OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/interview/279108/

西島秀俊 インタビュー「父親としての苦悩やダイエット、役作りまで」

第94回アカデミー賞、濱口竜介監督の映画『ドライブ・マイ・カー』が国際長編映画賞を受賞。おめでとうございます! 2018年11月にOurAgeで公開した西島秀俊さんのインタビューでは、役作りや体作りについてたっぷり話していただいています。

アクションから時代劇、ときにユーモラスな芝居まで、自由自在。

映画にドラマに、近年ますます存在感を増している西島秀俊さん。

誰もが認める演技派であり、役作りに熱心な彼にインタビュー。

 

INDEX

  1. ・役を演じる上での覚悟について
  2. ・西島秀俊さんの体重増減法など、自己管理について

 

西島秀俊さん西島秀俊さん
Profile
にしじまひでとし●1971年3月29日、東京都生まれ。1993年のドラマ『あすなろ白書』で注目を集める。『ニンゲン合格』(99年)、『Dolls(ドールズ)』(02年)、『劇場版MOZU』(15)など多数の映画に出演。2018年の秋は『散り椿』、『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』、そしてこの『人魚の眠る家』と、出演作が目白押し。主演映画『空母いぶき』は2019年公開。

子を持つ父親として、この役には覚悟が必要でした

愛する子どもが事故に遭い、回復の見込みもなく、脳死状態になったら・・・・。

話題作『人魚の眠る家』で、西島秀俊さんは苦悩する父親を演じている。篠原涼子さん演じる母・薫子が無条件に献身的な愛情を娘に注ぐその一方で、西島さん演じる父・和昌は当初、何もできずに、とまどっているようにも見える。

 

「父親の愛と母親の愛は、どこか違うのでしょうね。僕の演じる和昌は、社会から家族を守るということに意識が向いている。社会性が捨てきれないんです。でも、途中からこの作品はすごい展開になっていて、誰も予想がつかない方向に転がり出します。

クランクインする前は僕も、この父親はクールで理性的で、でも家族の一大事に直面して愛情を取り戻す、そんな物語なのかと思っていたのですが、全然違いました。篠原涼子さんの熱演に引っ張られた、というのもありますし、自分がイメージしていた演技では間に合わない。もっと自分の内側の、奥の方を掘り起こすような、自分で自分の中に飛びこむような、そんな熱量を持たないと演じきれない役でした」

和昌はIT機器メーカーの2代目社長。最先端の科学技術が身近にある。娘の生命維持のためにできることはないのか? そう考えた和昌は・・・・・。

西島秀俊さん

「家族の誰かが病気になって、という話だけではないんです。家族の話はこの映画の前半戦にすぎなくて、後半はあくまでもミステリー。予想外の展開を経て、深い感動に至る。見たこともないエンタテイメントだと思います。怒濤の展開と、その先に見つける真実、というところを、見て欲しいですね」

 

今まで幅広くいろいろな役を演じてきた西島さんだけど、こんなにがっぷりと父親役に取り組む彼を見たのは、初めてのような気がする。

実生活では2014年に結婚し、現在ふたりの男の子の父親。もちろん俳優にとって実生活と演技は別物なのだけど。

 

「台本を読んでいるだけで、泣けてきて仕方ありませんでした。この物語で家族が直面するのは想像もしたくないような、非常に厳しい現実です。

僕自身、ふたりの子どもの父親ですから、参加することに覚悟がいりましたし、ワンシーン撮り終えるたびに、考えました。人の命は、魂は、どこにあるのか。何をもって人は”生きている”と言えるのか。

演じるにあたっては、自分がふつうに、人として生きてきたことが役に反映されて、演技としてなにかしら厚みが生まれたのだとしたら、それはすごく、うれしいことですね」

 

撮影中、こんな場面もあった。

「篠原さんが夫に向かって、『あなたは泥にまみれない!』って怒るところがあるんです。そのときは僕を含めた男性スタッフがみんな、ちょっとしょんぼりしました。自分が怒られたわけでもないのに、下を向いてしまった。男には痛い言葉なのかもしれませんね(笑)」

 

◆西島秀俊さんが涙した父親の苦悩

 

素顔の西島さんについても聞いてみました

スクリーンで見る彼はストイックでクールなイメージが強い。

でも素顔の西島さんは気さくでフランク、とっても優しそうな男性だ。

せっかくのこのチャンスに、彼のふだんの生活についても、聞いてみた。

 

西島秀俊さん

 

ドーナッツもチョコレートも大好き。全然ストイックじゃないですよ(笑)

 

西島秀俊さんといえば、その演技力だけでなく、役作りへの情熱もかなりのもの。

演じる役に合わせて、体型まで変幻自在に変えてみせる。

 

「アクションがある役のときは身体が動かないと危ないですし、体型が変わることで、内面も変わりますからね。緩んだ身体だとゆったりした気持ちになるし、絞っていくと集中力がついて、ぎゅっと入り込むような感じになります。

この『人魚の眠る家』では会社経営者という役柄だったので、ある程度ゆったりしたイメージの身体にしました」

 

5キロ、10キロの体重増減は朝飯前、とか。

 

「基本、しっかり食べて、運動して、よく寝ます。ギチギチに節制することはなくて、痩せる必要があるときは、走る距離をちょっと伸ばすとか、食事をちょっとケアするとか、睡眠をよく取るとか、その程度です。

誤解している方が多いですけど、痩せるためには、しっかり寝ないと体重って落ちないんですよ。逆に太りたいときは、何かひとつ食べる物を増やすとか。生活のさまざまな場面で少しずつやると、そんなに無理しなくても、けっこう変わります」

 

日々鍛錬し、調整していく。そんなストイックな印象が強い。

でも実は西島さん、甘いものが大好き、という情報が!

西島秀俊さん

「そうなんですよね。好きです、甘いもの。ちょっとほっとするじゃないですか。

疲れて頭が働かなくなっていると思ったら、チョコレートを口に放り込んだり。忙しくて、精神的にちょっと追い詰められているな、と思ったら、ほんとうにおいしいお茶やコーヒーをていねいに淹れて、甘いものを食べて、好きな音楽を聴いて、少しだけのんびりする。必要ですよね、そういう時間」

 

甘党だけど、だけじゃなく。

 

「お酒も飲みます。だから全然ストイックじゃないですよ(笑)。甘いものも食べるし、お酒も飲むし、両方楽しんでます」

 

食生活は、ごはん党。

 

「和食好きです。朝は必ず、どんなに早くてもご飯を食べてから出かけます。すぐにお腹が空いちゃうので(笑)、朝ご飯は絶対に抜きませんね」

 

シブい、ダンディ、セクシー。そんな形容詞がお似合いだけど、素顔はとってもチャーミング。生真面目で誠実な人柄が、インタビュー中のちょっと照れた表情から伝わってくる。40代半ばの男盛り、働き盛りだ。

 

「仕事も楽しいですしね。すぐに夢中になって、わーっと熱中しちゃうんですけど、でも僕もだんだん年齢が上がってきたので、休むことも考えろと友人に忠告されました。きちっと休む日を作って、ふっと息を抜くようなことも、覚えないといけませんね」

 

 

『人魚の眠る家』では、父親役の田中泯さんとふたりのシーンが秀逸だった。

西島さんはこの先50代、60代、大人の男としてどんな進化を見せてくれるのだろう?

 

「僕もやはり、貪欲に知識やスキルを吸収して、常に新しい挑戦をしていきたい。自分の人生を高めると同時に、若い人たちがより自由に活躍できるように、力を貸せるような存在になりたいと思っています」

◆西島秀俊さんの体重増減法とは?

 

 

『人魚の眠る家』

播磨和昌(西島秀俊)、薫子(篠原涼子)夫婦は2児をもうけたものの、離婚寸前。ある日、娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明となる。回復の見込みのないまま眠り続ける瑞穂を前に、夫婦はある決断を下すのだが・・・・。

配給:松竹
監督:堤幸彦 原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)
出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中泯、松坂慶子ほか。
(c) 2018 「人魚の眠る家」 製作委員会
公式サイト

 


撮影/武重到 ヘア&メイク/亀田雅(The VOICE) スタイリスト/TAKAFUMI KAWASAKI (MILD) 取材・文/岡本麻佑

今すぐチェック!

今年の梅雨は「くせ・うねり毛」にもう悩まない! 集中マスクでスタイリングがこんなにラクに!

今年の梅雨は「くせ・うねり毛」にもう悩まない! 集中マスクでスタイリングがこんなにラクに!

supported by 花王

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル