OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/197965/

男の戦力になるか、男の癒しになるか。男をつなぎとめる方法は、この二つ

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説あまたあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載では先生の数多くの名言から、特にOurAge世代向けの言葉をピックアップ。込められた”愛とムチ”の意味を、解説いただきます!

記事一覧を見る

「男に何を求めますか?」という質問を昔、取材でよくされました。そのときの私の答えが、「共犯者と先生と癒しですね」。

 

つまり、一緒にガンガン働いて共に闘ってくれる人か、私が知らないことを教えてくれる人か、私が疲れている時に癒してくれる人。この3つのうち、二つは欲しいなと思ってました。

 

逆に男性が女性に何を求めるかと言えば、「戦力」と「癒し」だと思います。あるときは、彼の役に立つ存在になり、あるときは癒しを提供する――この両方ができれば、まさに鬼に金棒。でも、働く女性は忙しいし、そんなことやってられないわよね(笑)。

 

そこで、どっちかひとつを選ぶなら「戦力」かなあと。癒しはわりと簡単で他に替えがきくけれど、戦力になってくれる女性は少ないから、男は手放さないと思うんですね。 彼の仕事や趣味の話を聞いて情報を探したり、人を紹介してあげたり、具体的に何か役に立つことで、彼にとって必要不可欠な存在になれるはずです。

 

ただ、男はあつかましいから、足りない癒しは他で調達しようとします(笑)。それが腹たつのよね。それを防ぐには、彼が何を求めているのか察知して、要所要所で両方をうまく使い分けるのがベスト。タイミングを外さず、状況に合わせて変化してみよう!

一条連載_ill

 

 

女ともだち」りぼん1991年6月号扉

 

取材・文/佐藤裕美

今すぐチェック!

ドモホルンリンクルに踏み切れない、みんなのもやもやポイントって?

ドモホルンリンクルに踏み切れない、みんなのもやもやポイントって?

PR
話題の「酪酸菌」など、3つの生菌が しっかり届いてすっきり!

話題の「酪酸菌」など、3つの生菌が しっかり届いてすっきり!

PR
<前の記事

<前の記事
第24回/成功したおじさんは、ほどほどに生意気で、ちょっとイラッとさせる女が好き…

次の記事>

次の記事>
第26回/恋人との距離を縮めたいなら、海辺の温泉より山の温泉…

この連載の最新記事

人は成長するためには「先生」が必要です

第31回/人は成長するためには「先生」が必要です

人は幸せになる道具は貸してくれるけれど、幸せにはしてくれない。幸せは自分でなるしかないんです

第30回/人は幸せになる道具は貸してくれるけれど、幸せにはしてくれない。幸せは自分でなるしかないんです

知らないことは素直に聞けばいいし、 素直に聞けば、人は親切に教えてくれる

第29回/知らないことは素直に聞けばいいし、 素直に聞けば、人は親切に教えてくれる

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル