OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/life/manners/196835/

中国長寿村の仙人に聞いた「気の言葉」

柘(つげ)いつか

柘(つげ)いつか

作家。令和元年5月1日、「いつか」より改名。
東京都生まれ。ベストセラーとなった『別れたほうがイイ男 手放してはいけないイイ男』『成功する男はみな、非情である。』はアジア各国で翻訳された。近著は『新版 成功する男はみな、非情である。』『続・成功する男はみな、非情である。』(共に光文社)。テレビのコメンテーター、トークショー、企業セミナーのプロデュースも行っており、世界50カ国以上を訪れ、各国・各界に多彩な人脈を持つ。日本アカデミー賞協会会員。

記事一覧を見る

ふらりと資料探しに出かけた近所の図書館の2階で、太極拳の教室があり、参加することにしました。

 

中国5000年の歴史から生まれた太極拳は、楊式陳式共に習ったことがあり、今でも中国や香港、台湾へ旅行すると、朝もやの静けさの中の公園で、老人に混じり、自分の感覚を研ぎ澄ますために太極拳から1日を始めます。大地のエネルギーをいただくのです。

人間の呼吸は、1分間に16回、1 日で約23000回すると言われています。

健やかで豊かな心と、一生ものの健康を手に入れるためには、長くゆったりとした呼吸が必要です。

 

長い呼吸は新陳代謝を活性化させ、ホルモンバランスも良くなります。

若々しい肌を保つことにもなり、アンチエイジング効果にもつながります。
血の巡りが良くなり、正しい気功法をすると、インナーマッスルを鍛えることにもなります。

 

旅行作家として、3年前に友人の記者を訪ねがてら、パンダを見るために重慶を旅しました。現地の動物園のパンダは日本と違って何匹もいて、行列もなく自由で、真っ白じゃなく、茶色のどろんこパンダもいたりして、可愛らしくも不思議でした。

成都にはもっとたくさんのパンダがいて、日本からもパンダマニアが訪れるそうです。

 

会食の時、記者からの紹介で、重慶から車で2 時間ほどのある寺に、「村の人が慕う不思議な仙人がいる」と勧められました。

そこはまるで桃源郷のようにうららかな場所で、寺の中でいただく精進料理が美味しいと聞き、ご紹介いただきました。

長寿村とは、自然があって水がいい場所なのだそうです。

仙人らしきそのお坊さんは、もうすぐ100歳になられるらしく、健康そうで、目がキラキラして、とてもかわいらしい方でした。

私の生年月日を半紙に墨で書くと、しばらくして、「あなたは、裕福な人なので、117歳まで生きます」と。
目を丸くしている私に、「だいじょうぶ、心配ない!」と、満面の笑みで手を握ってくださいました。

 

ここでいう裕福な人とは、お金持ちという意味ではなく、天真爛漫のことだとガイドが通訳してくれました(先日TVで、ジャパネット高田さんも「自分の寿命は117歳」と、私と同じ歳をおっしゃっていたのが不思議でした)。

人間の体は「病気をしなければ本来120歳まで生きる」という説は、本で読んだことがあります。

死ぬ日まで畑で働いで、ピンピンコロリで大往生! なんてお年寄りも、これから増えそうですね。

帰りがけ、やはり仙人は、太極拳と気功の話をしてくれ、「気の言葉」があることを教えられました。

 

太極拳は、生き生きとした命の喜びを磨き、はつらつと暮らしていくための知恵である。
天は宇宙の大自然であり、慈悲深くすべてのものに与える愛を持つ。
天は公平で、えこひいきはない。良い人か悪人かは天が決める。

天に逆らうものは滅びる。良い人は自ら天が助けてくれる。

 

愛こそは最も大きな治療効果。

広くとらわれのない心を持ち、友を大事にする人。
困難を恐れず、勇気をふるい、努力をすること。
自分の体の能力と、生まれつきの特徴を知ること。

腹の中少し、3食ほどよく、バランスよく!(日本でいう腹八分目のことですね)
よく働き、食べ、寝て、心楽しく仕事する

感謝を知り、謙虚な人間には老いも忍び込まない。

「ネガティブな言葉を吐かない」
言葉少しに控えめに。余計なことは語るに落ちるので言わない。

人を傷つける言葉は、少ない方が災いを招かない。

 

相手に譲る、避ける、好きなようにさせる、相手にならない。
「同じ土俵に立たない!」
そうすれば、イライラ心配事、不愉快な悩みは消え去る。

 

緩やかに、委ねて、育み、許す。

博愛を強調し、天地人の大調和を目指し、互いに尊敬し合い、譲り合う。

そんな想いで太極拳をしてごらんなさい。

 

……と、全てありがたき言葉で話していただきました。

メモしといてよかった〜! 旅の記録です。

 

いつか

オフィシャルサイト   itsuka-k.com

 

 

 

<前の記事

<前の記事
第14回/私が励まされた人生のベテラン・ムードメーカーの言葉…

次の記事>

次の記事>
第16回/書き言葉で輝くには?…

この連載の最新記事

ヘナで感じた「自分をいたわる」ということ

第17回/ヘナで感じた「自分をいたわる」ということ

書き言葉で輝くには?

第16回/書き言葉で輝くには?

中国長寿村の仙人に聞いた「気の言葉」

第15回/中国長寿村の仙人に聞いた「気の言葉」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル