OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/mainichi_yojo/116942/

野菜作りのきっかけは

加藤紀子

加藤紀子

1973年1月30日、三重県鈴鹿市生まれ。

92年に歌手としてデビュー。幅広いメディアで大活躍するさなか、2000年より芸能界を休業し、パリへ語学留学。2002年に帰国し、芸能活動を再開。以降、テレビ、ラジオ、エッセイ執筆など多方面で活躍。2013年にTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシ氏と結婚。

現在、NHK-FM『トーキング ウィズ 松尾堂』(日曜12時15分~13 時55分)、T-FM 『Renault Sunday voyage』日曜13時55分14時)、ベイネット コミュニティチャンネル(地上11ch:視聴エリアは江東区、中央区)『加藤紀子のぶらり下町のみある記』(毎月最終金曜23時~23時30分・再放送:金曜23時~23時30分)にレギュラー出演中。

記事一覧を見る
今年の夏は照りつける太陽が足りず、トマトもキュウリも一気に元気をなくした8月後半。
そんな中、うっかり大好物のピーマンを植えるのを忘れたくせに、ハラペーニョ(三色)と青唐辛子はしっかり植えていたおかげで、灼熱の太陽のようにそのエリアだけ激しく赤く色づいています。

加藤紀子2 ハラペーニョ

だけど我が家は二人家族。
辛いもの大好きな私と興味薄の夫。

さてどうしようかな。

加藤紀子2 収穫物

レシピ本やネットパトロールをして、お気に入りレシピを探し、見つけたのは

加藤紀子2 味噌

ハラペーニョ味噌!!

山形で毎年作っているお味噌に、お酒やお砂糖、刻んだハラペーニョを、鍋で火にかけて混ぜたら出来上がり!
熱々白ご飯の上に乗せて食べたら、ピリっと辛くて、まあ、美味しい!

その昔行ったパプアニューギニアで「これさえあれば、おかずがなくてもご飯が進む!」と教わった"ピリピリさん"という名の辛いソースを思い出しました。

加藤紀子2 ピリピリさん

スライスにんにく入り、ハラペーニョ三色ピクルスは、友達へのプレゼント。

昔は可愛くハンドクリームとかハンカチを手土産にすることが多かったのに、いつからだろう、ちょっとしたプレゼントが野菜加工品になっちゃったのって・・。
大人になるって色々平気が増えて嬉しい。


5年前、テレビ番組のコーナーで「野菜作りをしませんか?」と誘っていただいたのをきっかけに、畑デビューした私。

当時の私は、何ら野菜に興味もなく「どうして私に畑のお誘い?」と戸惑っていると、交際中の彼(のちの夫)が「やった方がいいよ、絶対楽しいよ! 断ることは許さないぞ!」的な勢いで背中を押してくれたのと(なぜなら彼は、毎月、無農薬野菜を徳島から取り寄せていたほど、食に対する興味の強い人だった)、
他のタレントさんがクワ持って「畑たのしー!」なんてシーンを見たら私、泣くなあ・・とも思ったので、お引き受けしたこのお話。

国分寺にある農家の方の、畑の一角をお借りしてスタートしてみたものの、右も左もクワもスコップも何にも知らない畑一年生。

加藤紀子2 畑作業

(畑デビューは見事なまでのヘッピリ腰&綺麗な格好での作業ですね、あはは)

振り返ると、30代最後に新しいものへ挑戦してみて良かった! と心から思うほど、44歳の今、野菜に私自身が育てられているような気がしています。

さて、いよいよ畑は秋冬野菜の準備が始まります。

冬のキャベツ、冬のブロッコリー、大根・・煮込みたくなるー!
(まだ植えてもないのに、想像でいつもこうなります)

加藤紀子

公式ブログ 「加藤によだれ」 https://ameblo.jp/katonoriko/

Web連載 「加藤紀子@山形」 http://www.okaze-gatta.jp/essay

「加藤紀子のエスプリ カフェ プラス」 http://www.ellebeau.com/electore-journal/n_kato/

フリーペーパー 「月刊てりとりぃ」 でも連載中

<前の記事

<前の記事
第1回/畑、はじめてました!…

次の記事>

次の記事>
第3回/カブの種はミレー蒔き…

この連載の最新記事

新年の初めにふと思う、なぜ畑を?

第41回/新年の初めにふと思う、なぜ畑を?

お雑煮用に蒔いた一粒の種

第40回/お雑煮用に蒔いた一粒の種

ムシとの遭遇

第39回/ムシとの遭遇

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル