OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/189619/

恐ろしいことに、人は誰でも自分が一番キレイに写っている写真を自分だと思いがちですが、それは誤解です。

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説あまたあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載では先生の数多くの名言から、特にOurAge世代向けの言葉をピックアップ。込められた”愛とムチ”の意味を、解説いただきます!

記事一覧を見る

女友達で、よくいますよね。集合写真を見て、「ヤダー! 私、すごいブサイクに撮れてる~!!」「私、本当に写真うつりが悪くってぇ」と騒ぐ人。しかも本気でそう思い込んでいる節がある。

 

そんな人を見ると、私は心の中で、いつもこう思います。「いや、写真うつりは悪くないよ。写真は残酷なだけだよ」と(笑)。

 

そもそもたいていの人は、お化粧をしたりするときに鏡に映る顔が自分の顔のデフォルトだと思っているようです。でも、鏡に映っているときって、じつは相当意識して表情を作っているんですよ。自分なりにかわいい顔を作っているの。

 

一方、夜、電車に乗っているとき、ふとガラスに映った自分の顔を見て驚愕したことはありませんか。あの亡霊のような醜い女は誰?…と私も思ったことがあります。自分だと信じたくなくて、ちょっと笑ってみたら亡霊も笑ったんですね(笑)。

 

いや、電車の中はライトのせいで顔に濃い影ができるから年老いて見える……などと言い訳したくなる気持ちもわかりますが、あれも紛れもなく自分。だから、いつも鏡で見ている顔と、電車のガラスに写る顔の中間くらいが、人が認識している自分の顔だと思ってください。そうすれば記念撮影でがっかりすることもないでしょう。

一条連載_ill

「うそつきな唇」ぶ~け1993年12月号扉

 

取材・文/佐藤裕美

<前の記事

<前の記事
第9回/おやつは見えるところにあるからつい食べてしまう。お菓子は全部隠してしまえ!!…

次の記事>

次の記事>
第11回/「面倒臭い」はすべてを終わらせる最終兵器。恋愛も人づきあいも美容も人生でたいていのことは「面倒臭い」で終了します。…

この連載の最新記事

寂しさはカビみたいなもの。放っておくと、すべてのものを腐敗させます。

第12回/寂しさはカビみたいなもの。放っておくと、すべてのものを腐敗させます。

「面倒臭い」はすべてを終わらせる最終兵器。恋愛も人づきあいも美容も人生でたいていのことは「面倒臭い」で終了します。

第11回/「面倒臭い」はすべてを終わらせる最終兵器。恋愛も人づきあいも美容も人生でたいていのことは「面倒臭い」で終了します。

恐ろしいことに、人は誰でも自分が一番キレイに写っている写真を自分だと思いがちですが、それは誤解です。

第10回/恐ろしいことに、人は誰でも自分が一番キレイに写っている写真を自分だと思いがちですが、それは誤解です。

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル