ウォーホルと白金のフレンチと。帰京のシアワセな時間

プロフィール写真

フラワーアレンジメント教室主宰兼主婦。昨夏より夫の転勤に伴い、東京都港区から熊本市へ。風光明媚で食材・水・温泉に恵まれた九州のいろいろな場所を、これからくまなく歩き回りたい!

森美術館 アンディ・ウォーホール展 ポスター

 

かねてから行きたいと思っていた森美術館10周年記念展

「アンディ・ウォーホール展:永遠の15分」。
帰京の折にタイミング良く時間が空き、訪ねることが出来ました。

 

彼の作品というと、キャンベ ルのスープ缶やマリリン・モンロー、

花をモチーフにしたものなどが思い浮かびます。

そして、銀髪のウィッグを被った彼の姿。
とにかく存在自体が「斬新」。そんなイメージがあります。

入口では 作品のひとつ「BMWアート・カー」がお出迎え!

森美術館 BMWアート・カー

不思議なのは、どの作品も色鮮やかで個性的。

にも関わらず、すんなりと目に入ってくるのは、

彼のスタートがグラフィックデザイナーだからでしょうか。
どの作品も、斬新で、色鮮やかで、どこかとても客観的。
セレブリティたちの肖像画も、人間らしさに溢れる・・・というよりは

「人型のモチーフを見ているよう。そのモチーフ達と色の織り成す世界を

彼自身楽しんでい たのでは・・・?と、作品を見れば見るほど思ってしまいました。

 

ポップで美しい彼の作品を楽しんだ後は、

その足で白金高輪のナチュラルフレンチレストラン「ラ・クープドール」へディナーに。

白金高輪 ラ・クープドール 店内

メートルドテルの伊佐さんと。
伊佐さんとは以前からのお知り合い・・・ということもあり、友人を含め、

懐かしい 話に花が咲き、楽しいお時間を過ごすことが出来ました。

 

こちらは昨年オープンしたばかりながら、高い評価を受けているお店です。
シェフの坪香氏は、南仏やパリで修業を積んだ方。

自然派レストランでのご経験もあるだけに、お料理はどれも

軽やかで繊細なものばかり。
食材にも、こだわりがおありのようです。

ま ずは友人とアンリ・ジローのエスプリ・ブリュットで久しぶりの再会に乾杯!

 

アンリ・ジロー エスプリ・ブリュット

ラ・クープドール 前菜

アミューズの「シナモン風味のフォアグラのサブレ、

桜とトリュフのパンケーキ」の登場です。春ですね~。

 

その他にも春の味覚を使ったお料理の数々。
どれも軽やかな味付で、コースの最後まで美味しく頂けました。

こちらはメインで出して頂いた

「骨付き仔羊のグリエとポム・マケール ふきのとうのアクセント」。

ラ・クープドール 子羊の料理

 

周りを見渡すと、カップルでお食事を楽しんでいらっしゃる方がとても多く、

気軽な気持ちでゆっくりとフレンチが楽しめる居心地の良いお店・・・

という印象を持ちました。
次回は夫を誘って、お食事に伺いたいと思います。
森美術館 アンディ・ウォーホール展
http://www.mori.art.museum/jp/
La Coupe d’Or (ラ・クープドール)
http://www.lacoupedor.jp/

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

◆おでかけ先でも髪のトップ、ふんわり感をキープしたい!
朝、せっかくセットしたのにおでかけ先でぺたんこ頭なんて、悲しい! だからスタイリングの仕上げに、髪のトップを持ち上げて、ケープ3Dエクストラキープで根元にさっとスプレーしてみてください。ふんわり感がキープされて、鏡を見るのも楽しくなりそう。ケープといえば若い頃、お世話になった方、多いのではないでしょうか? どんどん改良が重ねられ、今は面で固めるのではなく、髪を点と点で支えるので空気を含んだようなふんわり仕上げになるのです。さらに耐湿キープ処方なので湿気にも強く、ふんわりスタイルで1日気持ちよく過ごせますよ。春のおでかけ、楽しんでくださいね。


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
2014/04/11
ウォーホルと白金のフレンチと。帰京のシアワセな時間


  • To Top