OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/186780/

そのままのキミはたいてい汚い。入口が汚いと誰もノックしてくれません

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説あまたあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載では先生の数多くの名言から、特にOurAge世代向けの言葉をピックアップ。込められた”愛とムチ”の意味を、解説いただきます!

記事一覧を見る

「そのままのキミが好きだ」「ありのままの姿が美しい」なんてことをたまに耳にしますが、それが当てはまる人は、ごく少数の本当にキレイな人だけ。それも若いうちに限ります。

 

年を重ねれば重ねるほど、「そのまま」ではマズいことになります(笑)。「いや、私はもうそのままでいいの、中身をわかってくれる人だけとつきあえばいいわ」と言う人がいるかもしれませんが、見た目は家にとってのドア。ここが汚いと誰も訪ねてきてくれません。やはりきれいに磨く努力が必要です。

 

とはいえ、へんに厚塗りしたり、着飾ったりするのは、この年齢だと痛い人になりがち。やっぱり大事なのは清潔感ですね。服装も大事ですが、髪の毛が痛んでいないかとか、足のカカトが手入れされているかとか、細かいところが整えられているかどうかで清潔感に差がつきます!

 

それと同時に、年をとると心の清潔感も表に出てきます。品性のない生き方をしていると、卑しさが顔に表れるし、誠実に生きている人は、しみじみといいなと思う顔になる。

 

今から絶世の美女になるのは無理でも生き方は変えられるかもしれません。残りの人生をきれいに生きる努力をすれば、死んだあとに語り継がれるあなたの思い出も美しくなるはずですよ。

一条連載_ill

 

コーラス1996年7月号表紙

 

取材・文/佐藤裕美

<前の記事

<前の記事
第7回/早口はセクシーじゃない…

次の記事>

次の記事>
第9回/おやつは見えるところにあるからつい食べてしまう。お菓子は全部隠してしまえ!!…

この連載の最新記事

恋人との距離を縮めたいなら、海辺の温泉より山の温泉

第26回/恋人との距離を縮めたいなら、海辺の温泉より山の温泉

男の戦力になるか、男の癒しになるか。男をつなぎとめる方法は、この二つ

第25回/男の戦力になるか、男の癒しになるか。男をつなぎとめる方法は、この二つ

成功したおじさんは、ほどほどに生意気で、ちょっとイラッとさせる女が好き

第24回/成功したおじさんは、ほどほどに生意気で、ちょっとイラッとさせる女が好き

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル