HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/237881/

腸活でハマったお漬物、おしゃれツール「ピクルストーン」で新たな漬物ラビリンスへ!

くみくみ

くみくみ

美味しい食と酒を求めて、世界中どこでも旅するのが趣味。リゾート、ホテル、島、温泉、スパ、ホリスティックプログラムも大好き。OurAgeにて「エナジーチャージ美とりっぷ」を時々連載中。OurAgeの姉妹メディア、MyAgeでは医師への取材が多く、40代以上の素敵女医100名近くを抱えており、ウエルネス旅企画も手掛ける。

記事一覧を見る

ステイホームで始めたことの一つが、お漬物。

仕事柄、いちいち売ってるお漬物の裏を見ちゃうのですが、添加物のあまり入ってないものを探すのに疲れたこともあり。

おばあちゃんの代から100年続いた糠床から分けてもらったパワフルな糠は、かさが減って水っぽくなってくると、お米やさんで有機無農薬のよきお米の糠をもらったりして、育ててきました。

そんなある日、友人のFacebookに上がってきたのが、何やらスタイリッシュな瓶!

 

 

「わ! 試したい!!」

 

早速聞いて、取り寄せたのが、これです!

 

その名も『Picklestone』

漬物石、ですね。漬物容器なのですが、なんておしゃれなんでしょう!!

シンプルなソーダガラスの瓶に天然ヒノキの当て木、重石は庵治石、蓋は竹にパッキンがついています。

 

サイズはこの3種類。

右 115  直径  65mm×高さ185mm

中 220  直径100mm×高さ215mm

左 150    直径100mm×高さ135mm

 

説明書には、1レシピずつ書いてあるので、きゅうりとか大根とかセロリのお漬物とか、しょうがの甘酢漬けや柴漬けのレシピ通りに、1種類で漬けてももちろんいいのですが、見た途端、もういろいろ重層的に漬けてみたくなったのでした。

しかも、ちょうど初めての場所をランで通ったら、なんと! カフェに美味しそうな野菜が並んでいたのです!! これは買わねば!

 

 

気づけば、12種の野菜を買っていました。

まあ今週分の野菜と思えばいい感じ! それより、どうやって漬けようか?

もちろん説明書のレシピは見ています。でも。

普段からレシピは参考に、自分アレンジでどこぞのレストランで食べたもののイメージを取り入れて、テキトーに作る派なので、今回もそんなかんじでわざと同時にいろいろ漬けて、漬かり方に差が出たら、その食感を楽しむことにしてみました。

ベースは、塩、昆布2~3㎝角、鷹の爪ひとつまみが基本。

 

 

 

これは、真ん中だけ、ちょっと食材のあまりも足して入れたのですが、作り始めから、4時間半くらい。右が一番水が出て、最初、重しの石が瓶からはみ出していたのに、ふたが締まるように。

 

右の瓶は、下から、きゅうり、大根、なす、紅心大根。

ちょっとトロリと仕上げたかったので、昆布はがごめ昆布の千切りに。鷹の爪は半分に割って、種を取っただけを乗せて。

出てきた水分も昆布のとろみをまとって、お出汁として使えそうです!

 

真ん中の瓶は、紫キャベツ、カリフローレ、オレンジのパプリカ、ちりめんキャベツ。こちらは塩は葉物に軽くするだけで、小松こんぶ(塩昆布)で塩気もまかない、鷹の爪は輪切りのものを。

 

左の瓶は、もはや漬物ではなく、ピクルス。下から、紅心大根、かぶ、黄パプリカ、トマト。

漬物石を使わず、ピクルス液を入れるだけ。トマトを漬けたかったので、石なしで。ゆで卵やウインナーなんかを漬けても。

ほんとはセロリを漬けたかったけど、いっぱいになったので、これは今度に。食べて減ったら入れます!

 

で、もちろん炊き立てご飯に合わせてもいいのですが、今回は、前菜に野菜としてアレンジ。

 

 

いろんな野菜のお漬物を重ねて、その上にカルパッチョよろしく、真鯛とマグロを。その上に塩気が抜けてやわらかくなった小松こんぶ、あしらいにちりめんキャベツとオレンジパプリカと茄子のお漬物。ちょっとワサビを添えたら、食べるごとに食感と塩気の違う、野菜とお刺身の前菜に。

最近、お漬物を刻んで、サラダの塩気に使ったりするのですが、これも浅漬けだと、野菜サラダ感覚で、野菜を10種も食べたらかなりな満足感になります。それぞれ漬かったときの塩気と食感が違うのが、なんとも楽しい! 浅漬けだと、それほど塩も入らず軽やか!

毎日ちょこっと漬けるだけで、生野菜があっという間に発酵食になって、食べやすく腸にもよりよくなるし、何よりおしゃれで保存しやすいので、便利です!! 『Picklestone』 良かったら是非!

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第223回/『ぼけますから、よろしくお願いします。』の父・良則さん、100歳になりました!…

次の記事>

次の記事>
第225回/ストレスフリーのUVケアはKANEBO「フレッシュ デイ クリーム」一択の件…

この連載の最新記事

モフモフが大好きな人に『幸せホルモン』が増える季節がやってきた!?

第430回/モフモフが大好きな人に『幸せホルモン』が増える季節がやってきた!?

生きるのが楽になる「同意」と出会うには、まずこの動画!「酔っ払ったら何をされても仕方ない」みたいなナゾ理屈も「一発却下!」で最高すぎです

第429回/生きるのが楽になる「同意」と出会うには、まずこの動画!「酔っ払ったら何をされても仕方ない」みたいなナゾ理屈も「一発却下!」で最高すぎです

なんと!!幸せを呼ぶ占い師・水晶玉子が飛び出す本、ついに発売!!毎日が開運な編集者の日常㊻

第428回/なんと!!幸せを呼ぶ占い師・水晶玉子が飛び出す本、ついに発売!!毎日が開運な編集者の日常㊻

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル