OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/mainichi_yojo/68601/

50代も半ば ー これが私の仕事です

吉川千明

吉川千明

1959年生まれ

美容家、オーガニックスペシャリスト

自然や植物の力に着目し、オーガニックコスメをはじめ、スパ、漢方、食にいたるまで、ナチュラルで美しいライフスタイルを提案

オーガニックビューティの第一人者として知られる

 

OurAgeインタビュー「美容の世界をあらゆる角度から学び、最高の知識で女性を救いたい」はこちら

記事一覧を見る

50代も半ば
これが私の仕事です

 

吉川_仕事場_1

今日は、私の仕事場をご案内致したいと思います。

 

今週は、大阪の高島屋さんで仕事をしています。

「吉川千明の厳選ナチュラルコスメ」、イベントの真っ最中です。

写真はイギリスのオーガニックブランド「イラ」とギリシャのオーガニックブランド「アピヴィータ」のスタッフさん。

9時40分から始まる売り場朝礼を済ませて、わたしはみんなに売り場の様子を聞いて回ります。

前日に売れたもの、売れなかったもの、どんなお客様がいらしたか?

お客様はどんなものを探していらっしゃるか?

もちろんお仕事ですから、一人一人が自分の売上も、目標もしっかりわかっているか、欠品がないか?数字も大切です。ブランドを一つ一つ回って、様子を聞いていきます。

私がお給料をお支払いしている、私のスタッフ達ではありませんが、そんなことはかまいません。

たった1日そこに立つ、1日限りの派遣さんでも一緒。

ちゃんと1人前の人として、関わりあう、私はそう決めています。

 

今回、イラさん達の接客は、とっても評判で、百貨店の中で働く人たちが、評判を聞きつけて、イラの製品が随分とたくさん売れていました。

アピヴィータさんも、とても穏やかで感じのよい説明で、ローヤルゼリーの入った私たちミドルエイジに評判の「クイーンビー」のシリーズのスキンケアが売れて、美容液など残り1本になっていました。

 

頼りになるネー様は私達世代

 吉川_仕事場_2

齋藤真奈美さん。私と販売員講座をやっている長年の仕事のよき相棒です。

今回は、ヴェリマさんの売り場に立ってもらうことにしました。

OJTと言って、現場で見せて直接教えることも大事です。

さすがネー様、私も斉藤さんがいると安心して仕事に没頭できます。

「齋藤さん!」と私が手を挙げるとパッと飛んできてくれて、難しい状態のお客様のお肌は彼女に伝えて、お顔の上で直接製品を試してもらいます。

私と同じメノポーズ(更年期)カウンセラーであり、国際ライセンスのエステティシャンの免状も持っています。皮膚科学にも精通しているので、

あうんの呼吸で、伝えたいことを理解してもらえます。

 

経験と知識、そこに向上心が加わって、

ミドルエイジには、ミドルエイジにしかできない仕事の役割があります。

私たちは、それを誇りに思ってよいと思います。

 

どちらかな? ー 柔軟な人が伸びるvs変わらない人が伸びる?

吉川_仕事場_3

フランスのオーガニックコスメ「フィッツ」のスタッフさん。

常に、謙虚で感謝の心の持ち主。

私の研修を受けていただいたことがあるのですが、

「あの時に、パッと気がづいた!」「先生のおかげです。」といつも言ってくれます。

「いや〜、あなたが感じとる、理解する力があったからよ。」と私は言います。

全ての製品が良いものでも、優先順位、プライオリティをつけて売っていかなくてはいけません。合理的に考える習慣が必要です。

そして、いつもみんなに伝えているは「お客様の言葉や行動に真実があるのよ。」自分が思い込んでいることを真っ白にして、真実に目を向けて見ることが必要です。コスメで言えば、お客様が喜んで2度目に買いにくるもの、リピートする製品がやっぱりいいもの、売れていくものです。

 

次のページに続きます。

私の大事な仕事は「人育て」と「オーガニックを広げていくこと」、そして「女性たちの健康」、この3つです。

私の仕事の軸です。

 

頭は常に柔軟に柔らかく、

でも信念、軸はブレないこと。

 

一見相反することに見えますが、これが重要なのだと思います。

 

今回私が売り場で買ったものをご紹介します。

吉川_仕事場_4

 

お客様の気持ちと同じ気持ちで仕事をしたい!いつも思っています。

百貨店、デパートの仕事の時は、売り場で買い物をするようにしています。

どんな時に自分が買いたい気持ちになったのか?

自分がどんなものに魅かれるか?

私の事務所には、どっさりと化粧品が送られてきますが、いただいものだけでは判りません。真剣にお化粧品を試すには、お客様として、自分のお金を使って買ってみなければ判りません。

 

私の昨日のお買いものをご紹介します。

写真は、「イラ」の「ナイトクリーム」と「美容液」。

アマゾン植物を配合した、ふんわりとしたジェル状のクリームと美容液です。

ホテルに持ち帰って使います。

気持ちよく肌になじみ、肌が内側から元気になります。

 

 

しっとりと細やかな粉を見つけたら即!買いましょう

吉川_仕事場_5

 

写真は、ドイツの「ドクターハウシュカ」のアイシャドー。

淡いベージュはベースとして。その上にやさしいスミレ色の2色を使いわけます。ドクターハウシュカは、世界でも最も古く、由緒正しいオーガニックコスメブランドに入りますが、製品は常に研究されており、メイク製品にも定評があります。

 

 

白鳳堂の筆を買うならここ! ー 化粧筆を買い足しました

吉川_仕事場_6

 

メイクは筆で決まる!

アイシャドーのおまけについてくる小さなチップではメイクはできません。ドクターハウシュカのアイシャドーを買ったついでに化粧筆を買い足すことに。白鳳堂さんの化粧筆は有名ですが、ここ高島屋の売り場は、店員さんの質が高いことでも有名です。最近は、海外からのお客様に取り囲まれて、昼間は、混雑して私たちが寄り付けないほど。

今日は、目元用とリップ用、合計5本選んで買いました。

 

どうして、ここで買いたいのか?買わないのか?自分の気分を検証しながら、「販売」や「接客」というものを考えます。

私は現場が好き、お客様が好きなんだなと思います。

後輩を育てているつもりが、自分が育てられているのだと思います。

体調を管理しながら、これからも頑張っていきたいと思います。

「商売商売」

商売させていただいて、お客様に喜んでいただいて。

「ほんま、おおきに!」

今すぐチェック!

ドモホルンリンクルに踏み切れない、みんなのもやもやポイントって?

ドモホルンリンクルに踏み切れない、みんなのもやもやポイントって?

PR
ドモホルンリンクルの愛用者に聞きたい。実際のところ、使ってみてどうなの?

ドモホルンリンクルの愛用者に聞きたい。実際のところ、使ってみてどうなの?

PR
<前の記事

<前の記事
第21回/今日は、大人の遊び…

次の記事>

次の記事>
第23回/「こんな京都はどうかしら?」最近は、なじみのホテル、なじみの場所。…

この連載の最新記事

コロナ下の更年期、揃えて欲しい3つの精油

第70回/コロナ下の更年期、揃えて欲しい3つの精油

更年期、わたしは女でなくなるの?

第69回/更年期、わたしは女でなくなるの?

閉経前後、花粉の時期のスキンケア、どうすればよい?

第68回/閉経前後、花粉の時期のスキンケア、どうすればよい?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル