絶好調な52歳。エレカシ宮本浩次さん登場!(インタビュー/前編)


昨年、デビュー30周年にして初の全国47都道府県ツアーを成功させ、NHK紅白歌合戦にも初出場。

今年3月のさいたまスーパーアリーナ2daysは、即日完売・満員御礼。31曲を歌い切った初日ワンマンと、デビュー時からエレカシファンを公言するスピッツとMr.Childrenを対バンに招いた2日目『 ド・ド・ドーンと集結!!~夢の競演~』は、まさに30周年を締めくくり、新たなスタートを宣言するにふさわしいライブだった。

その勢いを止めることなく、6月6日にニューアルバム『Wake Up』をリリースしたエレファントカシマシの宮本浩次さんに話を聞いた。

 

撮影/萩庭桂太 取材・文/本誌編集部

宮本浩次さん

Profile

みやもと・ひろじ●1966年6月12日、東京都生まれ。中学・高校のクラスメイトからなる4人組ロックバンド、エレファントカシマシのボーカル&ギターを担当。81年にバンド結成、88年3月にデビュー。94年にレコード会社との契約が切れ、事務所も解散するが、96年に再デビューを果たす。97年には『今宵の月のように』が80万枚を超える大ヒット。2017年、デビュー30周年記念の全国47都道府県ツアーを成功させ、NHK紅白歌合戦に初出場。2018年6月6日に23枚目のオリジナルアルバム『Wake Up』をリリース。6月17日・大阪城野外音楽堂、23日・日比谷野外音楽堂(29年連続!)を経て、25日から全国5か所9公演のライブハウスツアー「TOUR 2018 “WAKE UP!!”」、そして全国の夏フェス9公演に突入する。http://www.elephantkashimashi.com/

 

 

人生一番の充実期が

去年からずっと続いています

 

「30周年のツアーとアルバム制作という、音楽的に非常に充実している時期に、『今宵の月のように』という自分たちの代表曲で紅白に出られたのは、最大のご褒美だったと思うし、堂々と歌うことができて自信がつきました」

 

50歳を過ぎて、今が一番の充実期だと語る宮本さん。

それはアルバムの1曲目、いきなり宮本さんの声で始まるタイトル曲『Wake Up』を聴いても明らかだ。何なの、このカッコ良さ!!

 

「全都道府県ツアーや紅白といった祝祭感のある中で、より前向きで、ファンの人たちとともに、なにしろ高揚する歌が作りたかった。優しい曲調じゃなくて、非常に力強い曲と言葉、「行こうgo go go」というこの雰囲気が気に入ったので、アルバムタイトルも『Wake Up』にしました」

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top