OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/mainichi_yojo/140693/

畑で受け取る花便り

加藤紀子

加藤紀子

1973年1月30日、三重県鈴鹿市生まれ。

92年に歌手としてデビュー。幅広いメディアで大活躍するさなか、2000年より芸能界を休業し、パリへ語学留学。2002年に帰国し、芸能活動を再開。以降、テレビ、ラジオ、エッセイ執筆など多方面で活躍。2013年にTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシ氏と結婚。

現在、NHK-FM『トーキング ウィズ 松尾堂』(日曜12時15分~13 時55分)、T-FM 『Renault Sunday voyage』日曜13時55分14時)、ベイネット コミュニティチャンネル(地上11ch:視聴エリアは江東区、中央区)『加藤紀子のぶらり下町のみある記』(毎月最終金曜23時~23時30分・再放送:金曜23時~23時30分)にレギュラー出演中。

記事一覧を見る

初夏を迎えた畑では、野菜たちがそれぞれになにかと忙しそう!

収穫したいと逸る気持ちをグっと抑えて、まずは成長チェックから始めます。

キュウリはツルを支柱に巻きつけながらぐんぐんと伸び、3センチほどのお花発見!

その付け根には赤ちゃんキュウリも! 生育スピードが速いキュウリ、何日後に収穫出来るかなあ・・?

 

同じく黄色いお花ながら、シャープな花びらを咲かせているのはトマト。

そして花のガクをよ〜く見てみると・・・それって・・・

すでにトマトのヘタ!! 立派にヘタ!!

 

花を咲かせて実を育み、収穫され台所でカットされるまで、自らをアピールすることなく静かに寄り添って成長を見守っていただなんて・・・。

こんな頑張り屋のガク、今更ながらリスペクト。

 

一方、花が咲いて始まる野菜があれば、花が咲いて終わりを告げる野菜も。

春と秋、一年で二度の栽培が楽しめる春菊(連載15回「野菜作り、6年目の春」)は、この春も順調に育ち、サラダや春菊味噌にアレンジしたりして楽しんでおりましたが、5月に入ったあたりで「春菊ってやっぱりキクだったのか・・」と改めて気づかされるお知らせが。

 

そう、葉の間に小さな蕾発見。

この気温、この光・・花開く日が来るのでは? と見守ると・・

咲いた、咲いた、春菊の花が! 並んだ、並んだ、緑の中に白、黄色!

その姿、儚げで可愛い!

 

だけどこうなると春菊の葉に行くべき栄養、エネルギーは全力で花の方に注がれ、それまで柔らかかった葉が固くなり食べにくくなってしまったような。

花から届くお便りは、旬が過ぎたことを告げてくれたのかもしれません。

食用から鑑賞用にポジション変更。

 

この白く小さいのはパクチーの花。

 

春菊同様、長く収穫しようと企んでいるうちに葉が枯れ、花だけがらんらんと。

パクチー農家さんなら「花を咲かせるまで放っておいたなんて!」と悔やまれるのかもしれませんが、こちらのんびり家庭菜園、わずかに漂うパクチーの香りとお花をリビングに飾って楽しみます。

 

パクチーの花とビーツの穂先のコラボは、料理でも花瓶の中でも似合うことを知りました!

 

お野菜を買って食べるだけだと、こうしたお花に意識が行くことも知る機会もなかったので、目の前に届く花便り、これから先の季節もしっかりと受け取りたいと思います。

 

加藤紀子

公式ブログ 「加藤によだれ」 https://ameblo.jp/katonoriko/

Web連載 「加藤紀子@山形」 http://www.okaze-gatta.jp/essay

「加藤紀子のエスプリ カフェ プラス」 http://www.ellebeau.com/electore-journal/n_kato/

フリーペーパー 「月刊てりとりぃ」 でも連載中

<前の記事

<前の記事
第17回/忙しくなる苗を植えました!…

次の記事>

次の記事>
第19回/キュウリ、走り始めました!…

この連載の最新記事

新年の初めにふと思う、なぜ畑を?

第41回/新年の初めにふと思う、なぜ畑を?

お雑煮用に蒔いた一粒の種

第40回/お雑煮用に蒔いた一粒の種

ムシとの遭遇

第39回/ムシとの遭遇

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル