今年、貴女を「女」に変えるフランス映画

プロフィール写真

1959年生まれ

美容家、オーガニックスペシャリスト

自然や植物の力に着目し、オーガニックコスメをはじめ、スパ、漢方、食にいたるまで、ナチュラルで美しいライフスタイルを提案

オーガニックビューティの第一人者として知られる

今年、貴女を「女」に変えるフランス映画

 

 

最後に男と寝たのはいつ?

あなたに見て欲しいフランス映画があります。

 

 

「最近キレイだね!」なんて言われたら、どうしますか。

そんな時の私の返答は、悪い、良くない返答例。

「そんな〜」とか、「まあお世辞を・・」などと素直にありがとうと言えないのです。別のことに話をすり替えてしまったり。

それは、本当によくない私の癖。

 

 

確か、昔、誰かに注意されたこともあるような気がします。

「そういう時はね、ありがとう・・、って素直に言うものだよ。」

確かにその通りです。

 

 

本心は、人に「キレイだね。」って言われたくて、私達は、メイクをしたり、お化粧したり、美容にいそしんでいるのにね。

「ありがとう。うれしいわ。」と堂々と大人の女性らしくエレガントに答えるレッスンができていない。

私達、日本女性ははにかみ屋さんで、かわいい人たちなのだけれど、悪い言い方をすれば成熟していない。大切に一人の女性として見てもらうことに慣れていないのだと思います。

 

 

わざわざ自分を道化して、おばさんのように振る舞うことさえよくあること。

私もこれからは、変わりたい。

「ありがとう。うれしいわ。」って言えるように。

吉川さん イメージ

さああなたに見て欲しい映画があります。

ジャンヌモローが主役を務めるフランス映画です。

「クロワッサンで朝食を」というタイトルがついていますが、本当の題名は、

「パリのエストニア人」。

 

 

エストニアから来た生真面目な家政婦役のアンヌと

ジャンヌモロー扮するフリーダの会話。

 

 

フリーダ:最後に男と寝たのはいつ?

アンヌ: 私?愛していない人とは寝たくないんです。

フリーダ:美男子のインテリにクドかれても?

素っ気なく断るの?

もっと自分を愛さなきゃ?

変わらないとダメよ。

 

 

彼女の年齢は、いくつの想定なのかしら?

70歳かしら?

ベッドに横たわる彼女のナイティやランジェリーを見て!

ジャンヌモローの着こなすシャネルも素敵だから見て欲しい。

 

 

私はフランス映画が好き。

一見意味がないように見えることに、うんと意味があるから。

 

 

フランス女性のようにはなれないけれど、

いくつになっても女。

吐息と鼓動を瞳に映して。

恋をすることに臆病にならずに、

女性であることを愛したい。

 

 

吉川千明さんの毎日YOJO は こちら

シェア ツイート LINEで送る
第8回
今年、貴女を「女」に変えるフランス映画

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top