スリランカ「アーユピヤサ」の料理で自律神経を整える

プロフィール写真

1959年生まれ

美容家、オーガニックスペシャリスト

自然や植物の力に着目し、オーガニックコスメをはじめ、スパ、漢方、食にいたるまで、ナチュラルで美しいライフスタイルを提案

オーガニックビューティの第一人者として知られる

この10連休、皆様はどうして過ごされましたか?

私は、久しぶりに料理家の木綿(ゆう)ゆか先生のご自宅を訪ね、

スリランカにあるアーユルヴェーダ・リトリートの「アーユピヤサ」のレシピから

基本の料理を5品教えていただいて参りました。

アロマテラピーや香りの専門家であり、

アーユルヴェーダも専門的に学んできた木綿先生とはもう15年以上のおつきあい。

ハーブやスパイスをしっかり取り入れて、体を元気に、

気の巡りを良くする料理を教えていただきました。

 

放って置くと食事はマンネリ化 

40年近く、私も皆さまと同様、毎日、毎日料理をしてきましたし、お料理は好きな方でした。

「なんでも見ないで作れるわい!」と思っていましたが、

気づくと最近のレシピはかなりのマンネリ化。

自分の作るものに飽き飽きしていたところです。

閉経を境に、体は弱くなり始めます。

体を支える基本は「食事」です。

今から食に飽きがきているようでは、この先、10年、20年の健康は支えられません。

結婚前や新婚時の料理教室でなく、

この年齢になったからこそ、料理を「学ぶべき」と思っています。

木綿ゆか先生の料理は、シンプルで、

誰でも簡単に素早くできるように工夫してあります。

今回は、木綿先生からレシピをいただきましたので、

皆様もご自宅で作ってみてくださいね。

 

 

アーユピヤサはスリランカの本格的アーユルヴェーダリ・トリートです 

1週間や10日としっかり時間を取り、

体のデトックスできる本格的リトリートとして有名なアーユピヤサですが、

お料理の美味しさも大人気。

お料理の美味しさもリピーターの多さを支えています。

木綿先生は、現地でシェフについて、しっかりとたくさんのレシピを習得していらっしゃいました。

今、日本でもヨガの人気とともに、改めてアーユルヴェーダにも注目が扱っていますが、

自分のバランスが崩れそうになった時に、アーユルヴェーダの考え方を思い出し、

実行すれば落ち着きを取り戻すことができます。

いずれまた、アーユルヴェーダのこともお話ししなくてはいけませんね。

 

 

どんなタイプの人にも合う基本のお料理を5品ご紹介します 

アーユルヴェーダでは人を体質、気質によってタイプ(ドーシャとアーユルヴェーダではよびます)分けし、

そのタイプに合わせたケアの仕方をするのですが、今回ご紹介するお料理は、基本中の基本。

どんなタイプの人にもお勧めしたいレシピです。

スリランカのお料理には、「モルディブフィッシュ」という日本の鰹節のような出汁を使うのと、

ミックスしたスパイスを使うのが特徴ですが、

簡単に作れるように最後に購入先をご案内しましたので、参考にしてください。

写真中央の茶色のフレークがモルディブフィッシュです。

 

 

空芯菜と紫玉ねぎの炒めもの

玉ねぎにからめたスパイスで空芯菜がおいしい! 

最初の1品は、空芯菜の炒め物。

いつものオイスターソース炒めに飽きていたところですが、これは新しい食べ方です。

モルディブフィッシュの出しと野菜用のスパイスミックスでとても美味しい1品に。炒め過ぎないのがコツ。

野菜用のスパイスミックスには、コリアンダー、クミン、カレーリーフ、アニス、マスタードシード、ターメリックが入っています。玉ねぎの精神安定効果とともに、たくさんのスパイスが神経に活力と安らぎを与えてくれます。

 

空芯菜と紫玉ねぎの炒めもの (4人分)

 

 材料

 

空芯菜              1束   → 茎・葉は長めに千切り

紫玉ねぎ              1/2個 → みじん切り

青唐辛子(辛いもの)       1本   → みじん切り

モルディブフィッシュ(※無ければかつお節の厚削り)  大2

マスタードシード         小さじ1/2

ココナッツオイル         大さじ1

ベジタブルカレーパウダー     小さじ2

ココナッツファイン        大さじ2

ライムの絞り汁          大さじ1

塩                お好みで

 

 

 

作り方  

❶ 鍋にココナッツオイルを入れて温めて、マスターシードを加えて、チリチリ音がしてきたら空芯菜・紫玉ねぎ・青唐辛子・モルディブフイッシュを加えてしんなりするまで炒める

❷ ①に水分が無くなってきたらベジタブルカレーパウダー 、ココナッツファインを加えて軽く混ぜ合わせて、塩で味をととのえて最後にライムの絞り汁を加える

 

 

 

インゲンとマッシュルームのカレー
インゲンのミネラルで気を休める

閉経後は糖尿病のリスクが上がります。これからは食べる順番というのが大事になります。

水溶性の食物繊維を多く含むきのこは糖尿病予備軍の私たちには嬉しい食材NO.1。

このカレーはマッシュルームをどっさり使います。

それとミネラルの宝庫とも言えるインゲンもどっさりと使います。

骨が弱くなってきた私たちに嬉しいカルシウムも豊富。

体も気分もかちんかちんに固まりやすい私たちに嬉しいマグネシウムも豊富。

ミネラルは、私たちの心の健康にも直結しています。

インドのカレーの作り方に比べて、油の量は控えめ、グツグツと長い時間煮込まないのも特徴。

スリランカ料理は、とてもシンプルでヘルシーと感じます。

あ〜きのこからは旨味成分もでて、本当に美味しいカレーになりました。

 

 

 

いんげんとマッシュルームのカレー (4人分)

 

 材料

 

いんげん         3パック → 食べやすい大きさに切る

マッシュルーム       3パック → スライス

ココナッツオイル     大さじ1

玉ねぎ(みじん)     1/2個

ベジタブルカレーパウダー   大さじ1

チリパウダー         小さじ1/2

ココナッツミルク       150ml

パクチー(みじん)      1束

塩              お好みで

レモン汁           大さじ1

 

 

 作り方

❶ 鍋にココナッツオイルと玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒めて、マッシュルームといんげんを加えて、混ぜながら弱火で加熱する

❷ ①に火が通ったらベジタブルカレーパウダー とチリパウダー 、ココナッツミルク、パクチーを加え混ぜ、馴染むまで中火で加熱する

❸ 塩で味を整え、レモン汁を加えて混ぜる

 

 

 

おいしいレシピは、次ページにも続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第60回
スリランカ「アーユピヤサ」の料理で自律神経を整える


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top