身近な人間関係が原因の身体の不調について①

プロフィール写真

体育大学卒業後、電気メーカーの営業職に。
幼稚園教諭を経てアメリカへ。
アメリカ10年の滞在中に
「ファミリーケア」という地域の家庭医療体制の
ボランティアチーム代表として活動。
帰国後、本格的に医療を学び、
2002年 Familleファミーユを開業。
2012年 フェイスブックから誕生した
癒しほぐし処SlowLifeスローライフ
(http://slowlife-cozy.com/)を開業。

癒しほぐし人(びと)を輩出する
癒しケアカンパニー(http://cozy-care.com/)
代表理事も務める。

著書にフェイスブックで知り合った5人の仲間との共著
「ハーフタイムとなった人生、リ・チャレンジ 輝きの今」
チームジャパンなう( http://goo.gl/1WFEJ)がある。

6月に入り若葉が勢いを増す今日この頃

本当に気持ちのよい季節です。

梅雨に入る前に、心と身体をスッキリ

整えて置きたいですね。

 

若葉

 

 

今日の毎日YOJOは『心の養生』に

ついてお話したいと思います。

 

今回このテーマで書くきっかけと

なったのは、

OurAge編集部の担当編集者から

「“毒親”という言葉をご存知ですか?」と

きかれたことです。

子にとって親の存在が枷になったり、

ストレスになったり……。

ひどい場合だと子供時代に受けた仕打ちが

PTSDとなって、成人した後も子の人生に

影響を与えるケースもあるそうです。

そういう親を“毒親”というのだとか。

 

 

人間関係と身体の健康は密接。

とくに母娘関係で陥りやすいこととは

 

たしかに身体の不調を訴えている方と

話していく中で、親子関係が原因で

身体不調になっている場合があります。

 

人は生活していく中で他の人との関わり

なくしては過ごしていけません。

そして人間関係は心と身体の健康と

とても密接な繋がりがあります。

親・夫婦・子供などの家族関係をはじめ、

恋人関係、仕事職場関係・友人関係など

人間関係は色々ありますが、今回は、

母と娘の関係についてお話します。

 

 

親子関係の中でも母と娘は、

同性ということもありとても近い存在

ですね。

 

「身内」つまり身の内、自分の分身、

一番近い存在と思ってしまいます。

同じ身内でも夫婦・父と娘・母と息子は

まず異性である事で、自分とは違う存在、

愛する恋人や守ってあげたい存在、

頼る存在であり

関係性の中に自分とは違うものとして

一線をひき、

それを本能で感じて接しています。

 

それが母と娘になると、自分の体の一部

一体だと本能的に感じてしまうのです。

 

母・娘ともお互いに自立している場合や

何でも話せる理解者、まるで親友友人の

ように仲が良いというようにプラスに働いて

いる関係性なら何の問題もありませんが

マイナスな関係性になってしまっている

場合も多くみられます。

 

母と娘の関係は生まれた瞬間から始まり

成長していく中で、

優しければ、優しい子供ほど

お母さんの言う通りの良い子になろうと

します。

 

 

『良い子にしなくちゃ』

『お母さんの期待にこたえなくちゃ』

『お母さんが大好き』

『お母さんに好かれたい』

『お母さんに褒められた』

 

 

ところが娘が良い子になればなるほど

母は娘を見守っていたはずが、

自分の分身であるかのように

娘のことを思ってしまうこともあります。

 

その場合、母にとって娘は何年たっても

子供で娘が大人になっても二人の

関係性は、大人同士という対等の

関係性になるより相変わらず

親(大人)と子(未熟な存在)のままで

あることに変わりません。

その関係性を変えることは出来ません。

相手を変えようとすることは

とても難しい事です。

 

その母と娘の関係について、

私自身の体験をもとに

さらにお話ししたいと思います。

 

 

 

 

次回へ続く~

笑顔で元気に素敵な毎日YOJOを~♪

 

 

●荻野こず恵さんがOurAgeグッドエイジングセミナーに登場します!

詳しくはこちらから!!

 

 

 

 

 

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント(1)

    そうなんだよね~
    母親に言われたことの影響を
    未だに受けていることがありますね。
    母には残ってないけど、私には残って
    るんですよね。
    「そんなこともあったね」って
    いうときがくれば良いなって
    思います。

    セミナー当日は参加できませんが
    応援します!(^^)!

    展ちゃん - 2014年6月6日 14:47
    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top