OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/217273/

男が思う「かわいい」と「バカ」は紙一重

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説数多くあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載ではOurAge世代への”愛とムチの金言”を、ビシビシといただいていきます!

記事一覧を見る

以前、何人かでご飯を食べていたとき、お米の洗い方がわからないっていう若い女がいたのよ。「洗濯機使えばいいのかな?」って。同性からしたら「アホじゃないのコイツ」って感じだけど、「何も知らないんだね」「かわいいね」みたいな男がいたのよ。

 

私が「ウソ!? 結婚して、奥さんがそれだったらヤバくない!?」と言ったら、「確かにそれはイヤかも」と言っていたけど、彼女だったらいいらしい(笑)。

 

あきれるわよね。男が思うかわいいとバカは紙一重なんだなと思いました。

 

そのとき、武田鉄矢が昔、言っていたことを思い出したの。「かわいい」って言うのは、「かわいそう」とか「哀れ」からきているんだって。守ってあげなければいけない「かわいそう」なものに、いつしか愛情を感じるようになって、そこから「かわいい」という言葉が生まれたって。

 

なるほど、と思いました。だから男は「かわいい」女が好きなのねと。「オレが守ってやるぜ」と言いたいんでしょ?

 

でもそれは裏を返せば、自分が優位に立ちたいってこと。男はいつだってヒーローになりたいし、ほめられたい生き物なのよ。だから自分が強くてイケてるものであるためには、自分より弱くて、ちょっと何かしてあげたら、「すご~い!」「かっこいい~!!」ってほめてくれるような女が必要なわけだ。そういう女は、男の見栄とかプライドを満足させてくれるのであろう。

 

それにしても男って、なんであんなに威張りたがりなんだろ。めんどくさ~(笑)。

一条連載_ill

 

ときめきのシルバー☆スター」りぼん1980年6月号付録『アリス・美里のポスト・カード』

 

取材・文/佐藤裕美

今すぐチェック!

40~50代、”マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

40~50代、”マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

PR
<前の記事

<前の記事
第53回/人は「あと少しで何とかなる」と思うと努力できる。だから目標設定は遠すぎないほうがいい…

次の記事>

次の記事>
第55回/成功の秘訣はどんなにみっともなくても与えられたチャンスに食らいつくこと。その道の一流の裏と表を知ること…

この連載の最新記事

世の中には、あなたの魅力の通じる少しの相手と、魅力の通じないたくさんの相手がいます

第60回/世の中には、あなたの魅力の通じる少しの相手と、魅力の通じないたくさんの相手がいます

3年、7年、21年、40年が「成功への方程式」…かも

第59回/3年、7年、21年、40年が「成功への方程式」…かも

姿勢をよくすると10歳は若返ります

第58回/姿勢をよくすると10歳は若返ります

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル