秋田県美郷町のラベンダー園へ。ホワイトラベンダー美郷雪華(みさとせっか) を見ることもできます。

プロフィール写真

秋田県在住。映画と猫とスキンケアが大好き。同級生とギター&ボーカルのユニットを組み、たまに音楽活動も。20年来のパートナーが経営する、地元密着型居酒屋で働き、お休みには友人とのお出かけを楽しんでいます。県内と、お隣の岩手県(知り合いが多数在住!)など、私の東北ご近所旅をお楽しみいただけたら、と思います。

北海道まで行かなくても、秋田でも広々としたラベンダー畑を堪能できるんです。
秋田県美郷町にある、美郷町ラベンダー園。
思いがけず、予定が変わって午前中におでかけできることになり、快晴の今日はさっそくラベンダー園へ。


まだ少し時期が早いため、5分咲きぐらいかなぁというところでしたが、休日なので駐車場はいっぱい、昨日からラベンダー祭りも始まり、出店もたくさんあり、とても賑わっていました。

 

約2ヘクタールの広大な畑に、2万株のラベンダーが植えられています。


園の入り口には地元キャラクターのミズモくんの看板があり、そのすぐ側から土日だけの「こぐまちゃん号」(200円)が運行されていて、ラベンダー園をぐるっと1周できます。

 

子どもたちだけで乗ってまわってきて、親御さんが「おかえり~!」と迎えて、お子さんが「ただいま~!」と抱きついている、とても微笑ましい光景が見られました。家族でのおでかけにもピッタリですね。

 

ここ美郷町は、北海道中富良野町と同じく、ラベンダーが町の花なんですよ。そういった共通点から、何年か前に交流が始まり、中富良野町から贈られたラベンダー、濃紫早咲(のうしはやざき)が植えられているコーナーもあります。

そして、美郷雪華(みさとせっか) というホワイトラベンダーがあるのですが、なんと美郷町ラベンダー園で発見された品種なんです。平成25年に品種登録され、美郷町がラベンダーのオリジナル品種を保有することになったそうです。

ラベンダー特有の爽やかさと、やさしく甘く感じられる香りが特徴で、中富良野町との交流開始以降、定期的にそれぞれの町の苗を交換しており、北海道中富良野町の町営ラベンダー園では、「美郷雪華」を見ることができるのだそうです。中富良野町のラベンダー園にも、秋田・美郷町との交流についての看板があるんですね。嬉しいことだな、と思います。

 

その美郷雪華の隣には、紫よりも薄青い色をした「サキガケ」という品種があり、白と薄い青紫のコントラストが綺麗です。

帰りは、今や秋田名物となった「ババヘラアイス」を購入。

皆さんババヘラアイスはご存知でしょうか?テレビ番組でも何度か取り上げられていたので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、オバチャン、バアチャンがヘラを使ってシャーベットアイスをコーンに手際よく盛るアイスのことです。
黄色とピンクのアイスで、何年か前に「バラ盛り」という、バラの花のように綺麗にアイスを盛りつける、ババヘラのプロが現れ、その後、今はバラ盛りがスタンダードになったようで、今日のババヘラアイスもお花の形、バラ盛りでした。

久しぶりに食べましたが、昔ながらの懐かしい味。美味しいですよ。私の前に小さい女の子たちが5人いて、今日もババヘラさん、忙しそうでした。

 

このラベンダー園、隣接している大台野広場には、ピクニックやバーベキューにも最適な芝生広場や、子どもたちに大人気の遊具がたくさんの冒険広場、その他グランドゴルフ場や休憩所などもあるようです。これからの行楽にも最適なところです。

 

帰りはまた、以前紹介した農業科学館へ。バラフェスタが10日ほど前から始まり、4~5日前に全品種が咲き揃ったという情報が入ったので、写真を撮りに寄ってみました。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top