OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/83150/

雨で肌寒い東京から、夏日の博多へ。コーディネートは両方の天気を考えて

小林一美

小林一美

「Le pivot(ル・ピボット)」デザイナー。
20代よりデザイナーとして活躍し、12年に表参道の裏通りに、自身のブランド「ル・ピボット」のオフィス兼ショップを構える。素材への思い入れが深く、着心地のよさでファンになる大人が後を絶たない。料理や器など、暮らしまわりへの造詣も深い。若い頃から、出張を含めて旅が多い。

記事一覧を見る

お盆明けに福岡に行きました。

取引先を周る出張ですが、久々の九州!

福岡に行くと、まずはいつもお世話になっている会社にご挨拶に伺います。

薬院にある天空丸さんのオフィスでお茶をご馳走になりお買い物。

インドで作られているカンタのストールを購入しました。

小林_福岡1

オフィスの1階がお店になっています。店名は、「TIGLE BROCANTE

 

 

そして社長ご夫妻とランチへ。前から伺いたかったお店「汁飯屋・いりえ」をリクエストしてしまいました。

小林_福岡2

お店の入江さんとは前職からの古い知人です。

食事は、入江さんのおばさまが主に作ってらして、メニューは、その日の素材でおまかせランチ・甘味付。

身体にやさしくて、しっかり満腹感のあるランチです。

毎日通いたくなる美味しい食事をご馳走になり、次のお店まで送って頂き、さて仕事です。

 

九州のお取引先はまだ少しですが、平尾駅近くの「M&M」さんへ。

小林_福岡3

アイテムは限られてますが、今泉にある 「Gouache(ガッシュ)」さんへ。

小林_福岡4

どちらのお店も、丁寧に接客して下さっていて、お店も広いのでゆったりお買い物できます。

お近くの方は是非!

 

初日の仕事を終えて、夜は博多座で観劇です。仕事とプライベート、ハーフ・ハーフは理想ですね。

たまたまチケットが取れたミュージカル・エリザベートを博多でも観ることが出来ました。

博多座は初めてでしたが、音響もよく見やすくて、とてもいい劇場でした。

帝劇だと即日完売のチケットが、地方公演ではまだ残席があるなんて、ほんとにもったいない。

まだ間に合う方は是非。福岡の後は大阪・梅田、最後は名古屋の中日劇場です。

 

さて、この日のコーディネートは…次のページに続きます。

この日、東京は朝から雨で肌寒かったのですが、福岡はまだ夏日でした。

ノースリーブと羽織で、両方の天気に合わせました。

小林_福岡5

小林_福岡6

洋服は、Le pivot、バッグはヘレンカミンスキー、スニーカーは、ブッテロです。

小林_福岡7

小物のアップを。

ネックレスは、2本ともMAISON RUBUS. ピアスは、iberi

ネイビーにチャコールの糸で作って頂いた帽子は、sashikiさんにオーダーしました。

2日間ともこのバングルで。こちらもMAISON RUBUS.

小林_福岡8

 

そして夜は…、次のページに続きます。

この日の夜は、ミュージカル通の友人と落ち合い、役者さんお勧めのお店で食事しました。

博多座から歩いていける 「博多DINING伴ノ字」。

お刺身からチキングラタンまでと、色々な種類のメニューなのですが、どれも美味しくてびっくりでした。

名物のフレンチトーストは、少し時間がかかるので、最初にオーダーしておきます。

小林_福岡9

美味しい美味しいと食していて、フレンチトーストの写真しか撮ってなかった・・・・。ごめんなさい。

 

そして翌日は、ちょっと遠出です。

新幹線と在来線を乗り継いで、豊前松江(ぶぜんしょうえ)という駅に着きました。

小林_福岡10

小林_福岡11

パタゴニアのバッグは、夏の1泊なら十分な容量です。

洋服は、Lepivotで、定番のタックスカートは2日目も着用して、トップスとネックレスだけ替えました。

小林_福岡12

帽子・ピアスはそのままで、ネックレスはMAISON RUBUS.です。

 

ほかにも立ち寄ったところがあります。次のページへ!

駅からタクシーで向かった先が「1113(イチイチイチサン)」というお店です。

8月19日~29日まで、Le pivotのブランド紹介をして頂くコーナーを作って下さいました。

こう言っては何ですが、すぐ近くに道の駅がある以外は、ほかに何もなく、

どうしてここに???という立地のお店ですが、

オーナー夫妻の温かいお人柄と、センスの良さが魅力で、遠方から訪ねてこられる方も多く、

限定のランチもとても美味しくて遠かったのですが、伺って本当によかったです。

オーナーの洞口さんは、もう15年以上前からの知り合いで、ご縁がつながっています。

配列や什器の高さなど、相変わらず上手だなぁと、とても勉強になりました。

小林_福岡13

大きな窓のある壁を境に、11の部屋と13の部屋に分かれています。

こちらが11の部屋。食事を頂けます。

小林_福岡14

朝採り野菜をのせたカレーランチ。

小林_福岡15

お父様が作っている朝採り野菜は、購入できます。

小林_福岡16

13の部屋。

小林_福岡17

洋服と小物の、雑貨のバランスが丁度良く・・・。

小林_福岡18

Le pivotも置いて頂いてます。

小林_福岡19

道の駅に寄って頂いたら、OurAgeのブログの連載を見て下さっている方がいらして、ますます来てよかったー!と思いました。

そしてお勧めの柚子胡椒など、持ち込みできるものは買い込み、

お土産で頂いた美味しいと評判の胡麻油のおじさんの所「ゆたか商店」へ。

この胡麻油はとってもおすすめで、香りが立つし、豚汁が格段に美味しくなりました。

 

おじさんの笑顔が素敵過ぎて、一度さようならと言ったのに、戻って写真をお願いしました。

小林_福岡20

手を振る姿も何とも言えず、田舎の親戚に会いたくなりました。

九州の人たちは、そんなことをじんわり思わせてくれることが多い気がします。

 

福岡市内に戻って、時間的に行ける範囲のお店をリサーチして空港へ。

短い時間でも充実していると、住んだこともない福岡が懐かしく感じられて、やっぱり旅は良いなぁと思った2日間でした!

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#九州 #福岡 #食べる

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜 今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜
<前の記事

<前の記事
第14回/メキシコ色が引き立つ黒のワンピースで「UTSU-WA?」の会へ。…

次の記事>

次の記事>
第16回/大きめショルダーでアートブックフェアへ。キャンパスに合う腕時計にもこだわって。…

この連載の最新記事

夏から秋へ。季節の変わり目コーディネートは小物類が活躍します

第43回/夏から秋へ。季節の変わり目コーディネートは小物類が活躍します

久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

第42回/久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

第41回/9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル