HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/otona_beauty/beauty-report/191674/

スキンケア革命!美肌へ導く「湿潤環境膜」とは?

スキンケア技術がここまで進化しているとは驚きです!
花王エストの新製品「エスト バイオミメシス ヴェール」の発表会に行ってきました。

バイオミメシスとは「生体模倣」を意味し、肌の営みに学ぶという意味。

 

今回発表された商品は、花王が開発した、たった1本の糸から肌の表面に極薄ヴェール膜をつくる技術「ファインファイバーテクノロジー」をスキンケアに応用したもの。このファインファイバーテクノロジーは、一緒に使う製剤との組み合わせによって、メイクや医療など、あらゆる価値領域への活用が考えられるそうです。

 

今回発表された「エスト バイオミメシスヴェール」は、肌に「湿潤環境膜」を作り出すことで肌の力をUPさせるスキンケアです。

 

では、その「湿潤環境膜」とは何かというと、肌の水分が蒸発し過ぎず、閉塞された状態でもない、美肌をもたらす絶妙なバランスの「肌湿潤環境」をつくる膜のこと。


使い方は簡単。

まず、ヴェール膜形成の前に、スキンケア効果を発現させる美容液「ヴェールエフェクター」を肌に塗布。そのあと、ファイバーのもととなる「ヴェール ポーション」を、ヴェールを噴射するための専用機器である「ディフューザー」で吹き付けます。あとはそのまま一晩眠るというもの。

翌朝ヴェールをはがすと「一晩で肌が変わった!」と実感するそうです。世界の乾燥地域でも実験を行い、2週間で健康な肌に変わったというデータにも驚き。

 

そして、美の専門家たちからも絶賛の声が届いています。

 

美容家・小林ひろ美さんは「内側からパンと張った感じ!『夜間エステ代行』ですね」。同じく美容家の石井美保さんは「肌の環境をコントロールすれば、誰でも年齢や環境に左右されずに美しさを育み、引き出すことができると実感します」。医師の友利新さんは「一番感動したのは毛穴へのアプローチ。ファインファイバーを剥がした後の潤い感もすごい!」

 

とコメント。他にも、使用した方々は
●日に日に肌がよくなる感じ、化粧品では感じたことない!
●毛穴の変化に感動、内側から押されている感じ
●エステに行ったときよりも肌の状態がいい
●次の日にびっくりした、肌の状態が上がった

 

と“驚きの肌体験”をみなさん実感しているようです。

 

私たちも手元で体験してみました。
まず「エスト バイオミメシス ヴェールエフェクター」を塗布します。このステップ1により、絶妙な湿潤環境になるのだそうです。

次にいよいよファインファイバーを噴射! 少しひんやりして、やわらかくて気持ちいい!

湿潤環境膜ができました。こんなに極薄膜なんです!

 

これで肌の水分量がしっかり保たれるというわけです。与えるのではなく、肌の上に湿潤環境膜を作り、肌の力を高めるという最新アプローチ。これで、未来の自分の肌に不安なし!

(左から) エスト バイオミメシス ヴェールエフェクター 40g本体:12,000円 レフィル:11,500円、エスト バイオミメシス ヴェールディフューザー 50,000円、エスト バイオミメシス ヴェールポーション9ml 8,000円(いずれも税別)

 

12月4日より、直営店・百貨店6店および銀座の「BEAUTY BASE by Kao」で先行発売。

 

エスト バイオミメシス ヴェール ブランドサイト

BEAUTY BASE by Kao

今すぐチェック!

40、50代女性の美容と健康に欠かせないビタミンC。噂の医師監修サプリメントが頼れる理由

40、50代女性の美容と健康に欠かせないビタミンC。噂の医師監修サプリメントが頼れる理由

PR
<前の記事

<前の記事
第281回/フランス発ボタニカルブランド「イヴ・ロシェ」が日本上陸!毎日使える価格も魅力♪…

次の記事>

次の記事>
第283回/動物性と植物性のたんぱく質。どちらも私たちに必要なワケは!?…

この連載の最新記事

洗濯物のニオイ悩みから、もう解放されそう! カギとなる菌の隠れ家「バイオフィルム」って何?

第318回/洗濯物のニオイ悩みから、もう解放されそう! カギとなる菌の隠れ家「バイオフィルム」って何?

カラー後の色あせ、白髪浮きにはガッカリ。毎日のシャンプー&コンディショナーで簡単ケアができるようになりますよ!

第317回/カラー後の色あせ、白髪浮きにはガッカリ。毎日のシャンプー&コンディショナーで簡単ケアができるようになりますよ!

お風呂掃除はもう圧倒的ラク&時短に!「連射ミスト」で「30秒掃除」が叶う

第316回/お風呂掃除はもう圧倒的ラク&時短に!「連射ミスト」で「30秒掃除」が叶う

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル