隣の飲食店のテイクアウト食品が集まる「新代田おいしいもの広場」として営業。帰りが遅くなった日の強い味方に。webストアでは、テイクアウトの予約の他に、「RR」で使用しているオリジナル焙煎のコーヒー豆なども販売中。ライブハウスにゆかりのあるアーティストのTシャツをオンライン販売する、「メイドイン新代田」も手がけるなど意欲的です。

 

「RR」から出てスグ右手の角を曲がり、線路を見下ろす小道を歩けば「エトセトラブックス BOOKSHOP」まで20秒くらい。さらに先にある、線路にかかった橋を右方向に渡った先を左へ、最初の角を右へ、と曲がると、5分くらいで以前ご紹介したドーナツ屋さん「dear Donuts」などのある、「羽根木の森エリア」に到着します。ぜひグルっと一帯のお散歩をお楽しみください♪

「RR」を出てすぐ右の角から見た路地。左手奥の赤いひさしの建物に、「エトセトラブックス BOOKSHOP」が。その右奥に、橋が見えていますが、その右手奥は羽根木の森エリア

 

橋を渡らずに、左の方へ行くと、梅が見事な羽根木公園もあります。3月初旬までは梅がきれいです。入り組んだ住宅街なので、詳しくは地図を見ながらお訪ねくださいね!

 

2月半ばの様子、梅は6分咲きくらいかな。まだまだ楽しめます! 去年に続き今年も恒例の「梅まつり」は中止。でも、梅の華やかさと香りには、心癒されます

 

界隈には素敵なお店がまだまだありますので、そのご紹介は、またの機会にぜひ!

 

 

RR    東京都世田谷区代田4-10-20 

 営業時間:平日 11〜16時半、土、日 11〜18時 定休日 火・水

 

Pootle 東京都世田谷区羽根木1-1-14 新代田ビル1F ライブハウスFEVER内 

              (冒頭の駅前の写真右手に見えるスイミングスクールの看板のビル地下一階)

 営業時間:平日 16〜23時  土、日 12〜22時

*営業時間短縮要請などにより、営業時間が変更になる場合があります。

 現在(2/17)は店内飲食20:00まで、それ以降は「新代田おいしいもの広場」としてテイクアウト営業

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第219回/脳が活性化!! 温泉マイスター検定の次に挑む可愛すぎる検定とは!? 毎日が開運な編集者の日常㉓…

次の記事>

次の記事>
第221回/「ASUS(エイスース)」の大きめディスプレイで在宅勤務がさらにラクになった件…

この連載の最新記事

55歳、「夕方になると文字が見えない…」の原因は“隠れ遠視”だった!?

第251回/55歳、「夕方になると文字が見えない…」の原因は“隠れ遠視”だった!?

50代のデリケートゾーン悩みにこたえる、心強い本が登場!

第250回/50代のデリケートゾーン悩みにこたえる、心強い本が登場!

睡眠カウンセリング受けてみた!! トイレに何度も起きるのは体内時計の狂い!?  毎日が開運な編集者の日常㉖

第249回/睡眠カウンセリング受けてみた!! トイレに何度も起きるのは体内時計の狂い!?  毎日が開運な編集者の日常㉖

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル