トップアスリートを支える管理栄養士が指摘!「あなたの栄養常識の勘違い」とは?


以前の記事で紹介したサラダ専門店「アロハサラダ」が主催する最新栄養学セミナーで興味深いお話を聞いてきましたよ!

アロハサラダセミナー1

講師は管理栄養士、スポーツ健康科学博士の新生暁子(しんじょうときこ)さん。2008年にマラソンの高橋尚子さんが率いる「チームQ」に加入。栄養・調理担当として食事全般をサポートしていたのだそう。解散後の現在はフリーランスとして特定健診・特定保健指導、社会人や大学のラクビー部の食事指導、雑誌やwebの監修などと幅広く活躍されています。

 

 

まずは、〈たんぱく質、脂質、炭水化物(糖質・食物繊維)、ビタミン、ミネラル〉の五大栄養素について。わかっているつもりが、実は勘違いしている人も多いそう。皆さんは大丈夫? 1つずつチェックしてみてくださいね。

 

 

たんぱく質=筋肉、血液などの材料。4kcal/g

「近頃はたんぱく質をメインにした食事のダイエット効果、ロコモティブ症候群の予防などで注目され、積極的に摂ろうとされている風潮があります。しかし、やみくもに摂りすぎて体内で使われないままだと脂質に変化します。

 

損傷した筋肉を修復する栄養素ですから、運動をした30分以内に良質なたんぱく質を摂ることが重要。このタイミングでの摂取で筋肉がより強化されます」

 

 

脂質=体の細胞膜の成分、ホルモンなどの材料。9Kcal/g

「ダイエットを考えて脂質をカットする人も増えています。なかには余分な脂質を摂らないために鶏や魚の皮を剥ぎ、使うオイルは良質なものだけとこだわっている人もいるようですが、どんな油でも1gに対して9Kcalというエネルギーは一緒で変わりません。重要なのは、質よりも摂る量をしっかり把握することです」

 

 

炭水化物(糖質)=エネルギーになる。4Kal/g

「糖質制限が流行っていますが、実はアスリートは絶対にしません。むしろ糖質をたくさん摂ってエネルギーを体の中に溜め込む、運動するときのエネルギーとして使うことを目指すカーボローディングという食事法を取り入れることも。どれだけエネルギーを溜め込めるかがアスリートの能力でもあるのです」

 

とはいえ、糖質制限は必ず効果が出るダイエットではある、と新生さん。

 

「ただ、とても危険でリバウンドをする可能性も大きいんです。糖質は1gにつき3gの水分と結びついていますから、糖質を制限すると水も減り、1gの糖質制限で水分と併せると体内から4gも減ったように見えるわけです。だから体重減少の数字の効果が出やすいのですが、糖質の摂取を再開すれば途端に体重は(1+3グラムずつ)戻ります」

 

 

炭水化物(食物繊維)=腸内で老廃物の運搬係に。0〜2Kcal/g

「食物繊維は0calかと思いがちですが、食材によっては1gで2kcalある食材もあります。食物繊維の摂取基準は18歳以上の女性は18gとされているものの、国民栄養調査により実際は6〜7g不足しているのが現状です。腸内環境を整える、すなわち食物繊維の十分な摂取は生活習慣病の予防にもつながります」

 

 

次のページでは、2018年の食のトレンドについてご紹介します。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top