OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/lifestyle/240381/

畑は冷蔵庫と似てる?

加藤紀子

加藤紀子

1973年1月30日、三重県鈴鹿市生まれ。

92年に歌手としてデビュー。幅広いメディアで大活躍するさなか、2000年より芸能界を休業し、パリへ語学留学。2002年に帰国し、芸能活動を再開。以降、テレビ、ラジオ、エッセイ執筆など多方面で活躍。2013年にTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシ氏と結婚。

現在、TBS『ふるさとの未来』(水曜深夜0時58分~)、NHK-FM『トーキング ウィズ 松尾堂』(日曜12時15分~13 時55分)にレギュラー出演中。YouTube「加藤紀子畑チャンネル」https://www.youtube.com/c/katonorikoも配信中。

記事一覧を見る

「冷蔵庫の中を見て思うこととそっくり」

畑の野菜たちを見てそんな風に思ったりします。

早く食べなくてはならないもの、熟すまで待つもの、常備菜的にいつでもキープしておきたいもの、遠いところからの頂き物、楽しみに残しておいたウィンナー、勝手に誰かが食べた(間違いなく夫)・・。

何がどこに置いてあって、どれほどの量なのか、何となく記憶している冷蔵庫の中の状態と、

 

間引きのカブは葉まで柔らかいから多めに抜いて・・

人参の葉が枯れてきたということは、収穫のタイミング・・

ルッコラや青梗菜はそろそろ採らないと葉が固くなりそう・・

ここにあったトウモロコシ、勝手に誰か食べた!(きっと鳥)・・なんて、

どこに何がどう並んでいて、それをまずどうしなくちゃいけないかを、料理・・・ではなく、野菜に触れる流れは、冷蔵庫の中を覗いているのと、どこか似ている気がします。

 

なのに、そんなある日の畑で。

タアサイ

「ん?」

先週まで全くなかった、高さある緑を発見。

えーっとえーっと確かここは秋に植えたサニーレタスがあって、ビーツがあって、でもそれらの収穫はすっかり終わっていて・・。

「あ!」

初めてトライした野菜だったせいで、いつが採り時、食べごろだったのか、私も畑メイトさんもためらい続けていた、タアサイだ!!!

黒のマルチシートの上に見える濃い緑色の葉が、タアサイであることに気付かせてくれました。

 

「賞味期限過ぎてるけど・・」恐る恐る瓶の蓋を開け、匂いを嗅ぐのと同じよう、「どんなものか?」とタアサイに近づき、スクスク伸びる茎を手でポキっと折ってみると、いとも簡単に切り離すことが出来ました。

この“折る”という手法は、春菊やスティックセニョールなど茎物を採る時によく使う収穫法でもあり、もしやこんなにあっさり折れるということは、スジもなく菜花として食べやすいのでは?と、本来のタアサイが味わえなかった分、しかと持って帰ることに。

タアサイ

「タアサイだったら塩胡椒でシンプルに、もしくはオイスターソースで炒めて食べたかったな・・」などと反省しつつ、この子達をどのように食べようかと考えていると、まさかのタイミングで夫がスペアリブを使ってトンポーローを作ってくれていたので(ウィンナー食べられて「ちょっと〜!」とか騒いでごめんと思う瞬間です)、同じく収穫して帰った青梗菜と炒め蒸しにして添えてみました。

トンポーローとタアサイ、青梗菜

淡く甘みがあって、でもどこか苦くて、折った時と同じサクサクの食感はそのままで、それはもう、全力で春の味!!溢れんばかりの生命力満載の味!!

八角やシナモンなど複雑に味付けされたトンポーローにも合う、凛々しさ感じる味!

「買った時とは違う食べ方になっちゃったけど、でもこれはこれで美味しい発見かも!」

冷蔵庫の扉を締めながら「いい物見つけた!」とニンマリ微笑む時と同じ感情が、タアサイの菜花から味わうことが出来ました。

 

旬は旬としていただくのが一番贅沢で美味しい食べ方だと思いながらも、収穫をためらったばかりに出会った、このような副産物もまたありがた美味しく。

そんな畑で採れる菜花シリーズ、タアサイの他に白菜や大根からも収穫しようと計画中、季節の移り変わりの中にある味を、しっかり楽しみたいと思います!

 

 

加藤紀子

YouTube 「加藤紀子畑チャンネル」 https://www.youtube.com/c/katonoriko

公式ブログ 「加藤によだれ」 https://ameblo.jp/katonoriko/

「加藤紀子のエスプリ カフェ プラス」 http://www.ellebeau.com/electore-journal/n_kato/

 

 

 

 

 

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第54回/寒起こし(かんおこし)から始まる 畑の春…

次の記事>

次の記事>
第56回/カトノリ農園、9年目の春に…

この連載の最新記事

新たな唐辛子の世界へ!

第60回/新たな唐辛子の世界へ!

ここにカボチャがいる理由

第59回/ここにカボチャがいる理由

ファーストキュウリ2021

第58回/ファーストキュウリ2021

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル