夏疲れ髪の3大悩みを解消!⑨【パサつき・褪色】その4

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

ミーナが気になる、「紫外線による髪のダメージ」。実際、髪はどのような状態になり、どんな影響があるのでしょう。ダメージの進行や具体的な変化について、髪のプロに聞きました。やっぱり、薄毛を誘発するらしい・・・髪のUVケアはマスト!

 

 

UVによる頭皮や髪への影響をチェック

 

キューティクルを傷つけダメージ毛に。
カラーの褪色も進行

紫外線の影響 ダメージの進行

「健康毛では整然と並んでいるキューティクルが、

紫外線を浴びることで剝がれやすくなり、

多くのキューティクルホールを発生することが、

最近の研究でわかってきました。

肉眼では見えない微細なダメージですが、

枝毛や切れ毛の原因になると考えられています」

(坂口さん)

 

「キューティクルが剝がれるとヘアカラーが褪色。

OurAge世代の白髪染めは、

色あせすると一気にツヤが失われるため、

UVケアはマストです」(NAOMIさん)

 

 

頭皮の老化を早め、

薄毛や抜け毛を引き起こすことも

 

「紫外線によって頭皮のバリア機能がダメージを受けます。

そのダメージが進行すると皮膚が炎症を起こし、

さらに薄毛や抜け毛の原因にも」(坂口さん)

 

「日常の紫外線で、分け目のところだけ焼けている人も。

これから生えてくる髪に悪影響を及ぼすので、

毎日のUVケアをおすすめしています」(NAOMIさん)

 

 

 

坂口奈那さん顔写真小

坂口奈那さん

ビューティーエクスペリエンスでモルトベーネの商品PRを担当。

ヘアケアマイスターの資格を生かし、情報を発信。

 

NAOMIさん顔写真小

NAOMIさん

ヘアサロン「Ramie」代表。

確かな技術とセンスによる上質なスタイルの提供で、

大人の女性から絶大な信頼が。

 

 

撮影/板野賢治  構成・原文/蕨 康子

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top