風薫る水辺の森林浴ウォーク

プロフィール写真

水ソムリエ&飲泉師

大学・短期大学の保健管理センターにて養護教諭として約7年間勤務。 結婚退職後は製薬会社にてアメリカFDA(厚生省)向けのGC分析を担当。 2000年ライターとして独立。温泉研究が高じてフィレンツェ在住に。

【所属】社)日本旅行作家協会・正会員、温泉学会・理事 イタリア:ミネラル水鑑定士協会・公認水ソムリエ(Idro-Sommelier®)&水鑑定士(n.2689)

ボン・ジョルノ!こんにちは、水ソムリエ&水鑑定士の竹村和花です。

風薫る5月、フィレンツェ市内にある庭園でも色とりどりの花が美しく咲き誇ります。

今日はこの季節ならではの“森林浴ウォーク”をテーマにお届けしていきます。

 

<新緑の森に咲く水辺の花々>

GWが終わり森の樹々が薫りはじめると、お出かけのお誘いが増えてきます。

通勤途中に目にする街路樹も、日に日に青く、緑濃く、太陽に輝く5月。

週末は都心部を離れ、のんびり山の緑に包まれる旅先ウォークを楽しむのにぴったりの季節がやってきました。

森林浴ウォークで人気の戸隠は5月上旬からカタクリや水芭蕉の花で彩られます。

戸隠山系の豊かな水に恵まれた土地は、古くから水の神の住まう場所として一帯の農耕民から崇められてきました。

折り重なる山並みの美しい長野ですが、戸隠奥社には独特の空間が広がります。

戸隠森林植物園には幾つもの小径があり、湿地帯に咲くカタクリや水芭蕉の姿を愛でながらの森林浴ウォークは、まさに癒しの空間。

豊かな地下水源に恵まれたエリアならではの、小さな花々の饗宴にぜひ足を運んでみて下さいね。

戸隠ウォークにも、この土地ならではの食の楽しみがあります。

それは、ひと束ごとに盛りつける独特の“ぼっち盛り”が特徴の戸隠蕎麦。

この時期は、山菜をふんだんに使った天ぷら蕎麦などが楽しめます。

標高1200メートルの高地は朝夕と昼間の気温差が大きく、霧の下で成長する蕎麦は「霧下そば」とも呼ばれます。

戸隠の森林浴ウォークに出かけられる際には、ぜひこの味を満喫して頂きたいと思います。

 

 

<新緑の湖畔を彩る水辺の花々>

また、手軽に湖畔の散策を楽しむなら、浜名湖ガーデンパークもおすすめです。

園内にある里のエリアには、落ち着いた雰囲気の庭園が広がっています。

国際庭園や百花園では、5月になるとアマリリスやアルストロメリア、カラー、キショウブなどが色鮮やかに咲き誇ります。

また浜松西IC近くにはフラワーパークもあり、この時期湖畔の花を愛でるのにぴったりなポイントが集中しています。

せっかくなので1泊の小さな旅を計画されるなら、舘山寺温泉でゆっくりされるのもおすすめです。

また浜名湖ウォークと合わせてぜひ楽しんで頂きたいのが、地元・浜松の食文化。

浜名湖はうなぎで有名ですが、淡水魚だけでなく海の幸も楽しめる美食のまち。

シラス、桜えび、牡蠣と美容に嬉しい海の幸が目白押しです。

 

<ウォーキングでの水分補給>

さて、目にもお腹にも魅力的な森林浴ウォークですが、1点だけ気をつけたいことがあります。

GWが過ぎるとTVのニュースでも真夏日や熱中症といった言葉が登場しはじめます。

日に日に太陽の日差しが強まり始めますので、そろそろ熱中症対策としての水分補給にも注意すべき季節に突入します。

自宅やオフィスにいる時に比べて、お出かけ先ではどうしてもトイレに立つ回数を気にして、水分補給を控えがち。

そこでトイレの回数を無駄に増やすことなく、効果的に体の内側に水分を吸収させる水分補給のポイントをご紹介します。

散策のはじまりから、一息入れる時、立ち止まった時など、一口分の水分補給を重ねることがポイントです。

「汗をかく前に、こまめに、ひと口ついで飲み」と覚えて実践してみてください。

またウォーキングに持参する水やお茶は常温もしくは温めのものの方が、体を冷やさないため無駄にトイレの回数を増やすことがないでしょう。

ただし珈琲やプーアル茶には利尿作用などがありますので、注意してくださいね。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第64回
風薫る水辺の森林浴ウォーク

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top