セーシェル編③/世界遺産の島、プラランでリゾート満喫

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

こんにちは、南の島&秘境好きミーナです。

日本からスリランカ航空で行く、1度のフライトで2倍楽しい、セーシェルの旅! 憧れの楽園セーシェルへはスリランカ航空でコロンボ経由で飛び、その前後どちらかでスリランカにストップオーバーして楽しんじゃおうという、欲張り旅をレポート中。

Seychelles Political Map

1回目2回目に続いて、今回は首都があるマヘ島の次に大きい、プララン島のご紹介です。セーシェル到着時はえーっ!という雨模様も徐々に回復、さらなるセーシェル・ブルーの海を求めて、世界自然遺産の島、プラランへ。マヘ島と違って大きな町もなく、自然をゆっくり楽しむ欧米のバカンス客に人気だそう。プララン島の世界自然遺産は、後ほど書きますが、双子ヤシで有名な「ヴァレ・ド・メ自然保護区」です。

1 pralin boat50

プララン島へは小型機のフライトもありますが、今回はこちらの高速フェリーを利用。1時間弱で到着です。

2 pralin harbor50

到着したプララン島の港は、さながらヨットハーバー、海もきれいでアガりますね~。

 

ホテルのチェックイン前に、まずはランチへ。世界のベストビーチ♥!に選ばれたこともあるという、アンス ラジオで、オンザビーチにあるレストラン「ボンボンプリュム Bonbon Plume」にやってきました。自然がいっぱいのプララン島らしく、なかなかワイルドなつくり、海の食堂って感じです。あの、アルダブラゾウガメ(セーシエル編1回目に登場)も飼育されていて、観光対応ばっちり。

3 pralin restaurant garden50

4 pralin restaurant50

なんといっても、目の前のビーチが、とっびきりの美しさ! 白砂のビーチが大きな弧を描き、両端の大きな花崗岩の連なりがセーシェルらしいアクセント。

5 pralin anse lazio beach50

こんな絶景ビーチが目の前のお店、競争ゼロなのでお味の方は景色並みとはいかず、いたって普通。無難なカレー(チキンと魚)とポワソン・クリュ(生魚のサラダ、ココナッツミルク風味のビネガー和え)などをオーダーしましたが、ポワソン・クリュがちょっとしょっぱかったです。

6 pralin restarant food50

 

でも、ビーチはこの美しさ! 真っ白なパウダーサンドだし、十分すぎるごちそうです。

7 pralin anse lazio beach 250

8 pralin anse lazio beach 350

 

 

プララン島のホテルご紹介は次ページへ。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top