美のプロの実感。「見た目の印象を左右するもの、それは……」


“若々しくて美しい人”という印象を、私たちは一体何から感じ取っているのでしょうか。

美容エディターの松本千登世さんは、真の美しさとは何かを、繊細な感覚で捉えて表現する達人。MyAgeやOurAgeの連載、『もう一度、大人磨き』でも、その洞察力と流麗な文章が読者の感動を呼んでいます。そんな松本さんに、ご自身の美の習慣を交えながら「見た目の印象の秘密」を解き明かしていただきました。

松本千登世(まつもとちとせ)/美容エディター
1964年生まれ。客室乗務員、広告代理店勤務、出版社勤務を経てフリーランスに。自らの経験に基づいた審美眼によって語られる、エッセイや美容特集がつねに注目の的。著書に『美人に見える「空気」のつくり方 きれいの秘訣81』(講談社)などがある。

 

*  *  *

◆見た目の印象は角層で決まる!?

「見た目の印象に影響を与えるものというと、髪型やファッションなどさまざまな要素がありますが、私たちの目は、実は肌の状態から相手の印象の多くを感じ取っています。特に、頬のツヤ感や顔全体の透明感などから『若々しいな』とか『きれいな人だな』といった印象を持つのです」

と話す松本さん。肌が印象に及ぼす影響は想像以上に大きいといいます。

 

「肌には、その人がどのようなものを食べ、どんな風に眠り、どのような暮らしをしているかもあらわれます。肌はごまかせないんですね。

 

そのように見た目の印象を左右する肌ですが、私たちが見ているのは肌の表面にある『角層』部分。この角層が潤っていることでキメが整い、ツヤ感や透明感があらわれます。たった0.02mmしかない角層で、見た目の印象が大きく変わるんです」

◆すりガラスに水がかかったような、あの透明感

角層は潤っていないとどうなるのでしょうか?

 

「よくお話するたとえですが、すりガラスに水をかけると透明感が出ますよね。角層でも同じことが起きています。お風呂上がりに血色がよく見えたり肌に透明感が出るのは、角層に水分が保たれているからなんです。逆に、肌がくすんで見えると感じるのは、角層が乾燥しているとき。角層がしっかり潤ってキメが整っていると肌はつるんと見えますが、乾燥してキメが整っていない状態になると、めくれた角層によって小さな影がたくさんできてしまいます。それが全体的にくすんで見える原因なのです。

 

地下鉄の窓やショーウィンドウに映った自分を見て、ギョッとすることはありませんか?(笑) それは顔の影を感じ取っているからなんですね。角層が乾燥して、キメが整っていないから小さい影がたくさんできて、想像以上に老けて見えてしまう。

 

もちろん、小じわやほうれい線、“顔の下半身”のたるみなど、細かな老け見えの要素はありますが、パッと見たときのくすみ感は、顔の全体的な影からくるもの。若々しさというのは潤いによるツヤ感です。ツヤさえあればぴかっと輝いて見えるんです」

 

くすみは角層の潤い不足による影も原因だったなんて、ちょっと驚きです!

 

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第24回
美のプロの実感。「見た目の印象を左右するもの、それは……」

  • To Top