OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/249061/

愛という大きなものの中に、恋というセコいのが入っている/一条ゆかり

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説数多くあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載ではOurAge世代への”愛とムチの金言”を、ビシビシといただいていきます!

記事一覧を見る

昔、「恋のめまい 愛の傷」という作品を書く時に「愛ってなんだろう、愛と恋はどこが違うんだろう」と、いろいろ考えた記憶があります。

 

いくつか書き出してみます。あくまで、一条が考える愛と恋なので、反論や意見があっても却下しますので、あしからず。

 

まず!犠牲的な愛はあっても、犠牲的な恋というのはないんですね。
だから相手に裏切られた時、恋人が他の人と一緒になって幸せになれるなら、私は身を引こうと思えるのが愛。

 

でも、裏切られた時、恋人を恨んだり、死んでやるとか、殺してやるとか考えるのが恋。つまり何を中心にして考えるかというのが違うんですね。相手を中心に考えて行動するのが愛、自分中心に考えるのが恋ということです。

 

愛には自己愛はあっても自己中はないんです。自分さえ良ければ良いという傲慢なところがないのですね。
謙虚で控え目、相手を包み込む暖かさが愛です。

 

しかし、恋はわがままで、傲慢デス。人間のダメなところが凝縮されていて、嫉妬とか、憎しみとか、独占欲とか、相手を縛り付けるものがたくさん入ってる。『欲』がつくものはたいてい自分勝手です。それを『恋』という美しい言葉でくくっているだけなんですね。
『愛欲』と言うすごい言葉もあるけど、まあこれは無視してもいいよね。

 

愛に博愛はあるけど、恋に博愛はありません。

 

そして愛はスケールが大きくて、宇宙まで広がるけど、恋は守備範囲がとっても狭いのよ。半径2~3メートルな感じで、ソーシャルディスタンス内ですね(笑)。

 

究極の愛はアガペ(神の愛)ですけれど、究極の恋はオタクです(笑)。いくら束縛しても相手に迷惑がかからないし、推し活動が一番純粋よね(笑)。
反対に、最悪の恋はストーカー。これはもう、犯罪です!

 

人によっては恋ばかりしている人と、恋から愛へと成長する人がいると思うけれど、じつは辛いのはどっちも同じ。恋をするとめまいでクラクラするし、愛が深ければ傷つくし。傷つかない恋愛はない、と心得ましょう。
つまり「恋のめまい 愛の傷」というタイトルは、めまいがするような恋をして、愛によって傷ついたっていう話です♡

 

恋のめまい 愛の傷」コーラス1995年2月増刊表紙

 

取材・文/佐藤裕美

今すぐチェック!

筋トレしても効果が出ない!50代の「筋肉育て」に必要な“Eルチン”とは?

筋トレしても効果が出ない!50代の「筋肉育て」に必要な“Eルチン”とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第91回/ひとりの老後がみじめにならないように、今こそ自分のために気を配ろう/一条ゆかり…

次の記事>

次の記事>
第93回/結婚は先着1名だけど、恋愛に早いもの勝ちはない/一条ゆかり…

この連載の最新記事

世間は姫には甘いが、女王には厳しい/一条ゆかり

第97回/世間は姫には甘いが、女王には厳しい/一条ゆかり

「つまらないものですが」という社交辞令は、もうやめよう/一条ゆかり

第96回/「つまらないものですが」という社交辞令は、もうやめよう/一条ゆかり

試練は神さまからのエクササイズ。 しっかり対応して、大きな穴をふさいでおこう/一条ゆかり

第95回/試練は神さまからのエクササイズ。 しっかり対応して、大きな穴をふさいでおこう/一条ゆかり

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル