OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/156912/

次のヘアドネーションに向けて美容室へ。31センチ以上伸ばします。

まずは地元の同期生が経営するヘアサロン「CUBE /キューブ」さんへ。
今年の春にヘアドネーション活動へ髪の毛を寄付してから、半年ほどショートヘアを存分に楽しんだので、そろそろまたヘアドネーションに向けて髪を伸ばす準備を。

 

開店前にサロンオーナー町田さんが、愛犬エースくんのお散歩をしているので、エースくんの写真を撮りたいために朝イチの予約をして早めに行きました。
今年5才になるエースくんは、とても大人しくて人懐こい、カワイイわんちゃん。イケメンくんですね~。

お散歩のあと、町田さんの奥さんがエースくんを家に連れて行き、戻ってきます。奥さん美人さんなんですよ~。写真撮りたかったんですが、恥ずかしいので……ということで、NGでした。残念!

 

千葉県出身の奥さんもヘアスタイリストさんで、東京で知り合ったお2人は、町田さんの地元・ここ大仙市でお店を構え、ご夫婦でお客さんの対応をされています。

 

学生さんから私たちの世代、もっと上の世代の方々、男女問わず幅広く対応できる人気のお店です。
私のカットスタイルは、伸ばしやすいように、さらに素敵なOurAge世代に見えるように!と、アレンジもしやすいスタイルに切りそろえてもらいました。

次のヘアドネーションまで、おそらく2年ほどかかるでしょうが、途中でくじけずまた頑張って31センチ以上伸ばします。綺麗な状態の髪の毛を寄付するために、頭皮ケアの他にもエイジングヘアのためのヘアケアを、しっかりしようと思っています。

 

ヘアドネーションの準備カットをしてもらったそのあとは、パートナーくんと一緒に仙北市田沢湖生保内(せんぼくし、たざわこ、おぼない)にある、「山のはちみつ屋」さんへ。

深さ423メートルという淡水カルデラ湖、秋田が誇る日本一深い湖・田沢湖のすぐ近くに、山のはちみつ屋さんはあります。こちらでは、はちみつやジャムなどの試食に、はちみつフルーツ酢という飲み物の試飲もできて、それもお目当てで行ったりします(^^)

 

田沢湖畔からのショット。


赤いロンドンバスが目印のはちみつ屋。

 

田沢湖までは、自宅から車で1時間ほどで行けます。

「山のはちみつ屋」さんに到着してまずは、広い敷地の中にある、行ったことがなかったピザ工房さんへ直行。まだ時間は大丈夫だろうと、寄り道しながらゆっくり行ったらラストオーダーの4時ギリギリになってしまい、おそらくもう店じまいの準備をされていたのかもしれません。それでもお店をのぞくと、従業員の方々が「どうぞ、お気遣いなく。」と、とてもにこやかに対応してくださって、ラストオーダーなので私とパートナーくんの2人だけでしたが、気持ち良くお食事できました。可愛らしいつくりの店内は広々としていますし、とってもいい雰囲気のお店です。

 

注文したのはマルゲリータのセット。ミニサラダとドリンクバーがついています。

テーブルには、ピリリと辛味をつけたオリーブオイルと、ハンガリー産アカシヤはちみつが置いてあり、パートナーくんはオリーブオイル、私ははちみつをかけて食べました。

 

はちみつをかけて食べる、”オススメの食べ方”というのがメニュー立てに書いてありましたが、これがホントに美味しい!メニューには、はちみつ○○ピザというのが2~3種類あったと思いますが、次回はそちらをいただいてみたい。
香ばしくとろけたチーズとトマト・バジルに、はちみつの甘さが加わって、口の中に広がるなんとも言えない香りと優しい甘味が、クセになります。

 

ピザに舌鼓を打ったあとは、はちみつ屋さんへ向かいます。こちらは営業5時半まで。
ピザ工房さんから向かう、はちみつ屋さん裏手の壁は、1面可愛らしいアート作品になっています。

 

山のはちみつ屋店主さんが、お客様に素敵な思い出作りをしてもらいたい!と、地元美大生2人にデザイン・制作を協力してもらい、はちみつ屋ならではの素敵なフォトスポットが出来上がりました。
私も、もちろん1枚撮影!

明るい店内に入ると、たくさんのはちみつと、はちみつを使った商品がズラリと並び、そこにいるだけで楽しくなります。

珍しいものや、興味をそそるもの、そんな商品がたくさん溢れています。もう全部買って帰りたくなってしまいますね~。

私たちが写真を撮らせてもらったり、ジャムなどの試食と、はちみつフルーツ酢という商品の試飲をさせてもらっていると、この日もドドっと観光客の方々がいらして、急に店内は賑やかで忙しくなっていました。来店時はいつもこんな感じで観光客の方がたくさん来ます。やはり人気のお店です。

 

そしてお目当てのこの商品を。

レモンのコンポートと、お水やお湯で2倍~4倍に薄めて飲むはちみつフルーツ酢の、はちみつショウガ酢を購入。寒くなってきたので今回はショウガに。ざくろ・柚子・ブルーベリー・ドラゴンフルーツのはちみつ酢など、他にもたくさん種類があります。

 

もうひとつ、こちらの美味しいソフトクリームも。サイコロをふって、8の目が出たら蜂の形のチョコを8個つけてもらえるんです。8以外の目なら1個だけ。私は2の目だったので、チョコは1個。それでも嬉しい気分になります。

 

さて、 田沢湖といえば辰子姫伝説。せっかくなので辰子姫の像のほうをまわって行こうとお店を出ましたが、店内にいたほんの20分ぐらいの間にとっぷりと日が暮れていました。

 

山のはちみつ屋さんから辰子姫の像までは車で約15分ほど、着いたときはまだ5時を5分ほど過ぎたばかりでしたが、ホントに真っ暗で、日が短くなったなと実感。田沢湖まわりは灯りが少ないので、特に暗く感じます。

でも、藍色の空と湖の中に立つ金の辰子像もなかなか素敵。以前来たときに写した明るい空の下の辰子像も載せておきます。

 

そして田沢湖は、タレントでありイラストレーターであり、東京海洋大学客員准教授のさかなクンが発見した、クニマスの里でもあります。

 

 

かつて田沢湖のみに生息していたクニマスは絶滅したと思われていましたが、2010年にクニマスのイラストを依頼されさかなクンが、似た姿のヒメマスを取り寄せたところ、山梨県の西湖から送られてきた魚がクニマスの特徴とあまりに似ていることに気づき、再発見となりました。

 

 

田沢湖から西湖に送られたクニマスの受精卵を放流したものが、繁殖を繰り返して生存していたと考えられているそうです。

 

 

現在、田沢湖ではクニマスの復活を目指して奮闘中ですが、玉川からの強酸性である水が流入しているため、湖水の問題でまだまだ復活は難しいようですが、携わっている方々皆さん頑張っています。いつかはきっと復活しますように!

 

 

山のはちみつ屋 ・ピザ工房

http://www.bee-skep.com/

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#東北 #秋田

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル