花と水のリラクゼーション

プロフィール写真

水ソムリエ&飲泉師

大学・短期大学の保健管理センターにて養護教諭として約7年間勤務。 結婚退職後は製薬会社にてアメリカFDA(厚生省)向けのGC分析を担当。 2000年ライターとして独立。温泉研究が高じてフィレンツェ在住に。

【所属】社)日本旅行作家協会・正会員、温泉学会・理事 イタリア:ミネラル水鑑定士協会・公認水ソムリエ(Idro-Sommelier®)&水鑑定士(n.2689)

ボン・ジョルノ!こんにちは、水ソムリエ&水鑑定士の竹村和花です。

いよいよフィレンツェにも春がやってきます。でも四月は雨と花の季節。

今日は水や花を組み合わせたフィレンツェ風のリラクゼーション法をお届けします。

 

<雨季の花とフィレンツェの春>

フィレンツェの春。

三月のうららかな気候に対し、四月は雨と花の季節です。

一週間ほど雨が続いたかと思うと、数日間まばゆい太陽が現れ、また雨の一週間がくり返されます。

春の雨がやってくると、街なかの花屋さんには雨季の花・アジサイが登場します。

長らく日本で見慣れてきたこの花を、異国の地で目にすると感慨深いものがあります。

日本では初夏の花として知られるアジサイですが、フィレンツェでは春の花。

春を象徴する四月、雨季の花です。

花の名前を街の名前に冠するフィレンツェ、フローレンスの春。

今日はフィレンツェ流、花のある暮らしや水や花のアロマを組み合わせたリラクゼーション法をお届けしていきます。

 

<暮らしの中に小さな花の彩り>

暮らしの中で使う食器やカラトリーなどテーブルウェアも、大切な思い出と一緒に世代を超えて引き継ぐヨーロッパ。

今もひとつ一つのものを大切に使う文化が根付いています。

例えば、セット組の食器やカップなどが残り1点になった時、フィレンツェの人達ならどんな風に活用しているのでしょうか。

 

テーブルやキャビネット、サイドテーブルの上などで、インテリアにうまくコーディネートして花器として使われています。

一般的な家庭にはホテルのような大ぶりなデコレーションはありませんが、暮らしの中に溶け込んだ自然な花の魅せ方テクに感嘆します。

花も主役を張るような大ぶりなものだけでなく、バルコニーの鉢植えや室内用の観葉植物とも合わせやすい、小さな可愛らしい季節のものを使います。

 

季節の花のささやかな香りと一緒に、花を生ける器に思い出を組み入れたストーリーは、暮らしの空間に上手に季節感や自然を取り入れた魅せ方です。

誰かを家に招いた時、ちょっとした会話の花びらの中から、小さなインテリアに秘められた思い出を話してくれるのも、フィレンツェ流おもてなしテクと言えます。

 

<サニタリーにもグリーンを>

もうひとつ。

比較的取り入れやすく、忙しい人でも植物を育てたことのない人にもトライしやすいのがグリーン・アイテムです。

おすすめはポトス。

太陽の光りに当てる事を意識する必要が少なく、水栽培でも元気に育ってくれる強い植物です。

サニタリー・スペースに入ったついでに、水垢を拭き取ったついでに、時々ポトスを光りの差す明るい場所に移してあげるだけで大丈夫。

日本でもサニタリーはできるだけ新鮮な空気を入れ、換気を考えたい場所のひとつ。

小さな窓でも日々空気を通してあげることで、グリーンも元気を取り戻します。

サニタリーにも生きものの息吹が入ることで、その家で暮らしている私たちのココロにも暮らしを楽しむ気持ちが生まれてきます。

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第58回
花と水のリラクゼーション

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top