OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/otona_beauty/makeup/195417/

眉マスカラの不満点を聞いてみたら…

そのカタチや色で、顔の印象をも変える重要なパーツ【眉】。そんな眉のメイクに使っているのはアイブロウペンシル?パウダー? 眉マスカラはどうですか?

デジャヴュ1

ユニークな高機能コスメを展開するイミュの調査によると、眉マスカラを使っていない人は67%と半数以上で、そのうちの18%の人が「以前は使っていたけどやめた」と回答したのだとか。やめた理由は「固まったり、眉がのっぺりして不自然になる」「液が肌に付く」など、上手く塗れない、使いにくいと感じたのが原因。実は私も、持ちの良さは気に入っていたものの、眉が固まってダマになりやすいことから使わなくなっていたんですよね。

 

従来の欠点をクリアした新アイテムの実力は!?

 

そんな従来の眉マスカラの欠点をクリアした新製品がイミュの人気ブランド『デジャヴュ』から新発売! 「ダマにならない」「液が肌に付きにくい」を実現させただけでなく、アイブロウペンシルやパウダーでもなかなか難しい〈眉毛のやわらかな質感〉まで表現できるアイテムへと進化しています。

デジャヴュ

その秘密は、大ヒット中のマスカラ『塗るつけまつげ』で培ったフィルム技術を応用して開発したミクロフィルム成分に。従来の1/4ほどという小さな粒子のため、塗布すると薄く整列してキレイに発色。さらさらのワックスと粘度の高いオイルを配合することで、眉を固めずに自然な立体感や見た目もやわらかな質感を実現させています。

デジャヴュ3

極小のブラシなので肌に液が付きにくく、根元から毛流れをスタイリングしながら毛先まで色づけできます。眉毛って、部分的に上にピンとなっていたり、下向きに生えている部分もありますよね。これらの毛流れが整うと瞬時に洗練された印象に。

デジャヴュ4

重ね塗りをしてもムラにならない液の構造にもこだわりが。速乾性があるので眉が束になることもなく、眉マスカラにありがちなツヤも抑えられた自然な仕上がり。皮脂や汗、こすれにも強いので、つけたての美しさを長時間キープと、まさに理想的な眉メイクを叶えてくれる処方になっているんです。

デジャヴュ5

カラーは髪の色に合わせてチョイスできる3色展開。ナチュラルブラウンが定番カラーとのことですが、ヘアカラーをしている人はアッシュブラウンやウォームブラウンが馴染みそう。グレージュ系カラーにしている私にはアッシュブラウンがしっくりきました。

デジャヴュ6

「フィルム眉カラー」各税別¥800

 

1月10日(金)より全国のPLAZA・MiNiPLA※で先行発売がスタート。※一部取扱いのない店舗あり

 

まずは眉山から眉頭に向けて毛流れに逆らうように。その後、眉頭から眉尻まで毛流れに沿ってとかすように塗れば、眉の〈カタチ〉〈色〉〈質感〉まで美しくて自然な眉メイクが完成! 「自然な眉が描けない」「眉メイクがすぐ落ちちゃう」なんて悩んでいた人も、これを使えば眉メイクに自信が持てるようになれるかも。

 

「デジャヴュ」公式サイト

 

取材・文/佐藤素美

今すぐチェック!

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

PR
<前の記事

<前の記事
第296回/話題の「マイクロニードル」開発にテクノロジー企業が挑戦。先端の形状や本数にこだわった理由とは? …

次の記事>

次の記事>
第298回/寝る前にスマホを見るあなたに忍び寄る「第3の紫外線」の危機とは?…

この連載の最新記事

メイクの上からセラミドケア!キュレルの新スプレーに「キュレラー」感激

第309回/メイクの上からセラミドケア!キュレルの新スプレーに「キュレラー」感激

野獣なのに洗練!?なぜD型!?新生ルンバがさらに魅力的に見える理由

第308回/野獣なのに洗練!?なぜD型!?新生ルンバがさらに魅力的に見える理由

NY生まれのヴィーガンコスメ「Awake(アウェイク)」の春の新製品。夕方のくすみ肌のメイク直しにお勧め!

第307回/NY生まれのヴィーガンコスメ「Awake(アウェイク)」の春の新製品。夕方のくすみ肌のメイク直しにお勧め!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル