おしゃれな風呂敷の専門店「唐草屋」

プロフィール写真

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを
経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

京都室町通は、昔から呉服商が多い通り。そこにある明治34年創業の「宮井株式会社」という袱紗・風呂敷問屋の老舗が、平成19年に風呂敷文化の発信および啓蒙活動の拠点として「唐草屋」という風呂敷専門店を開業しました。

布というものが生まれてから、ものを包む布「風呂敷」の歴史はスタートします。ものを保管、運搬する「風呂敷」は、まさにあらゆる時代に日本人の生活に欠かせないものとして存在してきたのです。でも、今、ものを運搬する道具として、日常的に「風呂敷」を使う人の数は激減。さまざまなタイプのバッグが、「風呂敷」に替わっています。

 

日本文化のひとつである「風呂敷」の魅力を、現代の人にもっと知ってほしいという宮井社長の思いから生まれた風呂敷専門店「唐草屋」。そこには、現代の生活でも、さまざまなシーンで活躍できるカラフルでモダンな「風呂敷」が、種類豊富に並んでいます。

 

 

「風呂敷」と一口に言っても、そのサイズはさまざま。金封やお弁当などを包む45センチ幅から布団2組をすっぽり包む238センチ幅まで、包むものによっていろいろな種類が揃っています。実は、正方形と思われがちが風呂敷ですが、実は、縦の長さが横より2~3%長くなっているのだそう。それは伸縮作用がより働き包みやすさがアップするため。長い歴史の中で生まれた先人の知恵なのです。

また素材も、絹、綿、レーヨン、ポリエステルなど、包むものの大きさ、重さ、目的によって選ばれてきました。

本当に風呂敷の種類の多さに驚くばかりです。

 

 

さて、このお店を訪れて、あまりの種類の多さに、自分に合う風呂敷を見つけるのに悩んでしまいます。そんな人には、お店の方が用途にあった風呂敷をアドバイスしてくれます。また、ただ結ぶだけではなく、まるでバッグのように開閉が容易で持ちやすい結び方や扱い方なども教えてもらえます。

「どんなものでも包めるんですよ」とお店の方。瓶や立体的な品々など袋に入れにくいものでも、風呂敷なら、持ちやすく、また美しい姿になり、そのまま贈り物にも…。「ワインを包むのも素敵ですよ」と。

さらに布のデザイン、その配色具合で、1枚の風呂敷もさまざまな表情を見せてくれるのに感激。結び方で内側の色が外に現れたり…そのバリエーションの多さも風呂敷ならではの魅力です。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第100回
おしゃれな風呂敷の専門店「唐草屋」


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top