OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/200872/

知らないことは素直に聞けばいいし、 素直に聞けば、人は親切に教えてくれる

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説あまたあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載では先生の数多くの名言から、特にOurAge世代向けの言葉をピックアップ。込められた”愛とムチ”の意味を、解説いただきます!

記事一覧を見る

これは私が24~25歳の頃に悟ったことです。ある晩、青年誌系の人たちと飲んでいたら、私の聞いたことのない単語が出てきました。それまでは、わからないことがあっても「そんなことも知らないのか!?」ってバカにされるのが嫌で、適当に話を合わせたりしてたんですね。

 

でも、その日は飲みすぎて話を合わせるのが面倒くさくなっちゃって(笑)。やさしそうなおじさんに、「それってどういう意味ですか?」と聞いたんです。そうしたら、バカにするどころか、とっても丁寧に教えてくれて。

 

しかも飲んで家に帰ったら、電話が鳴るので出たら、そのおじさんで、「さっきのことだけど、言い忘れたことがあって」って、さらに説明してくれました(笑)。

 

それで知りました。男は教えるのが好きなんだと(笑)。以来、知ったかぶりはやめて、わからないことは何でも人に聞くようになりました。『有閑倶楽部』のときなんて、どれだけみんなに電話して、あれコレ聞いたことか(笑)。でも、聞くことを覚えたおかげでブレインが増えて、スランプにも陥らずに描くことができました。

 

年齢を重ねると、知らないことを人に聞くって、恥ずかしくて躊躇するかもしれません。とくに甘えるのが苦手な人はそうですよね。でも、「ちょっと甘えてま~す」という雰囲気を出して、上手に聞くことができる人は、きっと仕事もデキる人だと思うので、わからないことを人に聞くというのをたくさんやって、テクニックとしてマスターしておくと役に立ちますよ。

 

「バカだなぁ。マジで知らないの!?」みたいにひとこと言う人もいますが、そこでいちいち「バカにされたー!!」と思わない。人は本当にバカだと思った人には、バカと言いませんからね(笑)。きっと親切に教えてくれるはずです!!

 

ちなみに私は「知ってたら聞きませんよ」って言います。

 

一条連載_ill

 

天使のツラノカワ」コーラス1999年8月号刊扉

 

取材・文/佐藤裕美

<前の記事

<前の記事
第28回/タイを釣りたいなら、最低限、自分がエビになる必要がある…

次の記事>

次の記事>
第30回/人は幸せになる道具は貸してくれるけれど、幸せにはしてくれない。幸せは自分でなるしかないんです…

この連載の最新記事

秘密が守れないのは「バカ」と「小心者」

第39回/秘密が守れないのは「バカ」と「小心者」

男がいたときのほうが、いないときより、不幸になる確率が高い

第38回/男がいたときのほうが、いないときより、不幸になる確率が高い

ただ空気を吸って、飲んで食べて……。生きてるだけでは、人間、地球に迷惑をかけています。そのぶん社会(自分以外)に奉仕して、最低限プラスマイナス、ゼロにせよ!!

第37回/ただ空気を吸って、飲んで食べて……。生きてるだけでは、人間、地球に迷惑をかけています。そのぶん社会(自分以外)に奉仕して、最低限プラスマイナス、ゼロにせよ!!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル