OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/230497/

女が二股かけるのは、どうでもいいか、どうしようもないか

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説数多くあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載ではOurAge世代への”愛とムチの金言”を、ビシビシといただいていきます!

記事一覧を見る

「どうでもいいか」というのは、二股をかけてる相手二人ともあまり思い入れがないというパターン。「バレたらバレたで、ま、いっかー」という感じですね。万が一、男同士が鉢合わせになって修羅場になっても、「二人でケンカしててください。私、帰るから」みたいな。

 

一方、「どうしようもないか」は、二股をかけざるをえない状況だということ。「こっちは金があるけど、こっちはイケメンだし、どっちも選べな~い!!」とか(笑)、「自分の仕事の戦力となるのはこっちだけど、癒されるのはこっち」とか。何か必要に迫られて二股をかけてる場合ですね。

 

じつはこのセリフ、『プライド』で菜都子ママが息子の蘭丸に言った言葉なのよね。蘭丸は史緒ちゃんのことが大好きで、いい感じだと思っていたのに、史緒ちゃんがレコード会社御曹司の神野さんと婚約しちゃったもんだから、「二股かけられた!」って当たり散らしていたら、ママにこう言って諭されたのであった。

 

史緒ちゃんは、実際には二股かけたわけじゃないけど、やっぱり必要に迫られて神野さんを選んだ。彼女がオペラ歌手として生きていきたいと思った時、どうしてもスポンサーとなる人が必要だった。それが神野さんだったわけですね。ある意味、契約結婚みたいなものだけど、史緒ちゃんがオペラ歌手として生きるには、神野さんと結婚するしかなかったのよね。だから二股は、【神野×蘭丸】じゃなくて【オペラ×蘭丸】ですのよ。

 

わかるわ~、その感じ。私も若かりし頃“必要に迫られて”二人とおつきあいしたことがあったんだけど、当時私はそれを「保険」と呼んでました。

 

だって仕事がたいへんでたいへんでたいへんで、「終わったらデートした~い!!」って、それを楽しみに頑張ってたのに、いざ仕事が終わって連絡したら、本命に「忙しくて、今日は会えない」なんて言われたら悲しいじゃない。そんな時のためにやっぱり保険は大切(笑)。

 

掛け金はかかるけど、その価値はある。意外に奥が深い二股理論でした~。

一条連載_ill

 

 

一条連載_ill

プライド

 

取材・文/佐藤裕美

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第67回/欲望や不満を口に出して叫ぼう!!ストレス解消になって気分も爽快!?…

次の記事>

次の記事>
第69回/女は確認しつづける生き物。態度で確認して、言葉で確認して、身体で確認して、さらにもう一度、言葉で確認する。それでもなおウソをついている男がいるっていうところがすごい…

この連載の最新記事

後悔は死ぬときにまとめて

第86回/後悔は死ぬときにまとめて

さびしがり屋に余計な時間を与えてはいけない

第85回/さびしがり屋に余計な時間を与えてはいけない

ダイエットは一生エンドレスの闘い

第84回/ダイエットは一生エンドレスの闘い

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル