「ヘナ」ってどう染めるの?


髪と頭皮に優しい白髪染めでツヤ髪に!

 

年齢を重ねるごとに頻繁になる白髪染めで、気になるのは髪と頭皮へのダメージ。

悩んでいる人は、今こそ見直すときかもしれません。

 

 

植物由来のヘアカラーが注目です

昨今のオーガニックブームでヘアカラーにもその波が!
天然成分100%のヘナをはじめ、多彩に登場しているハーブなどを使ったヘアカラーは、試す価値アリです。

 

今回は、「ヘナ」の染め方について詳しくご紹介します。

 

 

お話を聞いたのは

齋藤 徹さん

(ヘナマイスター、「マシュー広尾」代表)

資生堂美容学校を卒業後、都内のヘアサロン勤務を経て、1996年に「マシュー恵比寿」を開業。ヘナ歴20年の経験をもとに、2017年にヘナ専門サロン「マシュー広尾」をオープン。ヘナ教室も定期的に開講している

 

 

 

「ヘナ」ってどう染めるの?

 

お客さまからリクエストの多い、
自然な髪色がかなう2度染め

 

白髪がオレンジ色に染まる天然100%のヘナは、白髪の生え具合によっては素敵なハイライト効果を生みます。でもオレンジ色の髪では日常生活に支障がある場合も。そのような場合におすすめなのが、ハーブを組み合わせた2度染め。

 

「オレンジ色に染めたあとにさらに『インディゴ』で重ね染めし、ダークブラウンに仕上げます。『インディゴ』入りのヘナで1度染めすることもできますが、2度染めのほうが色もちがいいので人気があります」(齋藤さん)

 

 

■1度染め■

 

1 ヘナの染料の元となるパウダーから色を選ぶ

マシュー広尾で使用しているのは天然100%ヘナの「ナチュラル」(上写真右端)と髪色を暗くする「インディゴ」(右から2番目)のほか、その両方を7:3の割合でブレンドしたもの、色のつかないトリートメントタイプの4種。今回は、最初にオレンジ色に染まる「ナチュラル」を使います

 

 

2 「ナチュラル」のパウダーを湯でペースト状に

 

 

3 根元に塗る

髪が伸びてきた部分のリタッチをするため根元から塗りはじめ、その後に髪全体にヘナを塗布します。ヘナの成分は時間をかけて徐々に抜けていくので、通常のヘアカラーとは違って毎回髪全体に施すのが特徴。繰り返すほどにヘナが定着して髪が美しく整います

 

 

4 全体に塗る

 

 

5 ラップをして40分ほどおく

40分ほどおくとヘナの成分が髪に浸透するので、一度「ナチュラル」を洗い流します。白髪だけがオレンジ色に染まって、黒い髪はやや明るい色に。白髪部分をオレンジ色に染めたい場合は、これでカラーリング終了。2度染めをする場合は、タオルドライをして濡れた髪のまま、次のステップへ進みます

 

 

6 洗い流す

 

 

2度染めのプロセスと仕上がりは次ページでご紹介します!

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top